皇女、反逆者に刻印する

皇女、反逆者に刻印するネタバレ6話最新話と感想!朝の挨拶へ

「ピッコマ」連載漫画の「皇女、反逆者に刻印する」6話のネタバレと感想をまとめてみました!

まずは父と接触することにしたイヴ。

目的を達成するため、おしゃれをして朝の挨拶に向かいます!

皇女、反逆者に刻印する6話のネタバレと感想を紹介します!

⇒皇女、反逆者に刻印するネタバレ一覧へ

皇女、反逆者に刻印するネタバレ6話最新話と感想!朝の挨拶へ

問題の日

ハーデルラミド帝国の皇帝は、複数の相手を持つことを認められています。

そのため父はイヴ含め18人の子供がいました。

父に朝の挨拶をする皇女や皇子は、毎日ランダムに選ばれており、話をするならその時が絶好のチャンスです。

 

今日は他に誰が選ばれるのかとセデラーに確認すると、性悪双子の皇子2人、ブリジッテとロジーだと答えます。

ブリジッテとロジーと一緒に挨拶に行った記憶は1度しかありません。

その時ブリジッテの策略にハマり、父の恨みの対象になってしまったことを思い出します。

 

イヴにとって印象的だった日のため、この日に戻ったことに意味がないとは考えられません。

どうしようかと悩むイヴですが、皇室の厄介者と呼ばれないために動くことを誓います。

良いとこどり

セデラーはやる気を出したイヴのため、優雅なブリジッテと愛らしいロジーの共存は何かと頭を悩ませます。

イヴは政治的な発言の影響力、セデラーは社交界デビューを狙っての作戦ですが、2人とやり合わないという点では同じです。

 

髪型に悩むセデラーに、イヴは前世の記憶を使い、ブリジッデが三つ編みのアップスタイル、ロジーは低めのツインテールにしてくるだろうと助言します。

なにか企むイヴは、引き出しから箱を取りだし、髪飾りはこれにして欲しいと手渡しました。

ロジーとの接触

髪をおろし赤い髪飾りを散らせたヘアスタイルにしたイヴは、セデラーを連れて挨拶の部屋へ急ぎます。

父に出すお茶の用意に手間取ってしまい、時間が迫っていますが、皇宮内では魔法は使用禁止です。

 

小走りで向かう途中、後ろから声をかけられました。

イヴはその声にぴたりと動きを止め、ゆっくり振り返ります。

そこにいたのは愛らしく微笑むロジーでした。

 

ロジーは皆から愛され、望むもの全てを手に入れてきた子でした。

それにも関わらず、唯一の皇族になりたいという理由で自分の命を奪ったと、イヴは思っています。

 

命を落とす間際にロジーが口にした、自分を侮辱し、命を落とすことへ感謝する言葉が忘れられません。

イヴは笑顔のロジーを睨みつけます。

皇女、反逆者に刻印する6話感想

イヴが戻ってきたのは、イヴの人生が悪い方向へ傾いたきっかけとなる日でした。

朝の挨拶へため、イヴは動き出します!

 

戻ってきた日にも意味があったのですね!

ブリジッテの策略とはどのようなものかわかりませんが、それによりイヴは皇室の厄介者と呼ばれるようになってしまったようです。

ロジーだけでなく、ブリジッテも油断ならない相手なのかもしれません!

 

しかしイヴは前世の記憶があり、何が起こるのか知っています。

2回目なのでブリジッテの策略にもハマらず、無事目的を達成して欲しいです!

 

挨拶へ向かう途中、ロジーが声をかけてきましたね。

まだこのロジーはただの愛らしいロジーですが、未来の殺人者と考えるとすべての言動や表情に冷たいものを感じてしまいます。

この時から殺意を持っていないとは言い切れないので、愛らしく描かれている笑顔が却って恐ろしいです!

皇女、反逆者に刻印するネタバレ6話最新話と感想!朝の挨拶へまとめ

今回は、「皇女、反逆者に刻印する」6話のネタバレと感想を紹介しました!

皇宮でロジーに話しかけられたイヴ。

将来自分の命を奪うかもしれない相手とどんな会話をするのか、今後の展開が気になります!

⇒皇女、反逆者に刻印するネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!