よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ57話最新話と感想!魔法使いブレア

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」57話のネタバレと感想をまとめてみました!

幼いころからセザールや騎士達に剣術を教えたのは魔法使いのブレアです。

カナリアはブレアに協力してもらえることを期待していました。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る57話のネタバレと感想を書いていきます!

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ57話最新話と感想!魔法使いブレア

二つの家門のバランス

帝国パルメニアには巨大な勢力を持つ二つの家門が存在します。

一つはランカスター公爵家。

文人の家柄で商業・貿易で富を築き上げました。

 

もう一つはファーンハム侯爵家。

武人の家柄で、製造業で富を築いてきました。

 

皇室はこの二つの家門との政略婚によりバランスを維持しています。

両家は、皇室の歴史と共に長らくライバル関係にありました。

 

現在の皇后はファーンハム家出身です。

そのため、皇帝はセザールがランカスター家と手を組んで勢力のバランスを取ることを望みました。

ファーンハム侯爵

ファーンハム侯爵が斬ったのはアルベルト子爵一家です。

ファーンハム家について知りすぎたため、一族全ての命を奪われることになってしまいました。

秘密を知ったアルベルト子爵が裏切る可能性を考え、侯爵はリスクを取り除くことにしたのです。

 

侯爵は、皇后から最近オスカーのミスが多いということを聞いていました。

オスカーも、ファーンハム家について良く知っている人間です。

 

侯爵はオスカーに、自分は裏切るまで待ってやらないのだと脅しをかけました。

彼は、ファーンハムの頭として、家門を脅かす存在は全て取り除くのが使命だと確信しています

魔法使い

カナリアは隠れて馬車に乗り込みました。

毎回、皇后に疑われないように気を遣うのも大変です。

 

今日は幼いころからセザールや騎士達に剣術を教えた師匠であるブレアが戻ってきていました。

食事会で、セザールはカナリアにブレアを紹介するつもりのようです。

 

そこで、カナリアはブレアがこちらの世界では珍しい魔法使いであることを思い出しました。

彼は、声を変える魔法を使う変装術を得意としています。

その能力を使えば、自分は皇后に疑われず自由に動けるかもしれない、と考えました。

 

ブレアは、セザールが大事に思っている妻がどんな女性か気になっていました。

初めてカナリアに会い、目の前で仲睦まじい様子を見て、楽しい気持ちになります。

ブレアは、カナリアの頼みを受け入れ引退の予定を延期して、もう少し皇宮で働くことを了承しました。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る57話感想

強力な味方の出現、なのでしょうか。

ブレアには、イーサンもセザールも頭が上がらないようです。

イーサンが震えるなんて、よほどすごい(怖い?)人なのでしょうね。

 

これから本当の闘いが始まりますから、出来るだけ多くの人を味方につけておきたいところです。

ブレアが引退を翻意してくれて良かった。

何かと、皇后やオスカーの隙をつかねばなりませんからね。

 

ブレアはカナリアにかなり好印象を持ったようです。

ブレアがカナリアに変装して宮殿にいて、その間にカナリアが色々な活動をする…。

危険ではありますが、なんだかワクワクします!

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ57話最新話まとめ!魔法使いブレア

今回はよくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る57話のネタバレと感想を紹介しました!

ブレアは、カナリアの頼みを受け入れて引退を先送りにすることにします。

彼は、セザールが出征する前からカナリアのことを本当に好きだということを知っていました。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!