公爵家のメイドに憑依しました

公爵家のメイドに憑依しました【第15話】感想!突然現れたロレンゾ、イベリナとの出会い!

今回の記事は「公爵家のメイドに憑依しました」15話のネタバレ&感想について書いていきたいと思います!

怪しい人間としては描かれていなさそうな、ロレンゾではありますが、公爵家にどう関わっている人間なのかは未だ描かれていません。

では、早速公爵家のメイドに憑依しました」15話のネタバレと感想の内容に入っていきましょう!

公爵家のメイドに憑依しました【第15話】ネタバレ!突然現れたロレンゾ、イベリナとの出会い!

イベリナから抜け落ちていく、現実で読んだ小説の記憶

前話から引き続き、イベリナとリアンドロは庭園で過ごしていると、寒くなってきたためイベリナがリアンドロに毛布を掛けてあげるところから、公爵家のメイドに憑依しました」15話ははじまります。

 

イベリナはリアンドロと一緒にいる合間、現実世界で読んだファンタジー小説より、この庭園でリアンドロはプロポーズをすることなど思い出してみるのですが、細かいところの記憶がどんどん抜け落ちていることに気づくのでした。

 

そんなイベリナを裏腹に、元気いっぱいのリアンドロがイベリナを呼び寄せて、庭園の中にある椅子に座ってひと休みをするのでした。

リアンドロのイベリナに対しての気持ちの変化

リアンドロは今度ここでお茶でもしようと、イベリナを誘います。

しかしイベリナに相手を間違えていると返されてしまい、リアンドロは頬を膨らませてしまいます。

 

夕方になり冷え込んできて凍えた様子のイベリナに、自らが掛けていた毛布をイベリナにかけてあげます

しかしそれもまた、イベリナはリアンドロの優しさに気付かず、リアンドロにまた毛布を被せ返してしまい、さらに不機嫌になったリアンドロは走って部屋へ戻ってしまい、イベリナは追いかけます。

 

布団に顔を伏せてしまうリアンドロに対して、イベリナは理由をいってくれなきゃわからないと問い詰めますが、リアンドロも自分の気持ちがよくわからず、回答に困ってしまうのでした。

 

とにかく、パジャマに着替えるようにとイベリナに諭され、着替えを手伝うがべくリアンドロのズボンを脱がせようと手にすると、リアンドロは顔を赤らめて、自分で着替えるとイベリナを突っぱねます。

イベリナは今更ながらのことに不思議に思いますが、リアンドロの成長した可愛らしさに微笑みかけながら、部屋を後にしたのでした。

イベリナとロレンゾの出会い

翌日、イベリナは久しぶりの料理長の元へ向かい、リアンドロの体調がよくなったことを2人で話します。

料理長もリアンドロのことが気になっていた内の1人でしたが、イベリナがリアンドロにたくさんの愛情を降り注いでお世話をしたおかげで元気になったということを察し、イベリナの日々の努力を労ってプリンをあげます。

 

イベリナが部屋の隅でプリンを食べていると、前話で現れた謎の男「ロレンゾ」が食材を持って料理長の元へ現れたのでした。

 

イベリナは現実世界で読んだファンタジー小説にロレンゾなんて人物が現れた記憶がなく、きっと自分とおなじモブキャラだろうと思い、走ってその場を後にしようとしますが、床が滑って転びかけてしまいかけたところをロレンゾに救われたところで公爵家のメイドに憑依しました」15話は終了です。

公爵家のメイドに憑依しました【第15話】感想

公爵家のメイドに憑依しました」前話より引き続き、イベリナとリアンドロの庭園での散歩はところどころで、イベリナに対してリアンドロに男らしさを見せつけてきます。

リアンドロの行動からも、これは本当に散歩なのか?実はデートみたいな感覚なのでは?なんて読みながら思ってしまいました。

 

しかしながら、ちょっぴり切ないことにリアンドロの男らしさに、イベリナは全く気付かないどころか、イベリナにとってリアンドロは年下で、自らがメイドという立場上、子供扱いのところが強く、イベリナのここまでの性格上ちょっと鈍感なのかな?といったところで全く気づいていません。

それどころか、そんなリアンドロを軽くかわしてしまうイベリナ。

 

自分も読みながら、イベリナそこはちょっとでいいから気づいてあげてー!なんて思ってしまいました。

リアンドロは自分が子供扱いされてしまうことに頬を膨らませてしまいますが、そこがまた子供らしいんですよねえ、あの顔がとってもかわいかったです。

 

部屋に戻ってから、イベリナがリアンドロの着替えを手伝おうとするシーンでも思春期のような反応をするリアンドロですが、イベリナに対しての淡い感情の変化・ちょっぴり恋心みたいなものを抱いている様子です。

イベリナが読んだファンタジー小説では今後、この庭園で婚約者であるエレオノラにプロポーズするとのことですが、リアンドロのこの感情の変化は一過性のものなのでしょうか?

イベリナとリアンドロの関係性は今後も大注目です。

 

そして、本格的に「ロレンゾ」も登場してきました。

ロレンゾは材料の仕入れで公爵家を出入りしている人物のようで、リアンドロの世話係になってからのイベリナは調理室に出入りすることがなかったため、料理長に会うことも久しぶりで、当然ロレンゾのことも知らなかったようです。

 

リアンドロがイベリナに淡い感情を抱いている裏で、鈍感なイベリナは調理室で転びかけたところをロレンゾに救ってもらうのですが、その姿お姫様抱っこのような感じで、なんだか三角関係のような状態に見えてしまいました。

今後の展開で、イベリナとリアンドロのところにロレンゾが新たに関わってくると思われますので、こちらも大注目です。

 

以上、公爵家のメイドに憑依しました」15話の感想でした。

公爵家のメイドに憑依しました【第15話】ネタバレと感想!突然現れたロレンゾ、イベリナとの出会い!まとめ

リアンドロがイベリナに対して本格的に淡い心を抱き始め、その裏でロレンゾの登場が、イベリナとの三角関係を彷彿させるようなことになってきました。

リアンドロが今抱いている感情は、思春期ならではの一過性のものなのか、今後の展開によっては恋心に発展していってしまうようなものなのか気になるところです。

 

また、ロレンゾも今後イベリナとどうゆうふうに関わってくるのか、イベリナは自分の今の立ち位置に気づくことがあるのか、すごくドキドキな展開になってきた「公爵家のメイドに憑依しました」15話でした。

以上、公爵家のメイドに憑依しました」15話のネタバレと感想でした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!