公爵家のメイドに憑依しました

公爵家のメイドに憑依しました【第17話】ネタバレと感想!三角関係のはじまり、リアンドロの怒り!

スポンサーリンク

今回の記事は「公爵家のメイドに憑依しました」のネタバレ・感想について書いていきます!

イベリナ・リアンドロ・ロレンゾこの3人の関係性は・・・?

では「公爵家のメイドに憑依しました」17話のネタバレ・感想の内容へ入っていきましょう!

公爵家のメイドに憑依しました【第17話】ネタバレ!三角関係のはじまり、リアンドロの怒り!

素直な気持ちをさらけだす、リアンドロ

自分のことを唯一心配してくれるイベリナに対して、後ろを向いてしまいながらも素直にありがとうと伝えたリアンドロ。

イベリナはそんなリアンドロに対して、つんつんと指で突きながら笑って受け流し、リアンドロの変化に関心していたのでした。

突然の出血に、散歩に行けず・・・

イベリナが洗濯物の取り込みから部屋に戻ると、首元をかきむしっているリアンドロの姿が。

そしてかきむしった首元から出血してしまい、イベリナはリアンドロの腕をつかんで引き止めます。

 

イベリナはこの状態で今日の散歩は難しいと告げながら、傷口に薬を塗り込み、リアンドロは散歩に行けないことに悲しみ、拗ねてしまいます。

しかし、1日でも多くリアンドロと外に出ることを夢見てたイベリナも、内心は同様に悲しんでいたのでした。

リアンドロの怒り

イベリナが出血により汚れてしまったリアンドロの服の替えを取りに行こうとします。

甘えん坊なリアンドロはここにいてほしいとイベリナを引き留めますが、すぐに戻ると伝えて部屋を出ていくと、目の前にはロレンゾが。

イベリナはどうして別館にいるのか?と問いただすと、たまたま別館で仕事があったと答えるロレンゾ。

 

ロレンゾは、リアンドロの傷口を処理した際の血が、イベリナのエプロンにもついてしまっているのが視界に入り、イベリナが怪我をしているのかと勘違いをして心配します。

イベリナはロレンゾの勘違いを説明すると、ほっとした姿のロレンゾを見て、本当に心配してくれたことを察し、ロレンゾに対しての印象も少しずつ良い方向に変わっていくのでした。

 

すると突然、部屋からでてきて現れたリアンドロ。

リアンドロはロレンゾに対して、本館の使用人がなぜここにいるのかと激怒して追い出します。

 

しかしロレンゾの名前を呼ぶほど仲が良いイベリナの様子を見てしまったリアンドロ。

リアンドロは怒りを抑えきれず、イベリナに対しても突っぱねてしまいました。

公爵家のメイドに憑依しました【第17話】感想

公爵家のメイドに憑依しました17話の序盤では、リアンドロの素直な気持ちを受け止めるイベリナの姿が描写されていました。

 

今までにリアンドロが素直な気持ち・特に感謝の気持ちなんて伝えられたことがなかったイベリナも、その変化に気づ物珍しいその姿に笑って誤魔化すかのように受け流していました。

この対応からも、イベリナはリアンドロに対して、弟の成長を見るような感情であり、恋愛的に惚れっぽい様子ではありません。

 

それに対してリアンドロは、自らの体調不良により出血してしまったことで今日は散歩に行けないことに悲しんだり、イベリナに片想いしているような淡い気持ちが見え隠れしています。

イベリナが今後リアンドロのそんな淡い恋心のような気持ちに気づくことはあるのか、そして気づいた時の対応はどうなるのでしょうか?

今後が楽しみです!

 

そしてそしてついに、ロレンゾとリアンドロが対面してしまいました!

今までの話の展開からも分かっていたリアンドロの性格上より、やはり怒り狂ってしまい、ロレンゾのことは勿論のこと、イベリナですらも突き放してしまいます。

せっかく、リアンドロがイベリナと仲が親密になれたところだったのにも関わらず、残念です。

 

思春期真っ盛りのリアンドロには、なかなかそれぞれの感情の理解が難しいどころか、展開は複雑な方向へ向かっています。

次話でリアンドロとイベリナの関係は修復できるのでしょうか?

そしてロレンゾのイベリナに対してのアプローチというのは、今後どう発展していくのでしょうか?

 

以上、「公爵家のメイドに憑依しました17話でした。

公爵家のメイドに憑依しました【第17話】ネタバレと感想!三角関係のはじまり、リアンドロの怒り!

イベリナ・リアンドロ・ロレンゾの3人の感情がどんどん入り混じり、関係性にも影響を及ぼし始めていく展開になってきました。

 

イベリナはそれぞれの気持ちに気づいていないどころか、冷静な対応をしていますが、いつかは向き合わなければなりません。

それはいつになるのか、イベリナの対応も気になるところです。

公爵家のメイドに憑依しました」17話のネタバレと感想でした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!