公爵家のメイドに憑依しました

公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ31話最新話と感想!リアンドロの孤独

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「公爵家のメイドに憑依しました」31話のネタバレと感想をまとめてみました!

イベリナは偶然ディエゴとリアンドロの会話を聞いてしまいます。

小説に書かれていた二人の険悪な関係と結末を思い出し、せつない気持ちになりました…。

公爵家のメイドに憑依しました31話のネタバレと感想をを書いていきます!

公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ31話最新話と感想!リアンドロの孤独

ディエゴとリアンドロ

酷かった傷がきれいに治ったことに驚いているディエゴに、リアンドロは神のご加護だと答えます。

リアンドロが皇室の一員だったため苦しんだことに遺憾の意を表したディエゴ。

 

ふいに、ディエゴは傷があったリアンドロの左頬に手を当てます。

リアンドロは驚いて跳ね除けました。

血相を変えたリアンドロを見て、ディエゴは断ってから触れるべきだったと謝ります。

 

気を取り直したリアンドロは弔問のお礼を言いますが、ディエゴは自分とは気楽に接するようにと言って立ち去りました。

癒しのひととき

イベリナは二人の様子を見ていて、今後の展開からしたら今日の雰囲気は可愛らしいものだと思いました。

後に二人は正体を隠して武道会で決闘したり、エレオノラに花を持たせるため狩猟大会で争うことになるでしょう。

そして小説の後半にいくほど、二人の関係は険悪になるのです。

 

そうやって頑張っても結局勝つのは主人公のディエゴで、リアンドロはとことん不憫な結末を迎えることになるのですが…。

イベリナは、リアンドロの部屋で帰りを待つことにしました。

 

リアンドロが一日の仕事を終えて部屋に戻ると、お茶の用意をしたイベリナが待っていました。

リアンドロはイベリナの肩に頭をのせて、頭をなでてほしいと甘えます。

 

イベリナは、幼いころから世の中と隔離されて生きてきたリアンドロの生活と、この若さで次期公爵として葬式をあげて大勢の人の相手をしなければならなかった大変さ、そしてディエゴとのことを考えると、今日くらいは甘えさせてあげようと思います。

 

イベリナの膝枕で横になったリアンドロは、リラックスした笑顔を見せました。

リアンドロは、父が亡くなって涙が出ないことで、母にそれでも人間かといわれたそうです。

それを聞いたイベリナは激怒しました。

 

リアンドロの母はリアンドロが苦しんでいるとき無視していたのに、よくもそのような事が言えるものだと思ったのです。

リアンドロはイベリナを見て、イベリナはいつも自分の味方だと嬉しそうでした。

そしてイベリナを抱き寄せ、自分が大人になるまで待って欲しいと言います…。

公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ31話感想

ディエゴの行動は、敵意があるからなのか、それとも親しくなりたいからなのか?

今のところはどちらにも解釈できますね。

 

もうすでに小説の筋書きは変わっていて、イベリナという存在がある以上、リアンドロがエレオノラに恋をするということもないのではないでしょうか。

体は大きくてもまだ幼いリアンドロが、唯一信用できて、甘えられるのがイベリナです。

できたら少しずつでも交友関係を広げて、親友ができると一番いいのですが。

 

リアンドロとしては、イベリナと結婚するつもりでいるみたいですね。

でも、またいつぞやの執事さんに目をつけられて、イベリナと引き離されたりしないように気を付けてほしいです。

公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ31話最新話まとめ!リアンドロの孤独

今回は公爵家のメイドに憑依しました31話のネタバレと感想を紹介しました!

小説では最後まで報われることのないリアンドロを不憫に思い、心配するイベリナ。

リアンドロの幸せだけを望むイベリナが、リアンドロの唯一の癒しとなっています。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!