公爵家のメイドに憑依しました

公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ32話最新話と感想!親密な距離

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「公爵家のメイドに憑依しました」32話のネタバレと感想をまとめてみました!

リアンドロがイベリナを特別扱いすることで、ほかのメイドたちから妬まれてしまうイベリナ。

しかしリアンドロは周りにお構いなしにイベリナに甘えようとして…。

公爵家のメイドに憑依しました32話のネタバレと感想をを書いていきます!

公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ32話最新話と感想!親密な距離

リアンドロと親しすぎるメイド

リアンドロは、イベリナに自分が大人になるまで待っていて欲しいと告げます。

しかしイベリナは、リアンドロが自分の嫁ぎ先を見つけてくれるという意味だと解釈しました。

 

洗濯室では、メイド達が公爵夫人の愛人の話でもちきりです。

まだ公爵が亡くなってから間もないというのに、夫人は堂々と愛人を邸宅に連れ込んでいました。

 

夫人は自分の仕事をすべてメイド長のイレナ夫人に任せて、愛人との色恋沙汰にうつつを抜かしています。

一方リアンドロは後継ぎ教育と執務に追われ、目が回るほどの忙しい毎日を送っていました。

 

他のメイド達は、イベリナだけがリアンドロに贔屓され、自分たちに較べて仕事量が少ないと妬んでいます。

イベリナは、変な噂をされたり妬まれるのにウンザリして、リアンドロの世話以外の仕事をもっとすべきだろうかと考えました。

真夜中の訪問者

イベリナがベッドの中で色々と考えていると、ドアをノックする音がしました。

リアンドロが呼ぶ声が聞こえます。

 

ドアを開けると、そこにはランプを持ったリアンドロが立っていました。

イベリナがリアンドロと話をするのは4日ぶりです。

 

仕事で疲れ果てたリアンドロとイベリナは、並んで階段に座りました。

リアンドロはイベリナにもたれかかり、イベリナの頭についた石鹸の香りを楽しんでいます。

 

リアンドロは、イベリナの左手を自分の右頬に当て、少しだけこのままでいてほしいと言いました。

断れずに困ったイベリナはしばらくそうしていましたが、誰かに見られたら困ると思い、リアンドロに部屋に戻る様にと促します。

 

イベリナを部屋に送ってからというリアンドロを、無理やり帰らせるイベリナ。

その様子を、イレナ夫人が物陰から見ていました。

 

イレナ夫人は、イベリナがリアンドロに気安く接しすぎだから目を光らせておくようにと、執事に言われていたのです。

真夜中に二人でいるところを見てしまったイレナ夫人は、イベリナに忠告することにしました。

公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ32話感想

本来、リアンドロは公爵という自分の立場を考えて、少なくとも人前ではイベリナと親しくしないようにするべきなのですが、まだ幼いから無理なのでしょうね…。

おまけに、慣れない仕事でストレスが溜まって疲れも重なっていき、淋しさも募る一方でしょうから、イベリナに癒してもらいたいというのは仕方のないことです。

それを止めたら、リアンドロは精神を病んでしまうかもしれません。

 

でも、イベリナがメイド仲間から妬まれ、執事やメイド長からも注意を受けるということになれば、公爵家に居づらくなる恐れもあります。

なんとか、イベリナからリアンドロにうまく状況の説明ができるといいのですが。

 

こうなったらどうにかして、リアンドロに年の近いお友達ができるような環境作りができないものでしょうか。

イベリナが快適に公爵家で仕事が続けられるように祈るばかりです。

公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ32話最新話まとめ!親密な距離

今回は公爵家のメイドに憑依しました32話のネタバレと感想を紹介しました!

執事から、イベリナがリアンドロに気安く接しすぎていると注意を受けたメイド長のイレナ夫人。

真夜中にイベリナとリアンドロが一緒にいるところを目撃してしまいました。

 

 

スポンサーリンク

error: Content is protected !!