公爵家のメイドに憑依しました

公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ64話最新話と感想!苛められているエレオノラ

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「公爵家のメイドに憑依しました」64話のネタバレと感想をまとめてみました!

帝城の中を散歩していたイベリナは、エレオノラがティーパーティで他の令嬢たちから苛められているのを目撃します。

原作ではリアンドロがエレオノラを守るのですが、今は事情が変わっていて…。

公爵家のメイドに憑依しました64話のネタバレと感想を書いていきます!

公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ64話最新話と感想!苛められているエレオノラ

離宮でのもてなし

離宮ではすごいご馳走がふるまわれ、大喜びのイベリナ。

この日のために生きてきたに違いないと思うほどです。

 

食事のあとに部屋で休んでいると、リアンドロが城の見学を兼ねて散歩をしないかと誘いに来ました。

イベリナはリアンドロと腕を組んで歩きながら、この状況は出世したと喜ぶべきことなのだろうかと考えます。

しかし、皇帝が何を企んでいるのか分からないので、まだ油断はできません。

 

そのとき、ティーパーティが催されていた会場から、何やら意地悪そうな会話が聞こえてきました。

ティーパーティのエレオノラ

標的になっていたのは、一人の女性です。

蜂蜜のように滑らかな金髪と長いまつげ、ピンクの唇という特徴からいって、小説のヒロインであるエレオノラに違いありません。

イベリナは、リアンドロと一緒に木の陰に隠れて会場の様子を覗きました。

 

他の令嬢たちがドレスの色を合わせているのに、エレオノラだけが連絡を受けていなかったようです。

次はもう少し早く教えて欲しいというエレオノラに、令嬢たちは次も参加するつもりなのかと笑っていました。

 

エレオノラは仲間外れにされているのです。

おそらく、最近のさばっているアンブロセティ人たちのせいでしょう。

 

原作ではリアンドロがエレオノラを側で守るのですが、今は全く興味がない様子です。

イベリナはエレオノラが可哀想になりますが、もうすぐディエゴがエレオノラに惚れたら守ってくれるようになるだろうと思いました。

リアンドロの不安

エレオノラのことを考えているイベリナを見て、リアンドロは繋いでいる手に力を込め、不満そうに何を考えているのかと聞きました。

リアンドロは一度自分の元を去ったイベリナに対して、まだ不安をぬぐい切れないようです。

 

イベリナは、邸宅に戻ればリアンドロの信頼を回復できると軽く考えていましたが、それは浅はかな考えだったと思いました。

離宮に戻ると、リアンドロはいきなりイベリナに抱き着きます…。

公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ64話感想

イベリナが去った時のショックと絶望感は、まだリアンドロの中から消えていないのですね。

他に心を許せる相手がいないようなので、イベリナに執着するのは無理もありません。

いつも、イベリナが自分のことだけを考えてくれていないと、不安なのでしょう。

 

今はまだそれでもいいですが、このままではいつか、イベリナも辛くなるかもしれません。

誰か、リアンドロに親友のような人ができるといいなと思います。

 

イベリナは、ディエゴがエレオノラに惚れたら守ってくれるから大丈夫だと思っていますが、ディエゴが惚れるのはイベリナでは?

エレオノラは苛められて可哀想ですが、前にリアンドロと会った時の会話の様子では、なんとなく性格が良くなさそうなイメージを持ってしまいました。

もしかして、よく知ればいい子なのかもしれませんけど…ね。

公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ64話最新話まとめ!苛められているエレオノラ

今回は公爵家のメイドに憑依しました64話のネタバレと感想を紹介しました!

原作とは違って、仲間外れにされているエレオノラを見ても無関心なリアンドロ。

エレオノラのことを何とも思っていない様子に、複雑な気持ちになるイベリナでした。

 

スポンサーリンク

error: Content is protected !!