皇帝の子供を隠す方法49話最新話ネタバレと感想!倒れたテオール

皇帝の子供を隠す方法の画像

「ピッコマ」連載漫画の「皇帝の子供を隠す方法」49話のネタバレと感想をまとめてみました!

食べ物を食べて急に倒れたテオールですが、その原因はアステルにとって気まずいものでした。

皇帝の子供を隠す方法49話のネタバレと感想を紹介していきます!

⇒「皇帝の子供を隠す方法」のネタバレ一覧と結末予想ページへ

皇帝の子供を隠す方法49話最新話ネタバレと感想!倒れたテオール

アステルの体質

アステルが購入した食べ物を食べたテオールは、突然倒れてしまいます。

カイゼンたちは急いで城に戻ることにしました。

 

馬車の中でカイゼンは、テオールに食べ物に関する持病があるのか訊きます。

その質問をされたアステルは一つ思い当たることがありました。

「リンテール」という果物があり、アステルは幼い頃からその果物を食べると高熱を出してしまうのです。

テオールは今まで、リンテールを食べたことはありません。

 

推測ですが、従甥と偽っているテオールとアステルが同じ体質だったとしたら間違いなく疑われるので、アステルはカイゼンに心当たりはないと答えました。

倒れた原因

カイゼンたちが城に着くと同時に、セルヴェルも医者を連れて城に来ました。

医者がテオールを診ると、特別な病気ではなく倒れる前に食べた物が原因だと言います。

テオールが食べたものはセルヴェルが調べましたが、毒は入っていなかったようです。

セルヴェルは、食べ物の材料を全て書き出したリストを持ってきたので、その中にテオールが今まで口にしたことのない物があるか確認してほしいと言いました。

 

リストの中にはリンテールが入っていました。

アステルはリンテールは食べたことがないと言うと、医者は家族にリンテールに敏感な体質を持つ方がいるか訊きます。

アステルは答えられず下に俯いてしまい、カイゼンはその様子を不思議そうに見ていました。

カレンベルク侯爵の助け舟

カレンベルク侯爵は、自分の妻がリンテールに敏感だったと言います。

妻以外の親族は大丈夫だったとカレンベルク侯爵は言いますが、医者は遺伝による疾患は世代を跨ぐ事も珍しくないと納得しました。

カレンベルク侯爵の妻は随分前に亡くなっていて、はっきりと覚えている人はもういないので、嘘をついてもバレることはないと、アステルは一安心します。

 

しかし医者は、テオールの熱が下がっても2週間程度は安静にするよう言い、アステルたちは明日東部へ帰ることができなくなりました。

ハンナの優しさ

夜遅くまでテオールの看病をするアステルに、ハンナが軽食を持って来ました。

アステルの体質を知っている人はこの世に4人いて、その中にハンナも入っています。

しかしハンナは無理にアステルに事情を聞き出そうとはしません。

一人で背負いきれない時は自分を頼ってと、ハンナは優しく言います。

 

そんなハンナに、アステルは全てを打ち明けました。

テオールはカイゼンの子であること、でも皇帝の子だと気付かれたら危険なので隠し通さなきゃいけないことを…

その頃のカイゼン

カイゼンはべリアンの元を訪れます。

カイゼンはべリアンに、テオールの出生について今すぐ調べるよう命じるのでした。

皇帝の子供を隠す方法49話感想

テオールはリンテールという果物のアレルギーで倒れてしまいました。

毒だったり、命の危機に瀕することはなさそうなのはよかったです。

しかし、まさかのきっかけでテオールの正体がバレそうになり、とても冷や冷やしました。

カレンベルク侯爵のとっさの嘘でその場はなんとか乗り切ることができてよかったですが…

 

テオールの正体を隠し続ける日々を送るアステルにとって、ハンナの優しさはとても嬉しいことだと思います。

相手から事情を打ち明けるまで、無理に聞き出さずに待つことは案外難しいことだと思います。

これからはハンナもテオールの正体を隠すのに協力してくれるでしょう。

 

そんな矢先、カイゼンはテオールの出生について調べるようべリアンに命じていました。

カイゼンはアステルの様子から、何か隠していることがあると勘付いたのかもしれません。

城への滞在も伸びてしまい、その間にテオールの正体はバレてしまうのでしょうか。

皇帝の子供を隠す方法49話最新話ネタバレと感想!倒れたテオールまとめ

今回は「皇帝の子供を隠す方法」最新話49話のネタバレと感想を紹介しました!

テオールの出生についてカイゼンに知られてしまうのでしょうか、目が離せません!

⇒「皇帝の子供を隠す方法」のネタバレ一覧と結末予想ページへ

error: Content is protected !!