皇帝の子供を隠す方法 ネタバレと感想を最新話まで更新中

皇帝の子供を隠す方法の画像

スポンサーリンク

ピッコマで連載中の「皇帝の子供を隠す方法 」のネタバレを1話~結末まで最新話更新中です!

皇帝の子供を隠す方法 」のネタバレあらすじを1話~結末まで一緒に楽しみましょう♪

皇帝の子供を隠す方法」のネタバレ結末については韓国で最終話まで更新されたら反映する予定です。

また、「皇帝の子供を隠す方法」の結末予想も楽しんでみましょう!

「日本語版までしか読みたくない」という方は、日本語で出ている話までの確認を推奨します!

皇帝の子供を隠す方法 のネタバレを結末まで最新話を随時更新!

1話 2話 3話
4話 5話 6話
7話 8話 9話
10話 11話 12話
13話 14話 15話
16話 17話 18話
19話 20話 21話
22話 23話 24話
25話 26話 27話
28話 29話 30話
31話 32話 33話
34話 35話 36話
37話 38話 39話
40話 41話 42話
43話 44話 45話
46話

皇帝の子供を隠す方法 のあらすじ

アステルは新婚初夜に皇帝である夫のカイゼンから離婚を突き付けられ、「一夜限りの妃」と呼ばれることになってしまう。

父親からも見放され家を出たアステルは、母方の祖父へ身を寄せる。

その際、身ごもっていることが分かり、一人で子を生んで育てる。

息子のテオールは皇族の証である赤い瞳を持っているため、政争の道具として利用されないように必死に身を隠して暮らしていた。

 

しかしある日、カイゼンの祖母が亡くなり、祖母が後継ぎをした南部領地を皇族が相続しようとするが、遺言によりアステルの同意がなければ相続ができないという事態になってしまう。

そのことにより、アステルとテオールは皇帝の元へ連れて行かれる。

アステルは遺言問題を片付ける代わりに、祖父の年金を返してもらい、自分と家族を東部へ帰らせてもらうことを条件として飲んでもらった。

アステルは南部領域の相続が片付くまで、テオールの正体を隠しながら皇帝カイゼンと行動を共にすることになる。

皇帝の子供を隠す方法 の登場人物

アステル・フォン・レストン

この物語の主人公。

ラスティエル帝国の元皇妃。

カイゼンと結婚して初夜を終えた途端、カイゼンから離婚を突き付けられ一夜限りの妃となる。

実の父、レストン公爵からも見捨てられてしまい、母方の祖父カレンベルク侯爵の元で身を隠しながら貧しい生活を送る。

 

カイゼンの祖母の遺言問題と、祖父の年金を取り戻し家族で穏やかな生活を送るためにカイゼンと行動を共にする。

カイゼン

ラスティエル帝国の現皇帝。

アステルと初夜を終えた際に元皇帝が亡くなり、皇帝になった途端にアステルに離婚を突き付ける。

そして貴族たちの粛清を始める。

太皇太后(祖母)の遺言により南部領域を手に入れることができず、アステルを探し出し行動を共にする。

テオール

アステルとカイゼンの息子。

カイゼンたちにはアステルの甥だと説明している。

皇族の証である赤い瞳を持っているが、アステルと薬草師で作った目薬を使って青い瞳に変え、正体を隠している。

べリアン・クロード伯爵

カイゼンの秘書官。

レストン公爵の娘ということでアステルに警戒、疑いの目を向けている。

リンドン卿

昔からカイゼンに使えている近衛騎士。

アステルがまだ都に住んでいる時は名もない一介の騎士だった。

カレンベルク侯爵

アステルの母方の祖父。

反乱を起こした北部の領主と血縁関係があるという理由だけで年金が剥奪され、貧しい生活を送っている。

グレーテル

東部に住む薬草師。

アステルが身ごもっていることを見つけ、教えてくれる。

アステルと協力して「瞳の色を変える薬」を開発する。

アステルに薬草の扱いを教えた。

レストン公爵

アステルの実の父。

貴族派の長。

マリアン・クロイツェン

クロイツェン侯爵の娘でフローリンの姉。

カイゼンの妃の座を狙っている。

アステルを罠に嵌めようとしたが失敗し、牢に入れられてしまう。

フローリン・クロイツェン

クロイツェン侯爵の娘でマリアンの妹。

カイゼンの妃の座を狙っている。

現在最も有力な妃の候補。

皇帝の子供を隠す方法 の結末を大胆予想!

アステルは賢いので、幼いテオールの正体をうまく守りながらその場の状況を切り抜けていくと思います。

そして最終的には、カイゼンに離婚を突き付けられたアステルですが再びカイゼンとよりを戻すのではないかと予想します。

 

アステルは息子を守ることで頭がいっぱいでカイゼンへの未練はありません。

しかし、カイゼンはアステルを意識している描写が見られる時があります。

離婚を突き付けたのも、何か理由があるように思います。

どのような理由があって離婚を突き付けたかは分からないので、その理由を早く知りたいと思いました。

 

カイゼンの周りには妃の座を狙って幾多の女性が現れています。

カイゼンの祖母の遺言は他言無用なので、その事情を知らない人が多くいます。

そのため、カイゼンと行動を共にするアステルは再び妃の座を狙っていると誤解されやすく、これからも多くの敵が待ち受けていることでしょう。

 

また、ラスティエル帝国の勢力は皇帝派と貴族派の二分化しています。

カイゼンは帝国派、アステルの父レストン公爵は貴族派の長です。

アステルの敵は妃を狙う女性のみでなく、親子の縁を切ったアステルがカイゼンと共に行動する限り、いつか父親も敵として立ちはだかるでしょう。

 

アステルには敵が多そうですが、テオールや祖父も共にいつか穏やかな生活を送れるよう願ってやみません。

以上、皇帝の子供を隠す方法の結末予想でした!

皇帝の子供を隠す方法 の原作や作品情報

皇帝の子供を隠す方法 の原作や作品情報です!

漫画タイトル 皇帝の子供を隠す方法
配信サイト ピッコマ
配信日 毎週水曜日(ピッコマ)
出版 C&C Revolution
原作の作者 26

SSAL

Lee Yeonseon

 

error: Content is protected !!