皇帝の子供を隠す方法94話最新話ネタバレと感想!信頼し合うマリアンとアステル

皇帝の子供を隠す方法の画像

「ピッコマ」連載漫画の「皇帝の子供を隠す方法」94話のネタバレと感想をまとめてみました!

マリアンは密かに実家へ戻りますが、それも全て事前に考えられてた策でした。

皇帝の子供を隠す方法94話のネタバレと感想を紹介していきます!

⇒「皇帝の子供を隠す方法」のネタバレ一覧と結末予想ページへ

皇帝の子供を隠す方法94話最新話ネタバレと感想!信頼し合うマリアンとアステル

マリアンを呼び寄せた理由

クロイツェン邸へ久しぶりに戻ったマリアン。

マリアンは貴族として相応しい身なりに着替え、侍女に案内されて食堂へ行くと、父親が優しく迎え入れてくれます。

フローリンも同席しています。

もしかして自分はこの家に戻れるのかもとマリアンが思ったその時、そこへレストン公爵まで食堂にやって来ました。

 

マリアンはどうしてレストン公爵がクロイツェン邸にいるのか理解できない上、レストン公爵から見下されたことを思い返し、強い緊張を感じます。

緊張から手が震えてしまい、マリアンはフォークを落としてしまいました。

マリアンの行儀の悪さにレストン公爵は舌打ちをし、マリアンは美しいけど自分にはいささか幼すぎるのではと言います。

その言葉に父親は焦る様子を見せ、レストン公爵家の跡継ぎのためならマリアンのように若く健康な娘を妻として迎えるべきだと弁明しました。

 

父親は娘である自分を引き換えにレストン公爵と手を組んだということを知ったマリアン。

マリアンは気分が悪くなり、思わず席を立ってその場を後にしようとしました。

そんなマリアンにフローリンは、今出ていけばもう二度とここには戻れないかもしれないと言いましたが、それでもマリアンは食堂から出ていきました。

レストン公爵はフリッツの代わりに新たな後継者は必要だけど、いくら何でもアレはないなと、改めてマリアンを見下します。

フローリンの目的

父親はマリアンの無礼をレストン公爵に謝罪します。

その時フローリンは、婚約についての話は追々するとして、今はもっと急ぎの件があると言いました。

投獄されているセルヴェルは脱獄を画策しているという噂を聞いたから、証拠隠滅のためにも脱獄の際にセルヴェルを始末するべきだと言うのです。

レストン公爵は、その情報はどこから聞いたのか訊くと、フローリンは優秀な協力者が少し前までいたという旨を伝え、詳しい内容を話しました。

 

その際、マリアンはまだ外には出て行っておらずフローリンの話を廊下から立ち聞きしており、話を一通り聞いてから外へ逃げました。

マリアンの想い

マリアンは皇室の騎士に保護され、アステルの元へ連れて行かれます。

アステルはマリアンが勝手にクロイツェン邸に戻ったことを怒るのではなく、得た情報を聞かせてほしいと言いました。

 

実はマリアンは数日前、父親から実家に戻るようにとの手紙が部屋にあったことをアステルに打ち明けていました。

マリアンは実の父親より、自分が改心するように何度もチャンスを与えてくれたアステルのことを信じて従いたいと話したのです。

そのため、マリアンはクロイツェン家の情報を掴むために実家に戻ったということをアステルは知っていたのでした。

 

アステルは内心、まだマリアンのことを信じきることはできないけど、マリアンが自分を信じて従いたいと言ってくれた胸の内は真実だと捉えることにし、マリアンにお礼を伝えて掴んだ情報を話してほしいと言います。

アステルから信じてもらえたと思えたマリアンは嬉しさを覚え、情報を詳しく話しました。

クロイツェン家とレストン家の二つの勢力は手を結んだこと、そして彼らの次の標的はセルヴェルであり、一週間後に脱獄を手助けするフリをして外に連れ出し、事故に見せかけて始末しようとしているのです。

皇帝の子供を隠す方法94話感想

マリアンがクロイツェン家に呼び出しされたのは、やはり良からぬことを考えての呼び出しでした。

マリアンはきっと初めから、父親は娘に実家に戻ってきてほしいという優しい気持ちはないことを分かっていたとは思いますが、それでも明らかに自分を利用するために呼び出しされたと知ったら、悲しい思いになると思います。

しかもレストン公爵と婚約をさせることを計画されていたなんて、父親は娘の人生も気持ちも何にも考えておらず、自分たちクロイツェン家の地位のために自分は利用されるだなんて、マリアンの底知れぬ悲しみが痛いほど伝わります。

自分の娘を駒として使うクロイツェン侯爵は、レストン公爵とやってることが同じで、どちらも父親としてクズだなと思いました。

 

マリアンとアステルはかつて敵であったにも関わらず、マリアンはアステルの方を信じていてアステルに従いたいと思っています。

父親からの手紙は隠そうと思えば隠せるし、内緒で皇室から抜け出すこともできたと思います。

それでもマリアンはアステルを信じて、手紙のことや自分の胸の内をさらけ出しました。

 

第三者からの視点なら、明らかに父親よりもアステルを信じるべきだと分かりますが、当事者のマリアンとしては父親への未練を捨ててアステルを信じるということが簡単にはできないと思います。

それでもアステルを信じることができたのは、アステルは器が大きく、テオールを守ってくれたということに感謝の気持ちを持ち、マリアンのかつての過ちを許すことができる強い心も持ち合わせていて、マリアンは改心すると信じて自分のそばに置いてくれたという、一言で言い表せれないほどアステルの意志と行動は尊敬ができるからだと思います。

特にマリアンのように、家族からも見放され、レストン公爵から見下され、誰からも必要とされていないという状況の時に、自分を信じてくれたこと、必要としてもらえたことで、マリアンの心は深く打たれたでしょう。

 

自分が誰かから信頼してもらえていると感じられると、自分の心も救われるし、信じてくれた人のために頑張ることもできて自分の可能性を広げられ、人を信じる力があるのはとても良い事だと思いました。

ただし、おだてることで平気で人を利用したり、後々裏切る人もいると思うので、信じても大丈夫な人かどうか見極める、人を見る目を養うことは必要だと思います。

アステルに関してはその心配はないでしょう。

 

マリアンが決死の覚悟で実家に戻ったことで得られた情報によってクロイツェン家とレストン家の野望を防ぎ、カイゼンとセルヴェルを無事に助けられたらいいなと思います。

皇帝の子供を隠す方法94話最新話ネタバレと感想!信頼し合うマリアンとアステルまとめ

今回は「皇帝の子供を隠す方法」最新話94話のネタバレと感想を紹介しました!

マリアンの情報から、アステルはどのような策を考えるでしょうか、次回も楽しみです!

⇒「皇帝の子供を隠す方法」のネタバレ一覧と結末予想ページへ

error: Content is protected !!