皇帝の子供を隠す方法68話最新話ネタバレと感想!親交が深まるエクレン伯爵

皇帝の子供を隠す方法の画像

「ピッコマ」連載漫画の「皇帝の子供を隠す方法」68話のネタバレと感想をまとめてみました!

皇后としての仕事をこなすアステルの元にエクレン伯爵が来訪し、子供のことを相談に乗ってくれて親交が深まります。

皇帝の子供を隠す方法68話のネタバレと感想を紹介していきます!

⇒「皇帝の子供を隠す方法」のネタバレ一覧と結末予想ページへ

皇帝の子供を隠す方法68話最新話ネタバレと感想!親交が深まるエクレン伯爵

初めて息が合う二人

カイゼンとカレンベルク侯爵の元にやって来たレストン公爵。

宮殿に何の用だとカイゼンが訊くと、レストン公爵は笑顔で皇后陛下にお目にかかるために来たと答えます。

そしてレストン公爵はカレンベルク侯爵を義父上(ちちうえ)と呼びました。

カレンベルク侯爵はレストン公爵から父などと呼ばれる筋合いはないと憤りを感じます。

 

このやり取りで、カイゼンは自分にとってもレストン公爵は義父上に当たることを察しました。

カイゼンとカレンベルク侯爵は顔を合わせると、ついに自分たちの共通点が見つかったと以心伝心しました。

カイゼンもカレンベルク侯爵も、レストン公爵のことが大嫌いなのです。

エクレン伯爵式、子供の心を開く近道

アステルは皇后として仕事をしていますが、やることの多さに疲れを感じています。

そこにエクレン伯爵が来られました。

アステルは応接間にて二人で話すことにしました。

 

エクレン伯爵はテオールは新しい生活に馴染めたか気にかけます。

アステルはまだだと答えると、エクレン伯爵は昔、セルヴェルも環境の変化に非常に敏感だったと言いました。

セルヴェルはエクレン伯爵の実の子ではなく甥であり、幼い時に両親を亡くしたので養子として引き取ったのです。

エクレン伯爵はセルヴェルに剣術を教えて、子供と一緒にできることを探して時間を共に過ごすことが心を開く一番の近道だったと話しました。

 

アステルは先日カイゼンから、テオールに自分の身を守る術を身につけるために剣術を教えた方がいいと言われたばかりでした。

しかしアステルは、テオールには早すぎるのではと答えたのです。

それを聞いたエクレン伯爵は、テオールは動物が好きだから乗馬はいかがでしょうかと提案しました。

アステルは良いアイデアだと答えます。

エクレン伯爵と共通点

しばらく会話をした後、エクレン伯爵はお暇しました。

その時、エクレン伯爵の瞳の色がアステルの目に入ります。

エクレン伯爵の瞳の色をよく見たら、自分と同じ色だとアステルは気づき、不思議な偶然だと思いました。

謎の男性たちの密会

薄暗い部屋で、謎の怪しい男性たちが会議を行っています。

べリアンが秘書官の座を追いやられたことに困っているようです。

それだけでなくクロイツェン家の国務大臣の座も危ういこと、近頃エクレン伯爵も皇后と通じていることも危惧していました。

皇后陛下に権力が続々と集まりつつあるので、自分たちにはそれを牽制する力が必要だと言います。

 

一人の男性が皇后に対抗できる人物がいるのが思い当たるので、対抗策を講じましょうと言いました。

解決すべきこと

初夜以降、カイゼンはずっとソファーで眠っていますが、そのことをアステルは近いうちに何とかしないといけないと思っています。

その件以外にも、もう一つ解決すべきことがあるとアステルは思い、ハンナに声をかけます。

アステルは、マリアンを自分の所へ連れて来てほしいとハンナに頼みました。

皇帝の子供を隠す方法68話感想

カイゼンとカレンベルク侯爵は犬猿の仲だと思っていましたが、レストン公爵という共通の敵がいることで初めて息が合いましたね。

レストン公爵が初めて役に立ったと思いました。

これを機に、カイゼンとカレンベルグ侯爵がもっと歩み寄れて、協力していける態勢が整うといいなと思います。

 

エクレン伯爵とセルヴェルは実の親子ではないことが明かされました。

セルヴェルを育て上げたエクレン伯爵は子育ての苦労が分かるので、テオールやアステルが気にかかるのでしょうね。

エクレン伯爵からの助言が、テオールがカイゼンに心を開く助けになるといいなと思います。

 

エクレン伯爵とアステルの瞳の色が同じであることも描かれていました。

アステルは偶然だと思っていますが、ひょっとしたらエクレン伯爵とアステルは血の繋がりがあるのかもしれないと思いました。

カレンベルク侯爵は何か事情を知っていそうな予感がします。

瞳の色が同じことがただの偶然ではなかったら、エクレン伯爵とアステルはどういう関係があるのか気になります。

 

そして謎の男性たちが集まって会議をしているシーンも気になりました。

アステルのことを敵とみなしているようです。

べリアンやクロイツェン家の名前が出ていましたが、繋がりがあるのでしょうか。

そしてこの男性たちの正体は何なのか気になります。

 

アステルは解決すべきことがあるとの事で、マリアンを呼ぶよう言いました。

テオールの誘拐事件について聞くのだと思います。

今回マリアンは巻き込まれただけだと思うし、テオールに情が湧いて守ってくれたので、少しは罰が軽くなってほしいと思います。

皇帝の子供を隠す方法68話最新話ネタバレと感想!親交が深まるエクレン伯爵まとめ

今回は「皇帝の子供を隠す方法」最新話68話のネタバレと感想を紹介しました!

マリアンを呼び出したアステルは、問題解決のためにどう行動するでしょうか、目が離せないです!

⇒「皇帝の子供を隠す方法」のネタバレ一覧と結末予想ページへ

error: Content is protected !!