ルシア

ルシアネタバレ31話最新話と感想!すれ違い

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「ルシア」31話のネタバレと感想をまとめてみました!

立入禁止になっている西側の塔には、タラン家でも僅かしか知る人がいないタラン家の秘密がありました。

辛い経験を微塵も感じさせないタラン公爵に、強い人だと感じる反面、少しでも傷を癒やしてあげたいと思うビビアンでした。

「ルシア」31話のネタバレと感想をしていきます。

ルシアネタバレ31話最新話と感想!すれ違い

帰宅の合図

雨模様な天気の中、ビビアンはひとり部屋でお茶を飲みながら考えていました。

結婚してからひと月。

同じくらい会っていないことに、退屈だと思うビビアン。

 

ジェロームが夕食のリクエスト聞きにやってきました。

何でも大丈夫と、笑顔で答えるビビアン。

ジェロームはビビアンのことを、本当に無欲な人だとニコニコしながら思います。

 

こんな純粋な方を公爵夫人として迎えられることを、初めは心配していたと言うジェローム。

突然外で「ブー」と大きな音がし、驚くビビアン。

タラン公爵が帰ってくるとこの音が鳴ります。

 

ビビアンは席を立ち、出迎えようとしますが、ジェロームに止められてしまいました。

詳しい説明を濁し、神経が過敏ですぐに浴室に向かわれるので、その後にお会いしてはと促すジェローム。

ビビアンは、すぐに会いたかった想いを我慢し、静かに返事を返しました。

戦争の黒獅子

領地で何が起きているのか、あの人はどうして長期にわたって不在だったのかなど、ひとりになったビビアンは考えていました。

正確なことは何も分かりませんが、偶然騎士たちの会話を耳にして分かった事もありました。

 

誰かの命が絶たれたことにあの人は関与しているのだと。

北部では国境を接する先住民との争いが絶えないことを以前聞いていたビビアン。

ビビアンは、自分の住む街で戦争を見た経験がなかったため、実感は少しもありませんでした。

 

しかし、北部に来て戦争状態だとあらためて痛感するビビアン。

そして、ビビアンは戦場の黒獅子と呼ばれる男の存在を思いだします。

彼は残忍な虐殺者だったのです。

会えない二人

屋敷へ戻ったタラン公爵は血だらけの状態でした。

タラン公爵を出迎えるジェローム。

長いこと仕えているジェロームですが、今でも殺気あふれるタラン公爵の圧に、ビクッとしてしまいます。

 

タラン公爵の後につき、ジェロームも歩きます。

ご入浴の準備が出来ていると伝えると、タラン公爵は何か変わったことはなかったかを聞きます。

ご報告することは特にないといい、ビビアンも元気だと伝えると、そうか…と間を置いた後、1時間後に会議だとタラン公爵は言いました。

 

1時間後の会議は全員参加だと言い、浴室に入っていきました。

ヒューゴの後ろ姿を見つめ考えるジェローム。

敵がすぐに攻めてくるわけでもないのに会議だなんてと思いましたが、戻られてからすぐに変わりはなかったのかと尋ねられたことに、変化を感じていました。

 

今までそんな質問をしたことはなかったのです。

そして、ビビアンのことを気にかけていたタラン公爵を見て、やはり特別な存在なのかもしれないと、ジェロームは思うのでした。

そして、ファビアンは首都に着いた頃かと気にします。

 

領地内とはいえ多くの人が命を落とし、王様に説明するのも骨の折れることだろう。

公爵様にとって人の命は取るに足らないものだとファビアンが言っていたことを思い出します。

ビビアンの存在によってタラン公爵の性格が少し穏やかになればいいとジェロームは思うのでした。

 

その頃。

ビビアンは広い食堂でひとり食事をしています。

戻ってきてすぐに会議をするなんて忙しい方なのだと思っていました。

 

しかし、食事くらい一緒にとってもいいのにと、不満も漏らしてしまいます。

結婚式の日からずっと一人で食事をとっていたビビアン。

食欲が全然わきません。

 

そんなビビアンを見ていたジェロームはお口に合わなかったのかと聞きます。

心配するジェロームに、慌てて美味しかったと答えるビビアン。

でも少し今日はお腹がいっぱいと言って残してしまいます。

 

ビビアンは一度も食事を残した事がなかった為、心配になるジェローム。

書斎で本を読み終えたビビアンは、書斎を歩きます。

置いていない本なんてないんだろうと思わせるくらい、本当にいつ来ても大きな書斎だと感じます。

 

いつ見てもきれいに整理されており、夢に出てきそうな程に素敵な書斎でした。

お目当ての本を見つけるのですが、高すぎて届きません。

後少し…と背伸びをし手をのばすビビアンの背後から、誰かが本をとってくれました。

ルシアネタバレ31話の感想

結婚してからひと月も会っていないのは寂しく感じると思います。

連絡を取り合っているわけでもないと思いますし、気になりますよね。

 

でも、久しぶりに帰ってきたタラン公爵は、血だらけになっており、そんな姿でビビアンとかち合わなくてよかったと思いました。

ジェロームが上手いこと止めましたね。

でも、出迎えたいと気持ちが前のめりになっているビビアンも可愛かったです。

 

ずっとひとりで食事をするビビアンは寂しいだろうなと思いました。

しかも、すごく広い食堂で一人って…食事は誰かと楽しく取りたいものですよね。

最後に本をとってくれる男性がいましたが、きっとタラン公爵なのかなと、ドキドキしました。

 

こういうシチュエーション、好きです。

ビビアンとタラン公爵のひと月ぶりの再会が楽しみです。

一緒に食事をするシーンも期待しています。

ルシアネタバレ31話最新話!すれ違いのまとめ

今回は「ルシア」31話のネタバレと感想をご紹介しました!

ビビアンとジェロームが話していると、タラン公爵の帰りの合図音が聞こえ、出迎えようとするビビアンをジェロームは止めました。

タラン公爵は一瞬ビビアンを気に留めましたが、入浴後すぐ会議を始めてしまい、ビビアンは食欲がなく書斎へ向かって本を探すのですが、読みたい本が見つかり手を伸ばすと、背後から声がし本を取ってくれたのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!