ルシア

ルシアネタバレ32話最新話と感想!再会の時

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「ルシア」32話のネタバレと感想をまとめてみました!

食欲がなく書斎で本を探すビビアンは、探していた本が高い場所に合って背伸びをしても届きません。

すると背後から誰かが手を伸ばします。

「ルシア」32話のネタバレと感想をしていきます。

ルシアネタバレ32話最新話と感想!再会の時

本当の気持ち

この本か、とビビアンの後ろから手を伸ばし本を取ってくれた相手が誰なのか、ビビアンはすぐに気づきました。

同時に自分の本当の気持ちにも気がつきました。

結婚してからずっと一人だったビビアン。

 

1人でいることには平気だと思っていました。

会いたいとか恋しいなんて思っていなかったはずなのに、気づかないうちに、彼の帰りをずっと待っていたのです。

本をとってくれたタラン公爵に、顔を赤くしながらもお礼を言いました。

 

ドキドキ高鳴る心臓音は、彼に聞こえているかもしれないと思うビビアン。

今は会議なはずなのに、いつの間に来たんだろう。

あまりにも急すぎて、何を話せばいいのだろうと、ビビアンは思っていました。

 

遅くなってすまないと、タラン公爵。

ビビアンは、書斎は素敵だと話します。

広いが落ち着くだろとタラン公爵。

 

そして、ビビアンが夕食を残したことを気にしていました。

合うことが久しぶりだったので、ビビアンは恥ずかしくて目を合わせられませんでした。

シェフの料理は毎日最高に美味しいけど、いつも同じ量を食べれるわけではないと、ビビアンはうつむきながら答えます。

 

食欲がなかったのか聞くと返事をするビビアンに、タラン公爵の表情が険しくなります。

誰かが気分を害したのかと少し厳しめな口調になるタラン公爵に、みなさんとても親切にして下さっていますと、ビビアンは顔を背けながら答えたのでした。

再会

ずっと顔を背け、目を合わすことなく話すビビアンに、タラン公爵は、ビビアンの長い髪を手に取りキスをします。

こっちを見てくれと言うタラン公爵に、ビビアンはゆっくり顔を向けました。

 

俺といるのがそんなに嫌なのかと聞くタラン公爵に、思い切り否定するビビアン。

久しぶりに会うから緊張していると答えます。

 

一か月ぶりに遭ったのに、公爵様は全然緊張しないのですねと言うビビアンの一言に、タラン公爵は微笑みながら言いました。

俺が家を一ヶ月も空けたことへの愚痴かと言うと、ビビアンは顔をよりいっそう赤くして否定をします。

タラン公爵は、ビビアンの顔に触れキスをしました。

熱いキス

タラン公爵はビビアンの顔に触れキスをすると、ビビアンの腰に手を回し抱きしめます。

そして、何度もビビアンにキスをし、ビビアンもタラン公爵の背中に手を回しました。

首筋を軽く噛まれると、ビビアンは声を出します。

 

見つめ合う二人。

タラン公爵は、キスをしながらビビアンを抱きかかえ歩き始め、書斎の寝室のベッドに下ろされます。

個々が書斎だと言うことに、ビビアンは驚きましたが、構わずにタラン公爵はビビアンに激しくキスを始めるのでした。

ルシアネタバレ32話の感想

本をとってくれたのはやはり、タラン公爵でしたね。

ドキドキの展開に、ビビアンは顔を真っ赤にしていましたね。

 

顔を真っ赤にする純粋なビビアンが可愛いなと思いました。

久しぶりの再会から、一緒に食事をする展開があったらいいなとは思っていましたが、久しぶりに帰ってきてすぐベットに向かう急展開は予想していませんでした。

 

タラン公爵はすごく野性的だなと思いました。

野性的だけど、優しさのある人。

誰かに気分を害されたのかと、瞬時に表情が変わるあたり、ビビアンのことを本当に大事にしているのだなと思わされます。

 

書斎のベッドで、激しくキスをするタラン公爵。

そこから先の展開がありそうな感じもしますが…もしかしたらいいところで緊急の何かがあるかもしれません。

今回は、ドキドキの展開でしたが、次回もドキドキの展開は続くのでしょうか。

ルシアネタバレ32話最新話!再会の時のまとめ

今回は「ルシア」32話のネタバレと感想をご紹介しました!

本を取ってくれたのが誰かすぐに分かったビビアンは、同時にタラン公爵への気持ちにも気づくのでした。

目を合わして話そうとしないビビアンに俺が嫌なのかと聞かれ、恥ずかしいだけだと答えるビビアンにタラン公爵はキスをし、書斎のベットに抱きかかえて連れて行くのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!