ルシア

ルシアネタバレ68話最新話と感想!本当の気持ち

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「ルシア」68話のネタバレと感想をまとめてみました!

アンナの診察を受けるビビアン。

見ていられずに意見するジェロームにタラン公爵は怒りをあらわにするのでした。

「ルシア」68話のネタバレと感想をしていきます。

ルシアネタバレ68話最新話と感想!本当の気持ち

2人のやり取り

ビビアンとのやり取りを思い返しながら考えるタラン公爵。

ビビアンはタラン家の戸籍に入ろうとはしなかったのです。

 

それはまるで、タラン家には自分の居場所はないと言っているかのようでした。

従順で欲がないタラン家にふさわしい完璧な妻をやっと手に入れたんだ。

人形のように居るだけの、彼女の抜け殻が欲しかったはずなのに。

 

元々心なんて必要ないと思っていたはずだったのに、どうしてこんな嫌な気持ちになるのだろうか。

ビビアンを愛している自分の気持ちに制御をかけるタラン公爵。

でも気づけばビビアンに心を奪われていたのです。

 

でもこの俺に限ってそんな事はありえないはず。

そう自分に言い聞かせながら、タラン公爵はビビアンにちゃんと治療を受けるように言うのでした。

原因を突き止める為にも医者にも症状をしっかり伝えるようにと。

 

するとビビアンは、治療をすれば子供が出来るかもしれないと言い返します。

ため息を付きながら、仮に子どもが出来たらそれは俺の子ではないというタラン公爵の発言に、ビビアンの表情は一気に険しくなりました。

子どもが出来ても認知しないという意味なのか、それとも私が子どもが出来たと嘘をつくと思っているのですかとビビアンは言います。

 

すると、タラン公爵は自分の発言に後悔をしました。

しかし、誤解を解くための言葉が出ません。

治療は好きにしてくれ、と言い部屋を後にしたのでした。

ビビアンと遭遇

あの時、否定せずに、ただあの場から逃げたことを後悔していました。

初めて感じた複雑な感情にひどく疲れてしまうのです。

 

ビビアンのせいにはせずに、全部自分が悪いと思うタラン公爵。

長い間歩きながら考えていたタラン公爵は、気が付くと庭園に着いていました。

気がつけば夕暮れ時になっており、戻ろうとしいると、ビビアンと遭遇するのでした。

ビビアンの笑顔

ビビアンは目が合うと一緒驚いた表情をみせた後、悲しげな目をし、タラン公爵に向けて微笑みます。

ビビアンの微笑みを見たとたん、彼女以外の世界が止まったかのような感覚を感じるタラン公爵。

 

タラン公爵は、この時初めて感じるのでした。

自分が最も恐れていたものは、ビビアンの笑顔がなくなること。

微笑みながらビビアンは、きれいな夕焼けですねと言ったのでした。

ルシアネタバレ68話の感想

ビビアンも、タラン公爵も、お互いに自分が悪いと責めている様子。

お互いに悪いと思いながらも、なかなか素直になることが出来ず、今でも平行線です。

 

しかし、ビビアンの笑顔を見たタラン公爵は、ついに自分の気持ちに気づくようです。

自分の気持ちに気づき、素直になったところで、ビビアンにどんな言葉をかけるのでしょうか。

 

素直な気持ちを伝えることは出来るのでしょうか。

また、ビビアンもタラン公爵の気持ちを受け止め、素直になることが出来るでしょうか。

ビビアンが見せた笑顔が、仲直りのきっかけとなったらいいなと思います。

 

寂しい目をしながらも、ビビアンはタラン公爵に合えたのは嬉しかったと思います。

頑張って話しかけたようにも思いますね。

少しずつ、素直になって行けば、歩み寄ることが出来るのかなと思いました。

ルシアネタバレ68話最新話!本当の気持ちのまとめ

今回は「ルシア」68話のネタバレと感想をご紹介しました!

ビビアンとのやり取りを思い返し、考えながら歩いていると、いつの間にか庭園につきます。

そこでタラン公爵はビビアンと遭遇するのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!