ルシア

ルシアネタバレ9話最新話と感想!ビビアンの素性

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「ルシア」9話のネタバレと感想をまとめてみました!

たった一人王宮の奥で侍女として暮らす、忘れ去られた王女・ビビアンの物語です。

結婚を決意したタラン公爵は、ビビアンの素性を調べ始めますが…?

それでは、「ルシア」9話のネタバレと感想を紹介します!

ルシアネタバレ9話最新話と感想!ビビアンの素性

ファビアンとジェローム

夜遅くに、タラン公爵の家臣の一人・ファビアンが公爵邸に戻ってきました。

屋敷から出てきた同じく家臣のジェロームに、公爵は起きているかと聞きます。

彼は、公爵に頼まれていたことを報告したい様です。

 

タラン公爵はファルコン伯爵夫人に会いに行っている、とジェロームが言いました。

ファビアンはファルコン伯爵夫人を良く思っていない様子で、二人の関係が一年以上も続いていることに憤っています。

公爵に催促されている急ぎの報告だからと、ファビアンはどうしても今から公爵のところへ行く、と言っています。

ファルコン伯爵夫人との関係

ファルコン伯爵夫人の部屋。

タラン公爵がファルコン伯爵夫人とベッドの上で話をしています。

ファルコン伯爵夫人が公爵に、何か情報を提供している様です。

 

そこに、ジェロームがやってきました。

何か報告があるというファビアンが屋敷で待っている、と伝えると、タラン公爵はすぐに帰ると言い準備を始めます。

 

名残惜しそうなファルコン伯爵夫人でしたが、公爵の背中にそっと手を添えて、自分はしばらく留守にする、と告げました。

馬車に乗って帰っていくタラン公爵を見つめて、ファルコン伯爵夫人は何としてでも彼のことが欲しい、とつぶやくのでした。

ファビアンの報告

屋敷に帰ったタラン公爵は、ファビアンから報告を受けます。

彼はファビアンに、ビビアンについての情報を集めるよう命じていたのでした。

 

彼女が本当に王女であること、週に一度お城を抜け出して街に出ていること。

タラン公爵は報告書を読み、王女であること以外確実な情報がない、とファビアンに釘を刺します。

 

そして、ビビアンの次の外出の日をねらって、ビビアンを自分のところへ連れてくるようファビアンに命じたのでした。

ルシアネタバレ9話感想!

ファルコン伯爵夫人、ものすごい色気の持ち主ですが、何者なんでしょうか。

タラン公爵に何か情報を渡しているところを見ると、ただの恋人というわけではない様です。

何らかの取引があって、会っているのでしょう。

 

タラン公爵としては情報のための割り切った関係といった感じですが、ファルコン伯爵夫人は公爵にメロメロな様子ですね!

きれいな人ですが、召使いへの態度を見るとなんだかとても気性の激しそうな女性です。

彼女にビビアンの存在を知られたらどんな目に合わされるか…と今からハラハラしてしまいます!

 

前回結婚を決めたはずのタラン公爵でしたが、ビビアンのことを慎重に調べています。

このまま上手くいって結婚成立となるのか…次回が楽しみです!

ルシアネタバレ9話最新話と感想!ビビアンの素性

今回は「ルシア」9話のネタバレと感想を紹介しました!

第9話は、タラン公爵がビビアンの身分や身辺を調査する、というお話でした。

新たにファルコン伯爵夫人という女性も出てきました。

彼女がどう二人の関係にからんでくるのか、そして契約結婚は成立するのか、続きがとても気になります!

スポンサーリンク

error: Content is protected !!