もう一度、光の中へ39話最新話ネタバレと感想!水の精霊使いアシュリー

もう一度、光の中へ

「ピッコマ」連載漫画の「もう一度、光の中へ」39話のネタバレと感想をまとめてみました!

アシュリーは水の下級精霊を従えていますが、アイシャから見ると様子が何だかおかしいようです。

もう一度、光の中へ39話のネタバレと感想を紹介していきます!

⇒もう一度、光の中へネタバレ一覧へと結末予想ページへ 

もう一度、光の中へ39話最新話ネタバレと感想!水の精霊使いアシュリー

アシュリー・ローランについて

舞踏会場の扉を開き、精霊使いの姿を確認するアイシャ。

その精霊使いはマリアンヌではありませんでした。

ローズは、彼女の名はアシュリー・ローランと言いました。

 

アイシャが精霊使いといことが帝国に広がった後に、貴族令嬢たちの間で精霊術の会を通じて、精霊の力があるか確認してみるのが流行していたようです。

ローズとクロエも少し前、アシュリーと同じ会に参加していました。

その時、講師として招聘された魔法使いが、アシュリーに素質があると声をかけたのです。

少し前までアシュリーは精霊召喚に成功するような人ではなかったのに、急に精霊を従えていることに、ローズは疑問を抱いていました。

 

アイシャは自分が帝国唯一の精霊使いだということが広まった後に、魔法使いを招聘した精霊術の会が作られていたことを想像もしていません。

それに、マリアンヌがこんなに目立つことをするはずがないと思い、マリアンヌではないかと警戒した自分に対して呆れるアイシャでした。

アイシャの疑問

周りの方達はアシュリーが水を操っている様子の綺麗さに見惚れています。

アシュリーが従えている精霊は、水の下級精霊ナーイアスといいます。

アイシャはアシュリーに対して疑問を抱きました。

 

アシュリーはなぜ皇女のフリをしているのでしょうか?

それにローズの話の通りなら、短期間に親和力と魔力を育てたことになりますが、そんなことが可能なのでしょうか?

そしてアイシャはアシュリーに違和感を覚えます。

アイシャはローズとクロエに、アシュリーに変な点はなかったか訊きました。

 

しかし、二人はいつもと同じだったと答えます。

アシュリーとは二人とも、とても親しい友達だからいつもと違う点があったら気付いたはずだと言いました。

その話を聞いても、アイシャはアシュリーに違和感を感じます。

アイシャは違和感の解明のため、誰かに見られないよう心の声でルーを呼び出しました。

アーティファクト

アイシャの呼びかけにルーが現れます。

アシュリーに得体の知れない違和感を感じると説明すると、ルーはアシュリーをジッと見ます。

するとルーは、アシュリーはアーティファクトを使っていると気付き、アイシャに伝えました。

 

アーティファクトと言えば、一時的に力を増幅させる魔法アイテムであると、アイシャは知っていました。

ルーから見て、アシュリーは親和力は悪くなく、不足している魔力だけアーティファクトを通して引き上げたようです。

アシュリーが持っている本当の力ではないから違和感を感じたのだとアイシャは理解しました。

 

しかしアーティファクトは使用者の否定的な感情にすぐ反応する上に生命力を担保にするため、使い方を間違えると命を失いかねないので禁止されたアイテムです。

さらに二つの短所があり、使用者を暴走させることもあるので魔法使いの間でもあまり良い認識はありません。

そしてエルミール帝国では魔法使いがあまりいないので、簡単に手に入れられる物でもありません。

一体どこから出たのもなのか、アイシャは辺りを探すようにキョロキョロと見渡しました。

夢の少年

辺りを見渡すと、アイシャ目に金髪の少年が入りました。

以前アイシャが見た夢の中に出ていた人に似ています。

その少年にもアイシャは疑問に思います。

黒い光

ここでアシュリーは水を操るのをやめました。

見ていた観衆は残念そうにしています。

アシュリーは私も残念だけど精霊には休憩が必要だと説明します。

アシュリーはナーイアスと共に休憩に行くと言い、その場を後にしようとしました。

 

アイシャはアシュリーについて行くことにします。

その時、アシュリーが身につけているアーティファクトから黒い光が出ていることにアイシャは気付きました。

もう一度、光の中へ39話感想

アイシャが精霊使いということで、きっと自分にも精霊使いの力はないかとアイシャに憧れた少女達が多いのでしょう。

アイシャをきっかけに精霊術の会なんてものが発足されていました。

アシュリーも元はローズやクロエと同じ、普通の少女です。

普通の少女だったのに、急に自分も精霊使いになれたことで、アシュリーは喜びを感じていると思います。

 

しかし、アーティファクトという禁忌のアイテムが使われています。

アシュリーはこのアイテムの詳細を知っているのでしょうか。

アシュリーはアイテムの危険さを知っていながらも使っているのか、それとも危険さを知らされずに誰かから使用を勧められたのかは分かりません。

現にアーティファクトから黒い光が出ているので、悪いことが起きないか心配です。

 

アシュリーはなぜ皇女のフリをしているのかも疑問です。

ただ単に皇女に憧れていただけなら可愛い理由かもしれません。

誰かが悪い目的を持っていてアシュリーを利用しているとしたら、アシュリーが可哀想です。

イデンベル帝国では魔法使いが多いようなので、イデンベル帝国からの刺客ではないかと心配です。

 

また、途中でアイシャの夢に出て来た少年まで登場しました。

今回のお話は疑問な要素が多く、今後の展開がとても気になります。

もう一度、光の中へ39話最新話ネタバレと感想!水の精霊使いアシュリーまとめ

今回は「もう一度、光の中へ」最新話39話のネタバレと感想を紹介しました!

アーティファクトからの黒い光は何を意味しているでしょうか、続きがとても気になります!

⇒もう一度、光の中へネタバレ一覧へと結末予想ページへ 

error: Content is protected !!