もう一度、光の中へ7話最新話ネタバレと感想!宴の始まり

もう一度、光の中へ

「ピッコマ」連載漫画の「もう一度、光の中へ」7話のネタバレと感想をまとめてみました!

イデンベルの話で不穏になるアイシャですが、その後は穏やかに過ごされます。

もう一度、光の中へ7話のネタバレと感想を紹介していきます!

もう一度、光の中へ7話最新話ネタバレと感想!宴の始まり

不穏なアイシャ

皇后と皇后両親のイデンベルの話に不安が爆発したアイシャは、大声で泣き出してしまいます。

皇后はアイシャをあやし、皇后の父はアイシャに謝りました。

 

皇后の父が、とにかくイデンベルのせいだと言うとアイシャは頷きます。

アイシャの反応に、皇后も皇后の父も、アイシャはイデンベルが嫌いだと分かります。

アイシャは心の中で、イデンベルの人達はみんな嫌いだと思うのでした。

家族との一時

皇后はアイシャの機嫌を直すため、一生懸命あやしていました。

アイシャは自分が勝手にイデンベルと聞いて憂鬱になっただけなのに、なんだか申し訳ないと思います。

そこへ陛下とイシスが、皇后とアイシャに会いにやって来ました。

 

陛下と皇后は穏やかに会話します。

その傍ら、イシスはアイシャと歩く練習をしていました。

とても和やかな一時を過ごすエルミール家。

 

イシスはアイシャに、アイシャの為に準備している誕生日プレゼントがあると内緒話をします。

だけど何を用意しているかは誕生日まで秘密です。

プレゼントが気になるアイシャですが、誕生日まで待つことにしました。

宴の当日

ついに宴の初日になりました。

皇后もアイシャも、綺麗なドレスに身を包みます。

その姿はとても美しく、使用人たちが目を輝かせました。

 

皇后はアイシャに、窓から外の様子を見せます。

外もお祝いムード満載で、アイシャは驚きます。

国民のみんながアイシャを愛していると、皇后は言いました。

 

そこへイシスがやって来ました。

アイシャのドレス姿にイシスも興奮します。

イシスは宴の会場までアイシャを抱いて行きたいとお願いすると、皇后は快く了承しました。

 

会場に入る前、アイシャは緊張している様子です。

でもイシスからの声掛けに、アイシャはホッとして緊張の糸が切れます。

そしてアイシャとイシスと皇后は、会場内に入りました。

もう一度、光の中へ7話感想

イデンベルの話に、不安でアイシャは大泣きしてしまいました。

アイシャとして生まれてから、ここまで感情を出したのは初めてかもしれません。

感情は出さないと決めているアイシャも泣き出してしまうほど強いトラウマを抱えていて、とても可哀想に思いました。

アイシャの宴にはイデンベルから誰が来るか分からないですが、どうか何事もなく無事に宴が行われていってほしいです。

 

イデンベル家とは打って変わって、エルミール家はとても愛情に満ち足りています。

国民も一緒になってアイシャの誕生日をお祝いしています。

この宴をきっかけに、アイシャのトラウマが少しでも克服されるといいなと思いました。

そして心の扉も開き、家族と末永く幸せに暮らしてほしいです。

もう一度、光の中へ7話最新話ネタバレと感想!宴の始まりまとめ

今回は「もう一度、光の中へ」最新話7話のネタバレと感想を紹介しました!

ひと月も行われる宴は無事に遂行されるか、注目です!

error: Content is protected !!