もう一度、光の中へ74話最新話ネタバレと感想!アルミーニャの気持ち

もう一度、光の中へ

「ピッコマ」連載漫画の「もう一度、光の中へ」74話のネタバレと感想をまとめてみました!

アルミーニャは結婚に対する真剣な気持ちをアイシャに伝えます。

もう一度、光の中へ74話のネタバレと感想を紹介していきます!

⇒もう一度、光の中へネタバレ一覧へと結末予想ページへ

もう一度、光の中へ74話最新話ネタバレと感想!アルミーニャの気持ち

結婚は簡単ではない

外からパーティー会場内に戻ったアイシャとルーン。

アイシャはビオンに服を返すと、ビオンは赤面してその場を後にしました。

ビオンの様子を見たアルディエフは、自分もアルミーニャも、アイシャとイシスの心を射止めるのは予想よりも簡単ではないと感じます。

アルミーニャの交渉

後日、アルミーニャは朝からアイシャの元へやって来て、イシスとの縁談がうまくいくように手伝ってほしいと直談判します。

アルミーニャは、リオテン公国とエルミール帝国は友好的な関係を超え、政略結婚を媒介として正式な同盟を結び、お互いに頼れる味方となれば、大陸の覇者としてさらに名を広められると言いました。

アイシャは間違ってはないと思いつつ、どうしても相手がリオテンでなければならない理由が必要であること、単に国益だけではなくイシス個人の幸せまでの保証もほしいと答えます。

アルミーニャの言葉に、イシスに対する気持ちが全くないと、アイシャは指摘しました。

 

アイシャの言葉にアルミーニャは、自分の祖国や家族が歴史の中に消えてしまう危機に恋心まで抱く余裕はなかったと答えます。

しかしアルミーニャは、自分の全てを賭けられるほどこの結婚に本気であること、イシスとの結婚はリオテンを救う唯一の希望なのだと言いました。

すぐにイシスを幸せにできるとは断言できないけど、努力してイシスの幸せを最優先できる人間になるから、身勝手ではあるけど今は祖国を愛するこの気持ちではだめでしょうかと、アルミーニャは必死に訴えかけます。

事情を理解するアイシャ

アイシャはアルミーニャの必死さは、愛するものを守るためなのだと理解します。

その上でアイシャは、結婚の選択はイシスにあるから自分にできることは何もないと答えました。

だけどイシスの理想像を教えることはできるとアイシャは言うと、アルミーニャはとても嬉しそうにします。

しかしイシスの高すぎる理想像を聞いたアルミーニャは、すっかり意気消沈してしまいました。

 

アイシャは、イシスの心を掴みたければ今のように無理に押し付けるのはむしろ逆効果であると伝え、今から一緒にイシスの理想像を作ってみようかと提案します。

もう一度、光の中へ74話感想

アルディエフもアルミーニャも、アイシャとイシスの心を射止めるのに苦戦しています。

そしてアルミーニャは色仕掛けは通じないと思ったのか、アイシャに真剣な態度で協力を求めました。

アルミーニャの軽い人柄にアイシャは今まで引いていましたが、アルミーニャの祖国や家族を守りたいという気持ちは本気でした。

色仕掛けや、グイグイと押してくる態度を出すより、初めから祖国を守りたいという気持ちを打ち明けて真面目な態度でいた方が、好感度はもっとよかっただろうと思います。

 

アルミーニャの気持ちをアイシャは理解しましたが、アルミーニャはイシスを想う気持ちが見られないということを指摘しました。

大好きな兄には、国の利益だけの結婚ではなく、お互いを思いやれる人と幸せな結婚をしてほしいと思うのは当然でしょう。

アルミーニャもアイシャの言葉を聞いて、イシスを幸せにする努力をしていくと決心していました。

アルミーニャは悪い人ではないと思うので、この決心も嘘ではないと思います。

 

アイシャの気持ちも少し動いたのか、アルミーニャにイシスの理想像について教えて協力してくれました。

しかしイシスの理想像は高すぎるので、アルミーニャが理想像のようになれるのかは分かりません。

アルミーニャも自信がなさそうでした。

そんな中、アイシャはイシスの理想像を作ってみようと提案しました。

 

理想像を作るとは、どういったことをするのでしょうか。

イシスの理想像は母であるアイリス皇后そのものなので、アイリス皇后を見本にアイシャが色々と指導するのでしょうか。

もう一度、光の中へ74最新話ネタバレと感想!アルミーニャの気持ちまとめ

今回は「もう一度、光の中へ」最新話74話のネタバレと感想を紹介しました!

アルミーニャはイシスの理想像のような人物になれるのでしょうか、次回も楽しみです!

⇒もう一度、光の中へネタバレ一覧へと結末予想ページへ

error: Content is protected !!