幼馴染を暴君に育てましたネタバレ53話最新話と感想!もう気づかないフリはできなくて

幼馴染を暴君に育てました

「ピッコマ」連載漫画の「幼馴染を暴君に育てました」53話のネタバレと感想をまとめてみました!

ジェイドから愛の告白をされたビチェは、突然の出来事に困惑します。

「ピッコマ」連載漫画の「幼馴染を暴君に育てました」53話のネタバレと感想を紹介していきます!

⇒幼馴染を暴君に育てましたネタバレ一覧へ 

幼馴染を暴君に育てましたネタバレ53話最新話と感想!もう気づかないフリはできなくて

ビチェが知らないジェイド

ジェイドにキスを迫られ、ビチェは緊張のあまり固く目を瞑りました。

そんなビチェの様子を見て、ジェイドは少し満足げな表情を浮かべます。

なぜならそれは、ビチェにとってもジェイドが家族以上の存在であるという証拠です。

 

ジェイドが成長し大人の男性になったと、ビチェは意識せずにはいられませんでした。

しかしジェイドはそれ以上、ビチェに何かを要求することはなかったのです。

逃走

翌朝、ビチェを心配したセシリアが部屋を訪ねてきました。

セシリアは、昨日の襲撃事件のことに責任を感じていたのです。

ビチェは落ち込むセシリア励まし、散歩へと誘いました。

 

しかし庭園へ向かう途中、偶然にもビチェはジェイドと鉢合わせします。

昨夜のことで気まずいビチェは、セシリアを連れてジェイドの前から逃げ出してしまいました。

避けたかった最悪の事態

ビチェの様子を見たセシリアは、ジェイドとの間に何かあったと確信します。

一方ビチェは、ジェイドから告白されたことを思い返して苦悩していました。

 

ジェイドがセシリアと結ばれなければ、皇家の呪いを解くことはできないからです。

このままでは自分の存在がジェイドの妨げになると、ビチェは懸念していました。

幼馴染を暴君に育てましたネタバレ53話感想

今回は、ジェイドの告白に思い悩むビチェの様子が描かれました。

やはりビチェは、ジェイドの想いには気づいていたのですね。

それでもあえて気づかないふりをしていたのは、セシリアの存在が大きかったようです。

 

しかしその根底は、あくまでジェイドを思ってのことでした。

確かにビチェとジェイドが結ばれても、皇家の呪いは解決しません。

ビチェにとって最も悩ましいのは、そのことだったのですね。

ただ今のところ、ジェイドが呪いの発作で苦しんでいる様子は見られません。

 

今回ビチェは、「自分がジェイドの呪いを解く妨げになってしまう」と考えていましたね。

これを見たとき、不安を感じずにはいられませんでした。

このままではまた、ビチェが自分の命を投げ打ってしまう可能性があります。

そうなる前に、皇家の呪いに対策ができることを望まずにはいられません。

カプメール大公とセシリアの力で、なんとかならないのでしょうか。

 

また最後に出てきたのは、ターラント帝国と友好関係にある国家のようです。

この雰囲気、前話でビチェを助けてくれた剣士に通じるものがありますよね。

ビチェと剣士が再会する日も、そう遠くないのかもしれません。

そのときジェイドがどのような反応をするのか、楽しみな反面少し恐怖です。

幼馴染を暴君に育てましたネタバレ53話最新話と感想!もう気づかないフリはできなくて

今回は「幼馴染を暴君に育てました」最新話53話のネタバレと感想を紹介しました!

ジェイドに告白されたビチェは、もう子供の頃のようにはいられないことを痛感します。

しかしこのままではジェイドの呪いが解けないことを、ビチェは危惧していました。

⇒幼馴染を暴君に育てましたネタバレ一覧へ 

error: Content is protected !!