幼馴染を暴君に育てましたのネタバレと感想を最新話まで更新中

幼馴染を暴君に育てました

スポンサーリンク

ピッコマで連載中の「幼馴染を暴君に育てました」のネタバレを1話~結末まで最新話更新中です!

「幼馴染を暴君に育てました」のネタバレあらすじを1話~結末まで一緒に楽しみましょう♪

「幼馴染を暴君に育てました」のネタバレ結末については韓国で最終話まで更新されたら反映する予定です。

また、「幼馴染を暴君に育てました」の結末予想も楽しんでみましょう!

「日本語版までしか読みたくない」という方は、日本語で出ている話までの確認を推奨します!

幼馴染を暴君に育てましたのネタバレを結末まで最新話を随時更新!

1話 2話 3話
4話 5話 6話
7話 8話 9話
10話 11話 12話
13話 14話 15話
16話 17話 18話
19話 20話 21話
22話 23話 24話
25話 26話 27話
28話 29話 30話
31話 32話 33話
34話 35話 36話
37話 38話 39話
40話 41話 42話
43話 44話 45話
46話 47話 48話
49話 50話

幼馴染を暴君に育てましたのあらすじ

主人公はある日突然小説「暴君を教化した聖女」の世界へ飛ばされ、登場人物の1人「ビチェ」になってしまいます。

元の世界へ帰るには、この世界を原作の通りに進めること。

そう信じたビチェは運命を受け入れ、処刑されてしまいます。

 

しかし次に目が覚めたとき、そこはまだ小説の世界でした。

なんとビチェが10歳の時に戻っていたのです。

何を間違えたのか考えた末、ビチェは今度こそジェイドを立派な暴君にすると決意します。

幼馴染を暴君に育てましたの登場人物

ビチェ・アメリアン

この物語の主人公。

原作小説「暴君を教化した聖女」では、物語の序盤に退場するエキストラキャラクターだった。

アメリアン侯爵家の令嬢だが、その精神は現代日本でOLをしていた30代の女性。

 

元の世界へ戻るため原作通りに処刑されたが、10歳時のビチェに戻ってしまう。

ビチェとしては2回目の人生となるため心に余裕ができ、精神的に強く明るくなった。

ジェイドを将来暴君にすべく様々な手段を用いるが、全て失敗している。

ジェイド

ビチェの幼馴染。

心優しい性格で、ビチェのことを大切に思っている。

 

実はターラント帝国の皇太子だが、複雑な事情により幼少期に皇家から捨てられた。

そのため身分を隠し、表向きはビチェのいとことして邸宅で一緒に暮らす。

原作小説「暴君を教化した聖女」では暴君となるが、聖女セシリアと幸せな結末を迎える。

ザフリー・ルイチェルサ

ビチェの母方のいとこで、ベンジャミンの双子の兄。

明るく活発な性格で、ビチェとケンカすることが多い。

最初はジェイドに反発していたが、後に文通するほど親しくなった。

ベンジャミン・ルイチェルサ

ビチェの母方のいとこで、ザフリーの双子の弟。

兄とは反対に、控えめで穏やかな性格。

ジェイドがビチェに向ける思いの正体に気付いている。

プリーチェ・アメリアン侯爵(ビチェの父)

ターラント帝国の侯爵貴族。

皇家から捨てられたジェイドを保護し、本当の家族のように思っている。

ビチェが15歳のとき馬車の事故に巻き込まれ、帰らぬ人となってしまう。

ソフィア

アメリアン邸宅の使用人の女性。

ビチェが生まれる前から仕えている。

母親がいないビチェにとって、母代わりや姉のような存在。

ルイス

アメリアン邸宅の執事。

非常に有能で、主人から絶大な信頼を寄せらている。

ジェイドの正体を知る数少ない人物。

フェリックス・ペルシア

ターラント帝国の公爵貴族。

かつてビチェを処刑したペルシア公爵の長子。

目上には媚びへつらい、見下には馬鹿にした態度を取る。

カメル・ジェレイス・ターラント

ターラント帝国の皇太子。

ジェイドと4歳違いの異母兄。

原作小説「暴君を教化した聖女」では、暴君となったジェイドに粛清される。

カプメール大公

ターラント帝国皇帝の皇族。

現皇帝の弟で、ジェイドにとっては叔父にあたる。

皇家の魔法を使っても、狂気の呪いに飲まれず正気を保っている唯一の人物。

放浪癖があるため常に居場所が不明で、世間では変人扱いされている。

ミシェル司祭

イオシス神殿の最高位司祭。

優れた聖力を持つ人格者で、若くして時期法王との呼び声が高い。

原作小説「暴君を教化した聖女」では後に法王となり、暴君となったジェイドと敵対してしまう。

セシリア・ダンキン

イオシス神殿の聖女。

北部にある小さな村チェシビルの出身で、もともとは平民だった。

しかし前例にないほど強力な聖力の持ち主であることが判明し、聖女として崇められるようになる。

ビチェとは趣味友達で、非常に仲が良い。

原作小説「暴君を教化した聖女」のヒロインで、作中ではジェイドの呪いを解くことができる唯一の存在。

幼馴染を暴君に育てましたの結末を大胆予想!

幼馴染を暴君に育てましたの結末ですが、ビチェはこの世界に残ると予想します。

そしてジェイドと結ばれ、幸せに暮らすというエンディングです。

現時点ではビチェにとって、ジェイドは大切な存在ですが恋愛対象ではありません。

しかしビチェの心にも変化があり、少しずつジェイドを異性として意識するようになってきました。

ビチェが自覚すれば、ジェイドの想いに応える可能性はあると思います。

 

また幼馴染を暴君に育てましたの結末予想で気になることは、ジェイドが抱える問題です。

ジェイドは既に魔法を習得しており、長い間皇家の呪いに苦しんでいることがわかりました。

そのためいつ命を落とすかわからないという、とても危険な状態です。

原作ではセシリアが呪いを解きますが、今はジェイドとの関係は良くありません。

ジェイドがこのまま狂気に飲まれてしまう、ということも考えられるでしょう。

しかしそんな展開は、ビチェが許さないのではないでしょうか。

 

ジェイドにとって大切なのはビチェであり、絶対に失いたくないと胸の内を明かしています。

そしてその言葉通り、ジェイドはビチェの運命を変えることに成功しました。

もう原作の流れとは、大きく異なってきています。

そのためビチェが元の世界へ戻るというのは、とても難しいでしょう。

ビチェはこの世界に愛着があることからも、留まる可能性は高いと思います。

 

お互いの幸せを願うビチェとジェイド、両者が幸せになる終わり方になればいいと思います。

以上、幼馴染を暴君に育てましたの結末予想でした。

幼馴染を暴君に育てましたの原作や作品情報

幼馴染を暴君に育てましたの原作や作品情報です!

漫画タイトル 幼馴染を暴君に育てました
配信サイト ピッコマ
配信日 毎週火曜日(ピッコマ)
出版 ROK MEDIA
原作の作者 Rang Chae

 

error: Content is protected !!