幼馴染を暴君に育てましたネタバレ56話最新話と感想!ビチェとジェイドの心臓の痛み

幼馴染を暴君に育てました

「ピッコマ」連載漫画の「幼馴染を暴君に育てました」56話のネタバレと感想をまとめてみました!

複雑な思いを抱き歓迎パーティーから帰ろうとしたビチェは、その途中でジェイドと遭遇します。

「ピッコマ」連載漫画の「幼馴染を暴君に育てました」56話のネタバレと感想を紹介していきます!

⇒幼馴染を暴君に育てましたネタバレ一覧へ 

幼馴染を暴君に育てましたネタバレ56話最新話と感想!ビチェとジェイドの心臓の痛み

暴走する皇家の呪い

セシリアのエスコートを終えたジェイドは、パーティー会場を出ていこうとするビチェを見かけました。

ビチェを探すために、ジェイドは1人で外へ散策に出ます。

しかし突然ジェイドの頭の中に声が響き、心臓が痛みだしたのです。

ジェイドは呼吸を整えようと、近場のベンチに腰掛けました。

ちょうどそのとき、偶然通りがかったビチェと遭遇したのです。

心の痛みの理由

1人で苦しみに耐えるジェイドを見て、ビチェは激しく動揺します。

ジェイドはセシリアの傍にいるべきだと、ビチェは頭ではわかっていました。

しかしビチェは、なぜかそれを心から望むことができなかったのです。

そしてジェイドが望んだのは、ビチェの傍にいることでした。

 

しばらくしてジェイドの容態が安定し、ビチェは部屋へ戻ろうとします。

そのときジェイドは、ビチェに「綺麗だ」と賞賛の言葉を贈りました。

それを聞いたビチェは、自分の心臓が痛いほど脈打つのを感じます。

異国の王女の来訪

翌日ビチェは、皇宮から出る準備を始めました。

皇宮でのセシリアの立場は確立されれば、もうビチェが留まる必要はありません。

またこのままでは、自分の心臓が持たないとビチェは感じていたのです。

 

そんなとき、ビチェの元に来客の報せが届きます。

やってきたのは、ネルパサ王国の王女でした。

実はこの展開は原作に沿ったもので、それを聞いたビチェは不安を感じます。

ビチェは自分が取るべき行動を考えた結果、部屋に篭ることにしました。

幼馴染を暴君に育てましたネタバレ56話感想

今回は、歓迎パーティーでのジェイドの様子が描かれました。

やはり皇家の呪いは、ジェイドを着実に蝕んでいたようです。

 

以前ジェイドは、呪いは解けていないが制御できると言っていました。

ジェイドと皇家の呪いは、意思のやり取りができてそうですよ。

気になるのは「もうすぐだぞ」というセリフ、これは何を意味するのでしょうか。

もしかすると、ジェイドに残された時間は僅かなのかもしれません。

 

ビチェは皇宮を出ていこうとしてますが、どうやらまだ留まることになりそうです。

ネルパサの王女というのは、原作ではセシリアの恋敵だったのですね。

それが今世ではどうなるのか、非常に気になります。

普通に考えれば、やはりビチェの恋敵となるのでしょうか。

いまだジェイドに告白の返事をしていないビチェを、後押しするかもしれませんね。

幼馴染を暴君に育てましたネタバレ56話最新話と感想!ビチェとジェイドの心臓の痛み

今回は「幼馴染を暴君に育てました」最新話56話のネタバレと感想を紹介しました!

歓迎パーティーでビチェは、心臓に大きな痛みを抱えることとなりました。

翌日ネルパサの王女の来訪を聞き、ビチェは一抹の不安を感じます。

⇒幼馴染を暴君に育てましたネタバレ一覧へ 

error: Content is protected !!