幼馴染を暴君に育てましたネタバレ55話最新話と感想!素直に喜べない気持ち

幼馴染を暴君に育てました

「ピッコマ」連載漫画の「幼馴染を暴君に育てました」55話のネタバレと感想をまとめてみました!

ビチェはジェイドの望みを聞き入れ、もうジェイドを避けるようなことはしないと約束します。

「ピッコマ」連載漫画の「幼馴染を暴君に育てました」55話のネタバレと感想を紹介していきます!

⇒幼馴染を暴君に育てましたネタバレ一覧へ

幼馴染を暴君に育てましたネタバレ55話最新話と感想!素直に喜べない気持ち

歓迎パーティー開催

聖女の歓迎パーティーが始まり、皇宮には多くの参加者が来訪し賑わっていました。

支度を進めるビチェの元に、正装に身を包んだザフリーがやって来ます。

ザフリーは、自分がビチェのエスコート役であることに納得がいかない様子でした。

それはジェイドの役目であると、ザフリーは考えていたからです。

 

しかしビチェは、ジェイドはセシリアをエスコートすべきだと主張しました。

それを聞いたザフリーは、思わずジェイドに同情します。

程なくして、ビチェの準備が完了しました。

ビチェはザフリーにエスコートされ、パーティー会場へ向かいます。

お似合いの皇帝と聖女

パーティー会場でミシェル司祭と遭遇し、ビチェは挨拶を交わしました。

先日の事件を警戒し、神殿はセシリアの護衛に司祭達を派遣したことがわかります。

そのためザフリーは、居た堪れない気持ちになっていました。

 

申し訳なさを感じたビチェは、ザフリーに謝罪します。

そのとき会場に、ジェイドとセシリアが登場しました。

セシリアを笑顔でエスコートするジェイドを見て、ビチェは複雑な気持ちを抱きます。

ジェイドの策略

なぜジェイドがエスコート役なのか、セシリアは疑念を抱いていました。

ジェイドの想いがビチェへ向いていることは、明らかだったからです。

そこでジェイドは、ビチェの感情を揺さぶるためセシリアに協力を要請します。

 

一方ジェイドとセシリアを見送ったビチェは、どこか上の空でした。

もう帰るようザフリーに促され、ビチェは早々にパーティー会場を後にします。

部屋に戻ろうとするビチェですが、その途中でジェイドと遭遇しました。

幼馴染を暴君に育てましたネタバレ55話感想

今回は、皇宮での歓迎パーティーの様子が描かれました。

久々に登場したザフリーですが、正装姿が素敵でしたね。

しかし直属の上司であるミシェル司祭や同僚たちは仕事という、とても気まずい状況です。

これには思わず、ザフリーに同情してしまいました。

 

そしてビチェは、ジェイドとセシリアのペアに思う所があるようです。

ビチェ自身が望んだ展開のはずが、全く嬉しそうではありませんでした。

やはり僅かながらも、嫉妬心のようなものがあったのでしょうか。

だとしたら、ビチェにとって一歩前進だと思います。

 

一方ジェイドは、ついにセシリアに協力を要請しました。

これに対しセシリアは、どう対応するのか気になるところです。

ビチェを後押ししたい気持ちはあれど、ジェイドの要求に素直に応じるかは疑問ですね。

 

また今回、ジェイドの言葉で気になる所がありました。

ビチェがジェイドを愛さないはずがない、というのはどういう意味なのでしょう。

ジェイドがそう確信しているのは、何か理由があるのでしょうか。

次回はパーティー会場の外で遭遇したビチェとジェイドが、どんな進展を見せてくれるのか楽しみです。

幼馴染を暴君に育てましたネタバレ55話最新話と感想!素直に喜べない気持ち

今回は「幼馴染を暴君に育てました」最新話55話のネタバレと感想を紹介しました!

歓迎パーティーが始まり、ビチェはザフリーと共に会場へと向かいました。

しかしセシリアをエスコートするジェイドを目にし、ビチェは複雑な想いを抱きます。

⇒幼馴染を暴君に育てましたネタバレ一覧へ

error: Content is protected !!