お父さん、私この結婚イヤです!

お父さん、私この結婚イヤです!33話ネタバレ最新話と感想!契約恋愛のはじめの一歩

「ピッコマ」連載漫画の「お父さん、私この結婚イヤです!」33話ネタバレと感想をまとめてみました!

マクスミリアンから契約恋愛の返事を聞いたジュベリアンですが、どんな反応をするのでしょうか。

それでは、「お父さん、私この結婚イヤです!」33話ネタバレと感想を書いていきます!

お父さん、私この結婚イヤです!33話ネタバレ最新話と感想!契約恋愛のはじめの一歩

契約恋愛を決めた理由

ジュベリアンに助けてもらったマクスミリアンは、彼女に契約恋愛をすることを承諾しました。

突然告げられたジュベリアンは大慌て!

なんせマクスミリアンは広場の真ん中で、ジュベリアンにこんな大切な話をしたものですから、ジュベリアンは慌てて彼の口を手で覆いました。

 

そんな二人の光景をみた人たちは、ジュベリアンとマクスミリアンがただならぬ関係にあるのではないかと、噂し始めました

急いで二人は馬車の中へ移動。

 

ジュベリアンは、マクスミリアンになぜ契約恋愛をする気になったのか、聞きました。

マクスミリアンはジュベリアンから契約恋愛の話をされた時に、彼女から皇太子のことをドSの暴君と呼んだことがショックですぐに返事を伝えられなかったのです。

そのドS暴君がまさか自分だとは、まだ言えません。

 

ジュベリアンは答えてくれないマクスミリアンを不思議に思いましたが、彼女はなぜ商店街にマクスミリアンが来ていたのかと、違う質問をしました。

マクスミリアンは実は、ジュベリアンを探して商店街に来ていたのです。

 

それは、フレジアからジュベリアンが参加するお茶会にミハイルも参席するという情報を聞いたからでした。

ミハイルがお茶会で、ジュベリアンに何かする前に先手を打とうと考えたのです。

その結果、契約恋愛を始めてミハイルの入る隙を与えないようにしようとしたのでした。

決めたのは弟子だから

マクスミリアンはジュベリアンに、なぜ契約恋愛をする相手を自分にしたのか聞きました。

彼女からの返答を、緊張しながら待っているマクスミリアンにジュベリアンは言います。

 

それは、お父さんから認められた弟子であるから!

マクスミリアンは、そんな理由だけで決められたことにショックを受けました。

少しでも好意があるからだと、勘違いしていた自分にもショックだったようです。

 

ですがジュベリアンは、少し照れながら付け加えました。

その他の理由は、今彼女が知っている男性の中で一番親しい人だったから

 

その言葉を聞いたマクスミリアンは、それだけで十分なようです。

ニヤっと笑いながら、とても嬉しそうにしている彼を見たジュベリアンは、性格は悪いけどイケメンで理想の男性だと思っていました。

 

そしてジュベリアンは、契約恋愛の条件について話ます。

まず、お礼はいくらが良いのか。

これに対してマクスミリアンは、怖い表情で彼女を傷つけた借りを返すつもりだから礼はいらないと言ったのです。

 

この言葉に感動したジュベリアンは、マクスミリアンの手を握りながら感謝しました。

手を握られて恥ずかしいマクスミリアンは、はやく手を放すように言います。

ジュベリアンは、これから恋人同士のお芝居をするのだから、適当にやるなと怒りました。

 

これからは、手を握ったり腕を組んだりすることもあります。

ですがマクスミリアンは、まだ心の準備ができていないよう。

そんな時、ジュベリアンはまだお互いが名乗っていないことに気が付きました。

 

彼女が名乗ろうとすると、マクスミリアンはジュベリアンの名前を知っていました。

そしてジュベリアンは、以前お父さんからマクスと呼ばれているのを聞いていたので、マクスで合っているのか確かめました。

正体をまだ明かすわけにはいかないマクスミリアンは、マクスという名前で頷いたのです。

契約書の必要性

お互いの名前を確認すると、契約書を書こうと言い出したジュベリアン。

それにカチンときたマクスミリアンは、お礼はいらないと言ったのだから契約書なんて書く必要ないと言い張ります。

ですがジュベリアンは、契約したことには契約書を必ず書く必要があると説明しました。

 

契約内容について証明するものがなければ、勝手に相手を利用しても文句も言えないのだと。

さらには、悪いことをしておいて、全ての責任を押し付ける可能性もあるのだと話しました。

説明にマクスミリアンは、そんなことをジュベリアンはしないだろう、と言うのです。

 

今まで悪女として過ごしてきたジュベリアンは、全ての悪行を自分の仕業と誤解されて生きてきました。

死を目前にした時でさえ、誰も信用してくれなかったのに、マクスミリアンだけは自分を信じてくれている…。

マクスミリアンの言葉に驚き、そして嬉しく思いました。

お父さん、私この結婚イヤです!33話感想

マクスミリアンが契約恋愛を受け入れた事は、切ない気もしますが嬉しいですね!

ですがマクスミリアンも、まだ正体を明かす気はないようです。

 

名前を確認し合った時も、マクスで通してしまいましたからね。

契約恋愛が進んでいってから正体を知ったら、ジュベリアンはどうなってしまうのでしょうか。

 

ミハイルがお茶会に参加すると知ったマクスミリアンでしたが、ミハイルがお茶会に参加する理由は未練があるからだとフレジアは言いました。

それに怒ったマクスミリアンは、契約恋愛をしてミハイルがジュベリアンに手出しできないようにしたのです。

 

マクスミリアンは、ジュベリアンを守りたかったのですね!

嫉妬にも思えますが、お茶会がどうなるのかドキドキします。

 

そして、ジュベリアンが契約書の必要性を話したあとのマクスミリアンのセリフはカッコイイですね!

完全にジュベリアンを信じている発言です。

 

今まで信じてもらえなかった彼女にしたら、彼のこの言葉はとても嬉しかったはず。

ジュベリアンも、少しずつマクスミリアンに惹かれていくのでしょうか。

お父さん、私この結婚イヤです!33話ネタバレ最新話と感想!契約恋愛のはじめの一歩まとめ

今回は漫画「お父さん、私この結婚イヤです!」33話のネタバレと感想をご紹介しました。

ジュベリアンとマクスミリアンが契約恋愛を決めた理由について話しました。

そしてジュベリアンは、マクスミリアンが彼女のことを信用していると知り、感情が動き始めたのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!