緑陰の冠ネタバレ17話最新話と感想!ランが読み取った世界

緑陰の冠

「ピッコマ」連載漫画の「緑陰の冠」17話のネタバレと感想をまとめてみました!

ランは精神界で新たな精霊と会います。

その精霊は、「読む者」の意味を教えてくれました。

それでは「緑陰の冠」17話のネタバレと感想を紹介します!

⇒緑陰の冠ネタバレ一覧へ 

緑陰の冠ネタバレ17話最新話と感想!ランが読み取った世界

階級制度

ヒョウの精霊が翼を羽ばたかせると、あたりの霧が晴れました。

そして雲のようなふわふわのイスとテーブルを出してくれます。

 

精霊の世界では階級制度があり、その階級は変わることはありません。

トップの精霊王から最下級まで、ピラミッド型になっています。

 

このヒョウの精霊は最上級なのではと考えるラン。

小説についてどこまで書いたのかと聞かれ、ランは答えます。

世界を読む者

ここはランが創作した世界ではなく、すでに存在する世界をランが読み取ったのだと言いました。

世界を読む者のことを、預言者と呼ぶのだと言う精霊。

自分の書いた小説だと思っていたランは、残念に思います。

 

ではなぜ読み取った世界に来たのかと問いますが、それはわからないとのこと。

精霊にも世界の成り立ちにはわからないことがあるそうです。

しかし小説内のランと、元の世界の自分との繋がりが関係あるようだと言われました。

目覚め

精霊たちはランに会えたことを喜ぶと、次第に消えていきます。

そのまま意識を取り戻したランは、ベッドから落ちていることに気が付きました。

 

しかしそこは自室ではなく、公爵夫人の部屋。

生きていることに安堵していると、メイドが入ってきました。

 

何が起きたのかと問いますが、まずはユスタフに知らせようと言われます。

ユスタフは、ランが目を覚ますのをずっと待っていたのでした。

緑陰の冠ネタバレ17話感想

前話で出てきた「読む者」の意味がわかりましたね。

ランが創造した小説かと思いきや、元々存在していた異世界だったとのこと。

まさかと思うような、衝撃事実です。

 

ランは主人公ユスタフの境遇も、今後の展開も自分が考えたと思っていました。

でも実はこの世界の主人公がユスタフではないとしたら。

設定が異なっているのも、ランが知らない出来事があるのも納得ですね。

 

しかし、なぜ読み取った世界にランが来たのかは精霊にもわからない様子。

元の世界の名前もランだったことと、どちらの世界でも命を落としたことで偶然繋がったのかもしれません。

また、こちらの世界にあるラチアの扉の存在も関係があるようです。

 

精霊たちの用が済んだからと、一方的に精神界から戻されたラン。

意識を失っている間、一体なにが起きたのでしょう。

 

倒れたときは自室だったので、誰かが移動したということになります。

自室で寝られない事情があったのでしょうか?

ランの目覚めを待っていたユスタフなら全て知っていそうですね!

緑陰の冠17話最新話と感想!ランが読み取った世界まとめ

今回は「緑陰の冠」17話のネタバレと感想を紹介しました!

この世界は、元々存在していた世界をランが読み取り文章にしたものです。

衝撃の事実を抱えたまま、ランは目覚めることになりました。

⇒緑陰の冠ネタバレ一覧へ 

error: Content is protected !!