緑陰の冠ネタバレ25話最新話と感想!裏の世界のツテ

緑陰の冠

「ピッコマ」連載漫画の「緑陰の冠」25話のネタバレと感想をまとめてみました!

令嬢の状態をシムルフハだと断定したハレシュ。

それは病気ではありませんでした。

それでは「緑陰の冠」25話のネタバレと感想を紹介します! 

⇒緑陰の冠ネタバレ一覧へ 

緑陰の冠ネタバレ25話最新話と感想!裏の世界のツテ

原因

身体が弱いからと、薬を飲み続けていた令嬢。

人間が使う強い薬が身体に影響を及ぼしているとハレシュは言います。

身体に溜まった毒を抜き、薬の量を減らしていけば半年で治るとのこと。

 

病気ではなく、元気になれると聞いた令嬢は表情が明るくなります。

その姿を見たハレシュは、初めてニコリと笑いました。

 

ランに報酬の話をすると、窓から立ち去っていくハレシュ。

イルミニティ伯爵は娘の無事を喜び、抱きしめ合いました。

好意

ランと2人きりになった伯爵は、何を望んでいるのかと問います。

すると、伯爵からの好意を望んでいると言うラン。

ランの狙いは、伯爵がもつ裏のツテでした。

 

互いに腹の探り合いをする、緊迫した雰囲気に。

ランはどうしてもツテを使ってルミエの居場所を突き止めたかったのです。

ついに伯爵はランの申し出を受け入れ、忠義を尽くすことにしました。

ルミエへの想い

自分が考えた小説ではないとはいえ、登場人物の境遇を割り切れないラン。

ルミエが地下闘技場に送られてしまうとひどい目に遭うことを知っているからです。

その前には彼を救い出したい、とランは考えていました。

 

詳しい設定にしていなかったため、ルミエが今どこにいるのかはわかりません。

それでも見つかるようにとランは祈るように空を見上げました。

緑陰の冠ネタバレ25話感想

ハレシュの診断で、令嬢は病気ではないことがわかりましたね。

病弱な身体を強くしようと薬を飲ませ続けたのが悪かったようです。

その状態のことをエルフ語ではシムルフハと呼ぶのではないでしょうか。

 

自分は病気だと思っていた令嬢はとても喜んでいましたね。

ぶっきらぼうなハレシュですが、彼の優しい一面を見ることができました。

患者に真摯に向き合うあたり、信頼のできるエルフだと思います。

 

令嬢以上に喜んだのはイルミニティ伯爵であることに間違いないでしょう。

だからこそ、令嬢を助けてくれたランの頼みを受け入れたに違いないです。

 

ランの交渉は強引なものではなく、あくまでも相手の好意に頼るやり方でした。

伯爵自身に委ねて決定させることで、忠義を確かめたのかもしれません。

ただ、裏の世界のツテということは危険なことも起こりそうな予感です!

 

それでも助けたいと思うルミエとは、どんな人物なのでしょう。

奴隷として扱われているようなので粗暴な人物の可能性もあります。

ランの思惑どおり伯爵のツテで彼が見つかることを願うばかりですね。

緑陰の冠25話最新話と感想!裏の世界のツテまとめ

今回は「緑陰の冠」25話のネタバレと感想を紹介しました!

令嬢を助けた代わりにと、伯爵の好意に頼るラン。

イルミニティ伯爵がもつ裏のツテを使い、ルミエを探そうとします!

⇒緑陰の冠ネタバレ一覧へ 

error: Content is protected !!