緑陰の冠ネタバレ31話最新話と感想!酒に酔ったラン

緑陰の冠

「ピッコマ」連載漫画の「緑陰の冠」31話のネタバレと感想をまとめてみました!

ユスタフやブレインとダンスを楽しむラン。

お酒を飲みすぎたランは、テラスへと出ていきました。

それでは「緑陰の冠」31話のネタバレと感想を紹介します!  

⇒緑陰の冠ネタバレ一覧へ 

緑陰の冠ネタバレ31話最新話と感想!酒に酔ったラン

宴を満喫

足を踏まれながらもダンスを踊るブレイン。

ブレインは、護衛につけたロスの様子をランに聞きます。

生意気なところはありますが、ランはロスのことを認めていました。

 

ブレインとダンスを終え、会場の様子を見回るラン。

食事やお酒が進み、再び酔っ払ってしまいます。

それでもワインをごくごくと飲みながら、テラスへと出ていきました。

危機一髪

外は見渡すかぎり、雪景色。

その美しさに見惚れながら、ランは髪の毛を解きます。

そしてテラスの手すりへ腰をかけました。

 

ランはテラスに出てきたユスタフに声をかけます。

そのとき身体がぐらりとバランスを崩し、手すりから飛ばされそうに。

ユスタフは焦った顔を見せながらも、ランを抱えることができました。

酔っ払い

危機一髪だったにも関わらず、ヘラヘラと笑っています。

酔っ払ったランは、ユスタフに意地悪だと連呼します。

そして、彼のおでこにキスをしました。

 

驚くユスタフに構うことなく、ランは酔った勢いで絡み続けます。

思いやりを持って優しくして欲しいとユスタフに言うラン。

そんなランに、ラチアは好きかとユスタフは問いました。

緑陰の冠ネタバレ31話感想

お酒を飲んだランが、ユスタフに絡む場面が見られましたね!

ランは普段しっかりしている分、お酒に弱いところがあるようです。

 

雪景色のなか髪をほどいたランはとても美しく見えました。

きっと声をかけにきたユスタフもドキッとしたのではないでしょうか?

手すりから落ちそうになったときは、それ以上に驚いたとは思いますが…。

 

酔ったランはユスタフに絡み続け、おでこにキスまでも。

翌日になったら忘れているか、それとも覚えていて恥ずかしくなるか。

ランが忘れていたとしても、ユスタフは忘れることができないでしょう。

 

酔っているからこそ、ランの口から本音が出たような気がします。

ユスタフと距離があることを寂しく思っているのかもしれません。

だからこそ、優しくして欲しいと言ったように見えました。

 

ユスタフも、今ならランの口から本音が聞けると思ったのでしょう。

ユスタフにとっては何よりも大切なラチア。

そのラチアを、好きだとランに言ってほしいのかなと思いました。

緑陰の冠31話最新話と感想!酒に酔ったランまとめ

今回は「緑陰の冠」31話のネタバレと感想を紹介しました!

酔ってテラスから落ちそうになったランを、抱えたユスタフ。

酔っ払いのランは、ユスタフに絡み続けていました。

⇒緑陰の冠ネタバレ一覧へ 

error: Content is protected !!