緑陰の冠ネタバレ35話最新話と感想!皇太子と皇太子妃の登場

緑陰の冠

「ピッコマ」連載漫画の「緑陰の冠」35話のネタバレと感想をまとめてみました!

皇后陛下とのお茶会に現れたのは、皇太子妃。

ランは彼女と会うことに抵抗を感じていました。

それでは「緑陰の冠」35話のネタバレと感想を紹介します! 

⇒緑陰の冠ネタバレ一覧へ 

緑陰の冠ネタバレ35話最新話と感想!皇太子と皇太子妃の登場

オリビア登場

皇后は、お茶会の数時間前に皇太子妃オリビアと会っていました。

オリビアはミロ家の令嬢でしっかり者ですが、悩みのタネは息子である皇太子。

遊び人で、すでに別の女性との子供をもうけているのです。

 

夫の管理ができていないオリビアに、心の中で舌打ちをするカティア皇后。

オリビアはというと、夫がランに興味を示してることを聞きます。

どんな女なのかと自分の目で見極めようと考えたのでした。

疲れるお茶会

小説ではオリビアが皇太子を毒殺、さらにユスタフに惚れてしまい不幸が始まるのです。

話題はリベリーやエルフ、そしてキャメロン侯爵のことに及びました。

遠回しに調子にのるなと言われたランは、ラチア家のことを思います。

 

首都の邸宅正門にある、初代皇帝が贈った緑の翡翠できた緑のアーチ。

歴史あるラチア家と、ユスタフのことを考えるラン。

そして早くユスタフに会いたいと思いました。

遊び人皇太子

お茶会を終え、疲れ切った様子のランに声をかけるブレイン。

するとランの前に、皇太子が現れます。

金髪で青い目を持つ王子様らしいその見た目とは裏腹に、中身は遊び人。

 

顔をあげたランの顔を見て、不躾に彼女の容姿を褒めました。

談笑がしたいと申し出る皇太子を断れないラン。

少しならと、庭園を散歩することになってしまいました。

緑陰の冠ネタバレ35話感想

オリビアの登場で、一気に緊張感の高まったお茶会となりましたね。

どうやらカティア皇后はオリビアをよく思っていない様子。

妃なら、遊び人である夫を上手く管理して欲しいと考えているようですね。

 

また、2人の間にまだ子供がいないことも不満に見えました。

皇太子は外に子供をもうけているようですが、オリビアは気にしないのでしょうか?

小説では彼を毒殺したとのことなので、恨みを持っている可能性はあります。

 

ランがオリビアを避けたいのは、彼女がユスタフに好意を寄せるからとのこと。

なぜオリビアの好意が不幸の始まりなのか、気になりますね!

 

お茶会で疲れたところに、さらに疲れる相手である皇太子がやってきます。

ランの顔を見てニヤニヤとするあたり、品がないなと感じてしまいました。

 

妻であるオリビアに、ランを気になっていると話す皇太子。

オリビアは嫉妬しているようには見えませんが、気分の良い話ではないでしょう。

皇太子が暴走して、オリビアとランが敵対する展開になってしまうのでしょうか?

緑陰の冠35話最新話と感想!皇太子と皇太子妃の登場まとめ

今回は「緑陰の冠」35話のネタバレと感想を紹介しました!

オリビアも出席したお茶会でぐったり疲れてしまうラン。

しかしその後皇太子に誘われ、さらに疲れてしまいそうな予感です。

⇒緑陰の冠ネタバレ一覧へ 

error: Content is protected !!