緑陰の冠ネタバレ43話最新話と感想!ルミエの妹とは?

緑陰の冠

「ピッコマ」連載漫画の「緑陰の冠」43話のネタバレと感想をまとめてみました!

友人とピクニックをして息抜きができたラン。

しかし2人の来訪者によって、また慌ただしい日々が始まります。

それでは「緑陰の冠」43話のネタバレと感想を紹介します! 

⇒緑陰の冠ネタバレ一覧へ 

緑陰の冠ネタバレ43話最新話と感想!ルミエの妹とは?

2人の来訪者

まずランの元へ来訪したのはエルフのハレシュ。

ランはユスタフに誕生日プレゼントを贈ろうと、美しい剣を頼んでいました。

エルフが使う材料によって作られたその剣に、とても満足します。

 

2人目の来訪者は、手紙のやり取りをしていたイルミニティ伯爵。

親しみを込めて、ランはパートン卿と呼びます。

するとパートンは、なぜルミエを探しているのかと今更理由を聞いてきました。

ルミエの状態

ルミエの状態が悪いと察したランは、すでに不法闘技場で送られたのではないかと考えます。

彼は違法に取引をされ、かなりの額を稼いでいるとパートンは説明しました。

 

ルミエの解放を急ぐ理由は、人質に取られている病弱な妹がいるため。

ランが読み取った世界で、妹は看病されないまま亡くなってしまいます。

 

そして真実を知ったルミエが主の命を奪い、逃走してしまうことに。

まずは妹から先に助けたほうが良いとランは考えました。

抱えた問題

パートンが去った後、ランは今抱えている問題を一つずつ整理します。

皇太子の件は皇帝に頼もうと考えていると、ユスタフに話しかけられました。

 

伯爵となにを話していたのかと問われたものの、詳細は話せません。

ユスタフはすぐに諦め、これ以上ランを詮索することはありませんでした。

 

その後、緑影を使ってランの行動を報告させるユスタフ。

そこでランが奴隷を探していることが判明したのでした。

緑陰の冠ネタバレ43話感想

楽しい時間は終わり、またも忙しい毎日がやってきましたね。

どちらもラン個人的な仕事なので、ユスタフとは別行動の様子。

特に誕生日プレゼントのほうは、サプライズなので秘密にしておきたいことでしょう。

 

ランの元へと訪れたパートンは、直接ルミエの報告をしに来たようですね。

どうやらルミエの主は、彼を使ってかなり稼いでいるとのこと。

だからこそ、簡単にはルミエを購入できないと言いに来たのかもしれません。

 

ルミエを茶葉、そして妹を花と例えて話を進める2人。

ルミエはたった1人の肉親である妹を人質にされて、言いなりになっている状況でした。

 

しかも妹が亡くなったあとも事実を隠され、戦いに参加させられていたなんて…。

闘技場での時間が長くなればなるほど、妹もルミエも過酷な状態になるに違いないです。

ランが考えるように、一刻も早く妹を助け出す必要がありますね。

 

ユスタフはランの行動が気になりながらも、本人に問い詰めることはしないようです。

ただ、なぜ奴隷を探しているのか疑問がわいていることでしょう。

ルミエのことがきっかけで2人がすれ違ってしまわないといいですね。

緑陰の冠43話最新話と感想!ルミエの妹とは?まとめ

今回は「緑陰の冠」43話のネタバレと感想を紹介しました!

ルミエは見つかったものの、状態は良くないとのこと。

彼を解放するためにもまず妹から助け出そうとランは考えました。

⇒緑陰の冠ネタバレ一覧へ 

error: Content is protected !!