緑陰の冠ネタバレ51話最新話と感想!決闘の始まり

緑陰の冠

「ピッコマ」連載漫画の「緑陰の冠」51話のネタバレと感想をまとめてみました!

ユスタフはアカデミー時代の出来事を思い出します。

ランからの手紙を無視していると、ついに面会に来ました。

それでは「緑陰の冠」51話のネタバレと感想を紹介します! 

⇒緑陰の冠ネタバレ一覧へ 

緑陰の冠ネタバレ51話最新話と感想!決闘の始まり

ユスタフの拒絶

ランがアカデミーまで面会に来たものの、ユスタフは応じませんでした。

それでも何度も足を運ぶため、ついに少しだけ顔を見せたことがあります。

その時のランは、とても嬉しそうな表情をしていました。

夕食後

キリックス夫妻との楽しい夕食を終え、散歩をしている2人。

ユスタフはただの弟ではなく主人公だと、酔っ払ったランは言います。

その発言に戸惑いながらも、ユスタフはランを部屋へと送りました。

 

その後ブレインに会ったユスタフは、ランの護衛について話します。

優秀な護衛をつけるため、適任者はロスだということになりました。

決闘

皇太子宮ではついに決闘が始まることに。

オリビアと皇太子は決闘前にも関わらず険悪な雰囲気です。

ランが心配するなか、ユスタフは皇太子と向き合いました。

緑陰の冠ネタバレ51話感想

ユスタフのアカデミー時代の様子を少し知ることができましたね。

この頃のユスタフは、今ほどランに心を開いていませんでした。

むしろ、ランのことを良く思っていなかったに違いありません。

 

それを知りながらも距離を縮めようとしてきた健気なラン。

面会で顔を見れたときの嬉しそうな表情が印象的でしたね。

当時に比べたら、ランとユスタフはかなり親密な仲になってきたことでしょう。

 

それでもやはり鈍感なランは、ユスタフを主人公呼ばわりする始末。

しかしランにとっては最大限の褒め言葉なのかもしれないですね。

ランを守ろうと優秀な護衛をつけようとするあたり、確かに主人公らしいです。

 

そしてついに決闘の日が来てしまいました。

勝利を呼ぶハンカチを手首に巻くのが慣習のようです。

皇太子に手を振り払われたオリビアが笑顔だったのが逆に怖いですね…。

 

ランが心配している様子は、表情で分かりました。

正々堂々と闘えばユスタフが勝つこと間違いなしだと思います。

緑陰の冠51話最新話と感想!決闘の始まりまとめ

今回は「緑陰の冠」51話のネタバレと感想を紹介しました!

ついに始まった決闘。

ランの不安が晴れないなか、ユスタフと皇太子は向かい合います。

⇒緑陰の冠ネタバレ一覧へ 

error: Content is protected !!