緑陰の冠ネタバレ54話最新話と感想!2人きりのお茶会

緑陰の冠

「ピッコマ」連載漫画の「緑陰の冠」54話のネタバレと感想をまとめてみました!

雨のなか、メイドたちとお茶会を楽しむラン。

するとそこへやってきたのはユスタフでした。

それでは「緑陰の冠」54話のネタバレと感想を紹介します! 

⇒緑陰の冠ネタバレ一覧へ 

緑陰の冠ネタバレ54話最新話と感想!2人きりのお茶会

風情のあるお茶会

ランと一緒にお茶ができることを喜ぶメイドたち。

新しい制服の話など、会話が盛り上がります。

そのとき雨のなかユスタフがやってきました。

ユスタフの感情

全く雨に濡れていないランを見て、疑問をぶつけるユスタフ。

ロスが運んでくれたと聞き、鋭い目線を見せながらも労いの言葉をかけます。

 

メイドたちを下がらせるとランとユスタフは2人きりに。

なにか個人的な話があるのかと思うランでしたが、特に話したいことはない様子。

 

ユスタフは自分の感情を、水滴が落ちて穴があく岩に例えて話し始めます。

意味がわからず聞き返すラン。

しかしユスタフは満足そうに笑うだけでした。

手に入った花

強くなる雨を見て、まだラチアに帰れなさそうだと感じる2人。

ラチアが自分の全てであるユスタフは、早く帰りたいと言います。

その夜、花が手に入ったとランのもとに手紙が届きました。

緑陰の冠ネタバレ54話感想

ユスタフが用もなくランのもとに来るのは珍しいことでしたね!

なんとなくランと一緒に過ごしたいと思ったのかもしれません。

 

そしてロスに見せた少し冷たい表情が気になりました。

ランを抱えたということで嫉妬心を見せたのではないでしょうか。

背筋が凍る思いをしたロスも、ユスタフの感情に気付いた可能性があります。

 

もともとお喋りではないユスタフとの会話は、盛り上がっていなかったですね。

しかも、当主になるまでの関係、とランが言いそうになったことで気まずい雰囲気に。

 

ユスタフはいつの間にかランに対する感情が溢れてきたことを、岩と水滴で例えていました。

気付いたときに穴が開いているというのは、ランへの恋心を表しているのではと思います。

鈍いランには全く伝わっていませんでしたが、ユスタフはそれでも良さそうでしたね。

 

雨が上がれば2人でラチア帰ることになりそうです。

その前に、ルミエの妹の様子を見るためイルミニティ伯爵のもとへ訪ねることになるでしょう!

緑陰の冠54話最新話と感想!2人きりのお茶会まとめ

今回は「緑陰の冠」54話のネタバレと感想を紹介しました!

雨のなか、2人でゆっくり話ができたユスタフとラン。

そしてランのもとに花が手に入ったと手紙が届きます。

⇒緑陰の冠ネタバレ一覧へ 

error: Content is protected !!