緑陰の冠ネタバレ60話最新話と感想!ユスタフへの謝罪と感謝

緑陰の冠

「ピッコマ」連載漫画の「緑陰の冠」60話のネタバレと感想をまとめてみました!

ユスタフとランが言い合いをしてしまった翌日。

ルミエはリリーを前に、あることを考えていました。

それでは「緑陰の冠」60話のネタバレと感想を紹介します!  

⇒緑陰の冠ネタバレ一覧へ 

緑陰の冠ネタバレ60話最新話と感想!ユスタフへの謝罪と感謝

ルミエの考え

ルミエが闘技場で戦っていた理由は、リリーの病気を治すと騙されていたためでした。

何も望まない、と見返りを求めないランを信用できないルミエ。

きっと弟の暗殺をさせようとしているのではと考えます。

仲直り

目覚めたランは、身支度を整えてユスタフの部屋へ。

ユスタフの大切なラチアを無下にしたことを、ランは素直に謝罪しました。

そしてルミエたちを迎えてくれることを喜び、感謝します。

心配されること

ランの笑顔をみたユスタフは思わずちょっかいを出しました。

意外な行動に、ランも驚きます。

 

ユスタフが怒っていたのは、心配をかけたからだとようやく理解したラン。

自分を心配をしてくれる人がいることにランは喜びました。

緑陰の冠ネタバレ60話感想

騙されたまま命を賭けた闘いをしていたルミエ。

ルミエを利用してアルカはかなり儲けていたのでしょう。

騙されていた経験があるため簡単にはランを信じることができないようですね。

 

そしてランが望むこととは弟の暗殺だと考えた様子。

貴族の暗殺は重罪ですが、ルミエならやりかねません。

ランのことは、自分と妹を助けてくれた恩人だと思っていそうです。

 

その頃、風邪を引いたものの一晩たって気持ちが落ち着いたラン。

ちゃんとユスタフへ謝罪する律儀なところが彼女らしいですね。

ユスタフもすでに機嫌を直していたので良かったと思いました。

 

昨晩は興奮して白熱した口論となっていましたが、2人とも冷静になれたのでしょう。

ランは、ユスタフが心配してくれていたのだとようやく理解していました。

 

一時的にはすれ違ったものの、仲直りを果たせてひと安心です。

あとは無事にラチアへ戻るだけとなりましたね!

緑陰の冠60話最新話と感想!ユスタフへの謝罪と感謝まとめ

今回は「緑陰の冠」60話のネタバレと感想を紹介しました!

昨晩のことを謝罪し、仲直りをすることができた2人。

ユスタフが心配してくれることを喜ぶランでした。

⇒緑陰の冠ネタバレ一覧へ 

error: Content is protected !!