緑陰の冠ネタバレ97話最新話と感想!ユスタフとの甘い日常

緑陰の冠

「ピッコマ」連載漫画の「緑陰の冠」97話のネタバレと感想をまとめてみました!

ランはリゼにユスタフと交際が始まったことを話します。

ユスタフとの日常は、ランにとって驚きの日常で…?

それでは「緑陰の冠」97話のネタバレと感想を紹介します! 

⇒緑陰の冠ネタバレ一覧へ

緑陰の冠ネタバレ97話最新話と感想!ユスタフとの甘い日常

ルミエの失恋

ランと話すルミエは、彼女を慕う気持ちを伝えたくなります。

元気がない様子のルミエに対して、失恋したのかと問うラン。

 

失恋は事実なので、ルミエは苦笑いをするしかありません。

狼狽えながらも励ましてくれるランに対して、ルミエは感謝を伝えて微笑みました。

オリビアとミロ

オリビアは兄ミロに、夫である皇帝ルースに手を挙げられたと告白します。

ランが原因だと訴え、涙を流すオリビア。

 

妹の言葉にミロは怒りを見せます。

オリビアは涙を流しながらも、心の中で闘志を燃やしていました。

赤面するラン

その頃、ランは友人リゼにユスタフとの関係を話していたのです。

リゼと話していると、ユスタフとの日常を思い出すラン。

ユスタフは交際をしてからスキンシップが多く、よくキスをしていました。

 

ユスタフとのキスを思い出して照れるランに、リゼはあるパーティについて話し始めます。

パーティはランも招待されていました。

そのパーティがランにとってロミア伯爵としてデビューする舞踏会になるのです。

緑陰の冠ネタバレ97話感想

ユスタフとの交際は順調のようですね。

ランと気持ちが通じ合ってからのユスタフは、とても甘えん坊のように見えました。

でも強引ではなく、ランの気持ちを尊重してくれるところに優しさを感じます。

 

2人に対して、失恋したルミエはモヤモヤとした気持ちを抱えていました。

ただ、鈍感なランを前に、笑うしかないといった様子ですね。

いつかルミエは、ランに自分の気持ちを伝えるときがくるのかもしれません。

 

そしてオリビアとミロのやり取りは、不穏な空気を感じました。

ミロは妹を心配しているというよりも、妃という立場を見下されていることを怒っているように見えます。

オリビアはルースやユスタフ、そしてランへの復讐を考えているのかなと思いました。

 

ランがロミア伯爵として招待されたパーティに、皇帝夫妻も来るのでしょうか?

ラチアに恨みのある2人が、ランやユスタフに手を出す展開もありえそうです!

緑陰の冠97話最新話と感想!ユスタフとの甘い日常まとめ

今回は「緑陰の冠」97話のネタバレと感想を紹介しました!

ランとユスタフの交際が順調のようで安心です。

とはいえまだまだ不穏な展開が続きそうなので、油断できないですね。

⇒緑陰の冠ネタバレ一覧へ

error: Content is protected !!