接近不可レディー

接近不可レディーネタバレ30話最新話と感想!カリキア家との関係強化

「ピッコマ」連載漫画の「接近不可レディー」30話のネタバレと感想をまとめてみました!

ルネと対談するヒリス。

マゴも交えた話し合いは、穏やかな雰囲気です!

接近不可レディー30話のネタバレと感想を紹介します!

⇒接近不可レディーネタバレ一覧へ

接近不可レディーネタバレ30話最新話と感想!カリキア家との関係強化

ルネとの対談

ルネは先日、カリキア家の人々がマゴの要望に沿って突然訪問したことを謝ります。

カリキア家に協力できたことを嬉しいと返すと、ルネはヒリスが当主になったこと、またお礼として求めたのが四季の森への同行だけだったことに驚いたと言います。

 

してあげられることは他にもたくさんあると言うルネに、マゴに関してのお礼は結構だと断り、見返りを要求したくはないと伝えました。

ルネはその言葉がうれしかったのか、これからは用が無くても遊びに来てほしいとほほ笑みます。

 

帰り際、ヒリスの袖をつかんだマゴは、ヒリスが涙の宝石を飲んだことは誰にも話していないと囁きます。

宝石がほしいなら血でも涙でも特別にあげると無邪気に笑いますが、ヒリスは気持ちだけで十分だと微笑み返しました。

また会いに来るから元気でと伝えると、マゴは満足そうに笑みを浮かべます。

気になること

部屋から出るとビオレッタが待機しており、出口まで案内してくれます。

マゴも母もヒリスに会いたがっていたと感謝するビオレッタは、ヒリスのことを当主様と呼ぶようになっていました。

名前で呼んでほしいと伝えると、ビオレッタの脚が止まります。

 

ビオレッタは、舞踏会で初めて会ったはずのヒリスが、ビオレッタと親し気に呼んでくれたことが気になっていました。

今度はちゃんと守ってあげての言葉の意味や、カリキア家の秘密を知っていた理由、またビオレッタがヒリスに見る幻想も引っかかります。

それでも今はまだ聞いてはいけない気がしたビオレッタは、仲良くなりたいから自分のことも名前で呼んでほしいとだけ返しました。

カリキア家の長老たち

会話をする二人の間に、カリキア家の長老たちとテルゾが現れます。

イノアデン家当主になったことを称えられたと思ったら、急に年齢を聞かれました。

19だと答えると、年上でも年下でもちょうどいいと言い、マゴが大きくなった時に相応しいのではと提案されます。

 

マゴとの婚約を進めるつもりの彼らに、ヒリスはため息をつき、ビオレッタはいい加減にしてと怒ります。

帰ろうとするヒリスを引き留め、せめてテルゾが送るよう指示する長老たちは、年上ならテルゾとくっつけようとしている意図が透けて見えていました。

ビオレッタはテルゾに客が来ていることを告げ、長老たちを追い払い、ヒリスを出口まで送ります。

 

ヒリスが家に戻ると、召使いたちがぶるぶる震えていました。

どうしたのかと尋ねると、イノアデンの祝宴に使う祝杯が消えてしまったと返されます。

接近不可レディー30話感想

ヒリスはルネと話し、カリキア家とまっすぐな関わりを持ち始めています。

しかしカリキア家の長老たちは、私利私欲にまみれていました。

 

ルネはおばあちゃんといった印象の当主で、カリキア家を大切に想っていることが伝わってきました!

ヒリスに対しても真摯に向き合っており、宝石までくれようとしている事には驚きです。

マゴも簡単に渡してくれそうですが、それを受け取らないヒリスはさすがですね!

 

ルネやカリキア家の人たちからすれば、ヒリスはとても不思議な存在でしょう。

ビオレッタも記憶があるようで、ヒリスに色々聞きたい気持ちを抑えていましたね。

仲良くなりたい気持ちをストレートに伝えていたので、二人は良き友人となり、両家のつながりも深まるかもしれません!

 

長老家たちはどの家も変わらず、欲にまみれていました。

夏も秋も冬も、ヒリスとの結婚を狙っており、ヒリスはモテモテです!

誰かと結ばれる気があるのかわかりませんが、今のところ可能性が高いのは夏だと予想します!

接近不可レディーネタバレ30話最新話と感想!カリキア家との関係強化まとめ

今回は、「接近不可レディー」30話のネタバレと感想を紹介しました!

ヒリスと仲よくなりたいビオレッタ。

二人の関係はどうなっていくのか、今後の展開が気になります!

⇒接近不可レディーネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!