外科医エリーゼ

外科医エリーゼネタバレ第70話最新話と感想!謎の伝染病

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「外科医エリーゼ」第70話のネタバレと感想をまとめてみました!

ミハイルに続き、ジェイまでも発熱し焦るエリーゼ。

彼女は感染を止める事が出来るのでしょうか…?

「外科医エリーゼ」第70話のネタバレと感想を紹介します!

⇒外科医エリーゼネタバレ一覧へ

外科医エリーゼネタバレ第70話最新話と感想!謎の伝染病

謎の伝染病

ジェイの発熱の原因を調べようと思ったエリーゼは、まず彼女のレントゲンを撮る事に。

肺には異常がなく、やはりただの風邪かと考えたその時。

なんと突然ジェイが吐血してしまいました。

 

その後、治療を受けたジェイの容態は落ち着きます。

他の医者たちは胃潰瘍からの出血を疑いますが、エリーゼは違いました。

胃潰瘍と風邪を同時に発症する事はまずないと考えた彼女は、違う原因を探してみる事に。

 

ジェイの血小板の数値を調べたエリーゼは、その結果を見て驚きます。

なんと、彼女の数値は正常値の10分の1しかなかったのです。

 

動揺するエリーゼたちの前に、立て続けに吐血患者が運ばれてきたとの連絡が。

吐血患者が続いている事から、エリーゼはウイルス性出血熱を疑います。

 

あれから運ばれて来た患者3名は、皆ジェイと同じ症状でした。

これはただの風邪や消化管出血ではないと思うのです。

出血熱を引き起こす病気にはいくつか心当たりがありましたが、現状ではこの病気が何なのか見当もつきません。

 

もっと手がかりを探そうと決意するエリーゼ。

しかしそんな彼女の決意も虚しく、翌日から新たな患者の増加と共にこの病気で命を失う者が相次いだのです。

エリーゼの苦悩

帝国軍の兵士たちの間でも、この病気が流行り出します。

相次ぐ犠牲者に怯える兵士たち。

彼らにとってはエリーゼの存在だけが希望の光でした。

 

しかし、当のエリーゼはこの病気の正体を未だ掴めずにいました。

地球ぐらい設備が充実していればこの病気の正体が分かったかもしれませんが、帝国では診断すら不可能です。

これ以上判断が遅れれば、もっと多くの犠牲者が出てしまいます。

 

ふと、この病気の出どころを考えたエリーゼ。

一瞬ルイの仕業かと疑いますが、いくら彼でもそんな非人道的な事はしないだろうと考えます。

全員を救う事はできなくても、最低限被害を抑えようと決意するのでした。

ルイの考え

その頃ルイは、帝国の被害状況について報告を受けていました。

思ったよりも犠牲者が少ないと聞き、驚くルイ。

ファビアンは、エリーゼが様々な治療法を導入し犠牲者を防いでいる為だと言います。

 

しかし、ルイは彼女の努力は全て無駄だと言い放ったのです。

何故なら、この伝染病は水を通して感染したロンド大疫病とは違い、人から人へと簡単に感染するから。

 

この伝染病の一番の脅威は、高い死亡率ではなく高い感染力だと言います。

そしてエリーゼがこれからどんな策を考えるのか様子を見る事にしました。

エリーゼの提案

後日、皇太子の元を訪れたエリーゼ。

彼女の目的は、皇太子に兵士の間で流行している伝染病について説明する事でした。

ミハイルの容態を聞かれたエリーゼは、ずっと危険な状態が続いていると言います。

 

もし彼が屈強なオーラナイトでなければ、すでに命を失っていたかもしれません。

一刻も早く感染源を突き止めなければと思うエリーゼ。

 

皇太子もまた、兵士たちの混乱を治める為にも解決策を探ろうと考えています。

策はあるのかと尋ねられたエリーゼは、一つの策を提案するのでした。

外科医エリーゼネタバレ第70話感想

ミハイルと接触した翌朝、今度はジェイが発熱と共に吐血していまいます!

しかも、次々と同じ症状の患者が運ばれ命を落とす人まで…。

これがルイが考えた新しい策でしょうか。

 

帝国軍を弱らせる為に、ウイルスを利用するなんて…。

前話で捕虜たちの世話をしていたムーア人が発症源だと考えれば、全て納得できます。

ファビアンがこの計画について迷っていたのも理解できますね…。

 

このウイルスは感染力が非常に高く、早く原因を突き止めなければ被害がどんどん拡大してしまいます!

ルイは自分の思惑通りに事が進み満足げですが、何とか解決法を見つけて欲しいですね!

こんな道理に外れた事をする奴の思い通りにはなって欲しくないです。

 

皇太子の元を訪れたエリーゼは、なんだか考えがある様子。

彼女は解決法を見つける事ができるのでしょうか?

外科医エリーゼネタバレ第70話最新話と感想!謎の伝染病まとめ

今回は漫画「外科医エリーゼ」70話のネタバレ、感想をご紹介しました。

ミハイルやジェイに続き、帝国軍では発熱と吐血を訴える者が続々と現れます。

少しでも被害を食い止めたいと考えたエリーゼは、解決法を模索するのでした。

⇒外科医エリーゼネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!