接近不可レディー

接近不可レディーネタバレ34話最新話と感想!奇形の魔獣

「ピッコマ」連載漫画の「接近不可レディー」34話のネタバレと感想をまとめてみました!

屈辱を受けたリカルド。

不機嫌な様子で帰宅しました。

接近不可レディー34話のネタバレと感想を紹介します!

⇒接近不可レディーネタバレ一覧へ

接近不可レディーネタバレ34話最新話と感想!奇形の魔獣

不機嫌なリカルド

リカルドの殺伐とした様子に興味津々なメイは、外出先でなにかしでかしたのかもしれないと興奮気味に話します。

ヒリスは何も反応せず、大量に送られてきた招待状や求婚状に目を通していました。

リカルドの親友オズモンドの婚約一周年記念パーティーの招待状を見つけ、今生もあの事件が起こるはずだと予想します。

 

参席すると返事を出しておくよう指示し、23時を指す時計を確認すると、どこかへ動き出しました。

その頃ある場所では、男たちが大量の油をまき、跡形もなく燃えて亡くなるはずだと話しています。

どうしてこんな怪物を作るのだろうと目を向ける先には、カリキアの血によって作られた奇形の魔獣たちが檻に入れられていました。

事件の処理

カリキアやベルゼットが嗅ぎつける前に始末をしようと作業を続ける彼らの後ろに、茨とバラをまとったヒリスが現れます。

男たちを縛り上げると、カリキアとベルゼットが掃除をしたはずなのに相変わらず地下は散らかっていると感じ案舌。

証拠隠滅の途中だったのかもしれないと動物たちを見るヒリスは、昔の自分もそうだったと過去の自分と重ねます。

 

牙をむき正気を失っている凶暴な動物たちは、血さえ与えられなければただの動物でした。

申し訳ないけれどこのまま生かすわけにもいかず、弱点である核を狙って縛り上げ、せめて楽に逝かせてあげます。

過去と同じようにカリキアとベルゼットがじきにこの場所を見つけ、四大家門が大混乱に陥るのを遅らせるため、ヒリスはここに来たのでした。

ヒリスの残り香

燃え上がる建物を前にしたアクシオン含むベルゼットの人たちは、どうやら尻尾を切ったようだと話しています。

オークションで売却されたカリキアの血と関係のあるかもしれない場所で、偶然とは思えない火事ですが、どこから情報が漏れたのかもわかりません。

中に入って灰でも漁ってみようと呼びかけ、アクシオンは地下に降りていきます。

 

大量にある異形の魔獣の死体に目を向け、オークション会場だとしても何かがおかしいと感じました。

落ちていたカリキアの血は焼死体ではないことを示しており、辺りにはヒリスの残り香が漂っていることに気が付きます。

確信はまだ持てませんが、この件にヒリスが関わっているのなら、もう少し詳しく探る必要があると考えます。

接近不可レディー34話感想

ヒリスは地下の奇形魔獣を始末しました。

アクシオンが事件とヒリスの関係性に目を付け始めています!

 

リカルドはあの後も会を楽しめなかったようで、ピリピリした空気で帰宅したようですね。

後々に起こるあの事件とは何のことでしょうか!

リカルドをバラの貴公子という名から徹底的に引きずり下ろすチャンスかもしれません!

 

ヒリスは地下で何が起こるか知っていたようで、魔獣処理の途中で男たちも一緒に始末しました。

奇形魔獣の存在発覚を遅らせて、いったい何がしたいのでしょうか。

不穏な未来がいくつもちらついており、ヒリスがどう人生をコントロールしようとしているのか見当もつきません!

 

ヒリスの動きにいち早く気が付いているのはアクシオンのようですね。

彼は前世でもヒリスと深くかかわっているようですが、どんな関係なのでしょうか。

アクシオンとヒリス、それぞれの狙いが何なのか気になります!

接近不可レディーネタバレ34話最新話と感想!奇形の魔獣まとめ

今回は、「接近不可レディー」34話のネタバレと感想を紹介しました!

地下で漂うヒリスの残り香に気が付くアクシオン。

一体この事件がどんな事情を秘めているのか、今後の展開が気になります!

⇒接近不可レディーネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!