接近不可レディーネタバレ46話最新話と感想!酔ったヒリス

接近不可レディー

「ピッコマ」連載漫画の「接近不可レディー」46話のネタバレと感想をまとめてみました!

お酒を飲みすぎてしまったヒリス。

杯の存在について何かを思い出したようです!

接近不可レディー46話のネタバレと感想を紹介します!

⇒接近不可レディーネタバレ一覧へ

接近不可レディーネタバレ46話最新話と感想!酔ったヒリス

杯の意味

祝宴は続き、薦められるままお酒を飲んだヒリスは、周りから見てもわかるほど酔っていました。

この辺でセーブしようと空になった杯を見つめ、聖物とは大げさだと思った時、記憶に何かが引っかかりました。

 

頭に浮かんだのは、王より直々に授かった聖杯に、芳しき酒を注ぎ献上した、と始まる文言です。

四季の森へ初めて行った際に見かけた言葉で、王の神殿に登りし者よ、選ばれし己を証明せよと続きます。

 

長老に囲まれてうんざりしていたシュレイマンは、枷だけでは足りないのかと不満げに呟いていました。

どうしたら避けられるのかと考えていると、ヒリスから声をかけられます。

アクシオンはどこかと聞かれ、宴会場裏のテラスへ行ったと返しつつ、名前を知られていたことに興奮します。

使い道

ふらふらのヒリスがテラスへ向かうと、そこにいたのはクリスでした。

俺に会いに来たのかと喜ぶクリスですが、残念だけどあなたに会いに来たわけではないとばっさり切り捨てます。

その場を去ろうとすると腕を掴まれ、アクシオンに会いに来たのかと詰め寄られます。

 

ヒリスは自分のことを手に入れようと焦っているのかと笑みを浮かべ、望みはベッドに連れ込むことかと挑発します。

誤解だと否定するのを遮り、クリスに出来ることは何もなく、何も望んでいないと言い捨ててました。

 

去っていくヒリスに向かって、何か使い道が出来たら、アクシオンではなく自分に目を向けてくれるのかと聞きます。

ヒリスは答えませんが、近々返事を聞かせてもらうことになるから覚えていてほしいと続けました。

突然のお誘い

別のテラスにいたアクシオンは、現れたヒリスから四季の森に行ってほしいとお願いされました。

様子がいつもと違うと思いつつも喜んで付き合うと返すと、嬉しそうに近づかれ、強すぎる香りに包まれます。

危険だと感じ離れようとしますが、ヒリスはアクシオンの手を握り、連れて行ってあげると微笑みました。

接近不可レディー46話感想

寄ってしまったヒリスは、いつもと違う態度でクリスとアクシオンに接近します。

杯が持つ意味を探るため、四季の森へ行きたいようです!

 

ヒリスは初めての飲酒でとても酔ってしまっていましたね!

ヒリスが漂わせる香りが強くなっているようですが、結局この香りはどんな効果があるのでしょうか。

冷静なアクシオンが危険だと判断していたことから、なにか理性を取り払うような、官能的な香りなのかもしれません!

 

間違えて入ったテラスにいたクリスは、ヒリスが来たことにとても喜んでいました。

気持ちがないことは十重わかっている事なので、喜ばれても何も感じないのは当然です。

それでもベッドに連れ込むことが目的なんでしょうと挑発するなんて、酔っているとは言え大胆すぎます!

 

酔ったヒリスに大胆な行動をとられて最も効果があるのはアクシオンではないでしょうか。

失礼な態度も、礼儀正しい態度も、なれなれしい態度も、どんなヒリスでもアクシオンは好意的に受け止めています。

本当に心からヒリスを想い救ってくれるのは、きっとアクシオンだけでしょう!

接近不可レディーネタバレ46話最新話と感想!酔ったヒリスまとめ

今回は、「接近不可レディー」46話のネタバレと感想を紹介しました!

四季の森へ向かうヒリスとアクシオン。

寄った状態で無事に目的は達成できるのか、今後の展開が気になります!

⇒接近不可レディーネタバレ一覧へ

error: Content is protected !!