接近不可レディー61話最新話と感想!懐かしい匂いの正体

接近不可レディー

「ピッコマ」連載漫画の「接近不可レディー」61話最新話のネタバレと感想をまとめてみました!

パルベノン家では、クリスティアンが兄のゴティエに攻撃を仕掛け、新しい当主になることに成功しました。

そして当主の証を得たクリスティアンはヒリスの元へ向かいますが、これからの当主達の関係はどうなってしまうのでしょうか。

「接近不可レディー」61話最新話のネタバレと感想を紹介します!

⇒「接近不可レディー」ネタバレ一覧と結末予想ページへ

接近不可レディー61話最新話と感想!懐かしい匂いの正体

ゼノンの屋敷で

アクシオンは、母であるゼノンの元を訪れていました。

父のことを尋ねると、今はおつかいを頼んだため、いないと言います。

 

それからアクシオンはゼノンから突然、イノアデン当主とお付き合いしているのかと聞かれます。

まるで独占しようとしているかのように、アクシオンからイノアデン当主の匂いがする、と。

 

いつか私も会ってみたいと言うゼノンに、アクシオンは彼女に興味を持たないでください、とハッキリ伝えます。

アクシオンは、ゼノンがヒリスに興味を持った瞬間、なぜか本能的に拒否感を覚えました。

誰であろうと彼女に手を出す者は許さない、と伝えると、ゼノンは大人しく折れてくれるのでした。

懐かしい匂いの正体

アクシオンは、鏡で移動した先の懐かしい匂いが母の薬タバコの匂いだと気がつきました。

そして、この屋敷になにか手がかりがあるのではないかと考えます。

すると突然、異能を気配を感じ取ったアクシオン。

 

ここに宝石に変わる何かがあるのかもしれないと考え、異能の気配を感じた部屋に入ります。

そして鍵に触れようとした瞬間、ゼノンから声をかけられるのでした。

 

その鍵が気になるのかと尋ねるゼノン。

彼女は面白そうだからあなたにあげるわ、と言ってアクシオンに鍵を差し出します。

どこの鍵か自分で調べなさいと言われたアクシオンは、父が帰ってきたと聞き、ゼノンとともに父の元へ向かうのでした。

新たな部屋

クリスティアンはヒリスと共に、濃い霧の中を進んでいました。

ずっと黙ったままのヒリスにいつもこうなのかと思いますが、今日選ばれたのは自分だ、と自信を持ちます。

ヒリスはその手を離すと、クリスティアンを置いて1人で進んで行くのでした。

 

ヒリスが当主の部屋の前に着くと、光の流れが見えました。

そして宝石のおかげか、今まで見たことの無い装置が頭上に張り巡らされています。

ヒリスがそのうちの一つに触れると装置は共鳴して光り、新たな部屋が開かれるのでした。

接近不可レディーネタバレ61話感想

この母と結婚したアクシオンの父がどんな人なのか、とても気になります。

見られるのが楽しみですね!

 

ゼノンは悪事の一端を担っていそうですが、本当に愉快犯のような感じがしますね。

鍵も面白そうだからとアクシオンに渡してくれましたし...。

 

そして、アクシオンの父はこのことを知っているのでしょうか?

アクシオンも懐かしい匂いの正体に気付いたようですし、情に流されてしまわないかが心配ですね。

母の罪を暴いて代わりに償えというのは酷なので、せめてヒリスを守って欲しいです!

 

そして、ヒリスは宝石を取り込んだおかげか、新たな部屋が開かれましたね。

王に関する記述や情報を入手することは出来るのか、今後の展開に注目です!

接近不可レディー61話最新話と感想!懐かしい匂いの正体

今回は「接近不可レディー」61話最新話のネタバレと感想を紹介しました!

アクシオンは懐かしい匂いが母の薬タバコだと気付き、そして異能の気配を感じた鍵を受け取ります。

一方のヒリスは王の息を取り込んだ影響か、当主の部屋の奥に、新たな部屋が開かれるのを目の当たりにするのでした。

⇒「接近不可レディー」ネタバレ一覧と結末予想ページへ

error: Content is protected !!