セブチのウォヌが謝罪文を書いた!やらかしは何?

セブチのウォヌの謝罪文の画像

セブチのウォヌさんは言葉を慎重に選び、人を傷付けない性格です。

賑やかなメンバーの中でも、大人しく、落ち着いたイメージを持つ方も多いでしょう。

しかし、そんなセブチのウォヌさんに信じられない噂がありました。

 

それは、過去にセブチのウォヌさんがやらかしてしまったというもの。

しかもそれを事実と認めて、セブチのウォヌさんが謝罪文を書いたというのです。

 

これは本当なのか気になりますよね。

そこで今回は、セブチのウォヌさんがやらかして謝罪文を書いたのか調べてみました。

セブチのウォヌが謝罪文を書いた?

セブチのウォヌさんが謝罪文を書いたのは本当です。

セブチのウォヌさんが謝罪文を書いたのは、2016年5月と分かりました。

 

韓国では日本以上にアイドルには品行方正が求められます。

それは、アイドルのファンになる年齢が極めて若い10代だからです。

アイドルは若い世代の見本となる存在であることが求められます。

 

日本の場合、アイドルは幅広い世代に支持されていますよね。

そのため、何か問題が起こっても、必ずしも本人の謝罪文を求める流れにはなりません。

本人が矢面に立たない方が良いと判断されることがあると、大人のファンは理解できるからですね。

 

アイドルに何か問題が起こると、公に謝罪をするのは事務所です。

本人は自粛期間に入り、しばらく表舞台から姿を消して事態の鎮静化を図ります。

 

ですが、韓国ではこれはあまり許されるものでありません。

多くの場合、問題を起こした本人が公式カフェ(※)や個人インスタなどで謝罪文を出します。

セブチのウォヌさんの謝罪文も公式カフェに掲載されました。

実際に、セブチのウォヌさんが謝罪文を出したことで事態は収拾に向かいました。

「真摯に反省している」「問題から逃げずに誠意を見せた」と評価されたのでしょう。

 

ただし、韓国のアイドル全員がこのような謝罪文を出すわけではありません。

事務所の考え方もありますし、場合によっては本人が非を認めないケースもあるでしょう。

 

しかし、本人が謝罪文を出さないことで、何年経ってもそのことを蒸し返されてしまいます。

セブチのウォヌさんは謝罪文を出しているので、今、このことに言及する人はいません。

 

セブチのウォヌさんが謝罪文を書いたのはこの1度きりでした。

以後、セブチのウォヌさんは公に発信する言葉にはとても慎重になっています。

 

現在のセブチのウォヌさんの言葉は綺麗で、ファンに癒しを与えるもの。

それは過去の自分の経験を踏まえ、得た教訓から来るものなのかも知れませんね。

(※)SNS上でファンと交流ができるもの。現在はTwitterや他のプラットフォームが主流となっています。

セブチのウォヌのやらかしは何?

セブチのウォヌさんが謝罪文を出したやらかしとは一体なんなのでしょうか。

セブチのウォヌさんのやらかしは小学校6年生の時のことでした。

 

セブチのウォヌさんは当時、インターネットの掲示板に少女時代の悪口を掲載していました。

「整形前は誰なのか分からない」などの書き込みを、ナムドイルという名前で投稿したのです。

 

このセブチのウォヌさんのやらかしに、少女時代のファンは怒りました。

少女時代は韓国だけではなく日本でも大活躍した、K-POPの代表的なグループですよね。

そのため、セブチのウォヌさんのやらかしは大きなニュースとなってしまい、世間を騒がせました。

 

このような経緯があり、セブチのウォヌさんは謝罪文を公式カフェに掲載しました。

セブチのウォヌさんの謝罪文はキーボードで打ったものではなく直筆でした。

 

しかも、この騒ぎによって巻き起こった様々なバッシングにも、次のように書いていました。

「僕の世間知らずな行動に対して送られた叱咤やアドバイスを全て肝に銘じます」

「そしてこれからも多くの教えをいただければと思います」

 

謝罪文を出しても「心がこもっていない」「本当に反省していない」などとさらに批判されることも少なくありません。

ですが、セブチのウォヌさんの謝罪文はファンだけではなく世間にも、反省の気持ちが伝わりました。

 

当時は小学生だったからとは言え、セブチのウォヌさんのやらかしを擁護できません。

しかし、子供の時に分別がつかずに行ってしまった過ちは、誰でもあるのではないでしょうか。

ファンの一部や世間の中には、「幼い時のことだからそこまで怒ることではない」という意見もありました。

 

ですが、セブチのウォヌさんはやらかしが発覚後に心から謝罪を行いました。

大切なのは問題を起こした時に、逃げたりせずに素直に謝ること。

そして、同じ失敗を2度と繰り返さないことです。

 

今のセブチのウォヌさんはこのやらかしを心にしっかりと刻み、活動しているはずです。

セブチのウォヌさんはやらかしをしたことによって、さらに言動に気を付けるようになったのでしょう。

まとめ

セブチのウォヌさんが謝罪文を書いたのは事実でした。

セブチのウォヌさんがやらかしたのは小学校6年生の時でした。

それがセブチとして活動を始めた時に、インターネットで拡散されたのが発覚の経緯でした。

 

セブチのウォヌさんはやからしが発覚後に、すぐに謝罪文を掲載しました。

その謝罪文からは本当に反省している気持ちが、多くの人に伝わりました。

そのため、今現在、セブチのウォヌさんのやらかしについて何か言われることはありません。

error: Content is protected !!