主人公の幸せ、私が責任を取りますネタバレ53話最新話と感想!生き残った皇子

主人公の幸せ、私が責任を取りますの画像

「ピッコマ」連載漫画の「主人公の幸せ、私が責任を取ります」53話のネタバレと感想をまとめてみました!

ヘンリケは兄からの指令をすべて話すことに。

彼の話を聞いたラリアは…?

それでは「主人公の幸せ、私が責任を取ります」53話のネタバレと感想を紹介します!

⇒「主人公の幸せ、私が責任を取ります」のネタバレ一覧と結末予想ページへ

主人公の幸せ、私が責任を取りますネタバレ53話最新話と感想!生き残った皇子

後継者争いの闇

先代の皇帝は、後継者を決める前に亡くなってしまいました。

結局、貴族が皇帝に押し上げたのは長男のギュンター。

 

彼が皇帝になると、他の兄弟は謎の亡くなり方をします。

唯一生き残ったヘンリケは、ギュンターの命令を聞くことで生き延びていました。

ヘンリケは本名を名乗ると、ラリアたちにすべてを話すことにしたのです。

ハインリヒの仕事

本名をハインリヒと名乗った彼は、ラリアに近づいた目的を話し出しました。

敵の多いギュンターは邪魔な存在の貴族を、スキャンダルに追い込もうとしていたのです。

ハインリヒの役目は、女性を誘惑して政界から突き落とすことでした。

 

ハインリヒはラリアに近づくと、誠心誠意謝罪します。

ラリアを誘惑してもぶれない様子を見て、次第に罪悪感をもつようになってきたとのこと。

ラリアは自分が作った彼の設定を思い返していました。

運命を切り開くこと

ハインリヒが皇帝に逆らわないよう、女性を誘惑する設定を作ったのはラリア自身。

操り人形のように過ごしてきた彼に、これからどうしたいのかと問います。

 

今までラリアが変えてきた人たちのように、ハインリヒの運命も変えられるはずだと考えるラリア。

そのため、当事者が運命を切り開くつもりがあるのか聞きたかったのです。

 

この運命から抜け出したいと言うハインリヒ。

その言葉を聞いたラリアは、自分に任せて欲しいと微笑んだのでした。

主人公の幸せ、私が責任を取りますネタバレ53話感想

ハインリヒがついにすべてを暴露しましたね!

兄弟を追いやったギュンターは、昔から残虐な性格なのだなと思いました。

兄に従うことで命を守っていたと考えると、ハインリヒがかわいそうですね。

 

ノクターンはそんなハインリヒに同情などしない様子。

ですがラリアは、自分が作った設定なので、それこそ罪悪感をもったことでしょう。

操り人形に設定したせいで、嫌われ役になってしまいましたからね。

 

ただ、子どもたちやノクターンと関わることで、運命は変えられると知ったラリア。

ハインリヒの運命も変えられるはずだと考えた様子です。

それには彼が変わりたいと思わないと、いけませんよね。

 

ハインリヒは作られたキャラですが、自分の意思や感情をしっかり持っています。

運命から抜け出したいと言ったのが、その証拠ですね。

 

ラリアはハインリヒの運命も、変えてみせるつもりなのでしょう。

だが皇帝が関わっているとなると、問題は複雑だなと思いました。

ラリアがどんなことを思いついたのか、次回の展開が気になりますね!

主人公の幸せ、私が責任を取りますネタバレ53話最新話と感想!生き残った皇子まとめ

今回は「主人公の幸せ、私が責任を取ります」53話のネタバレと感想を紹介しました!

皇帝の操り人形をしていたハインリヒ。

運命を切り開きたいと思っていて、良かったです。

あとはラリアがどんな考えを持っているかですね!

⇒「主人公の幸せ、私が責任を取ります」のネタバレ一覧と結末予想ページへ

error: Content is protected !!