その悪女に気をつけてください

その悪女に気をつけてくださいネタバレ26話最新話と感想!ユーリの協力

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「その悪女に気をつけてください」26話のネタバレと感想をまとめてみました!

自信のケガとナインの舌を治すために、メリッサはリプトンへと向かいました。

道中で盗賊に遭遇したメリッサでしたが、何とそこに囚われていたユーリと遭遇するのでした。

「その悪女に気をつけてください」26話のネタバレと感想をしていきます。

その悪女に気をつけてくださいネタバレ26話最新話と感想!ユーリの協力

メリッサの活躍

メリッサの目の前には、ヒロインのユーリが捕らえられていました。

ピンチの時に駆けつけてくれる男たちがいるのか?と、ユールが捕まっていることに困惑していました。

そういえば小説に今みたいな場面があった気がすると、メリッサは小説の場面を思い出そうとしますが、ここでまた吐血してしまいます。

 

しかし、メリッサはユーリを救おうと決意するのです。

口から血を流したまま、盗賊たちにさっきを放った目つきでにらみつけるメリッサ。

ユーリを救い出すために思い切り剣をふるいました。

 

メリッサが放つ宝剣によって、みすぼらしい盗賊たちはあっという間に制圧され、地面に転がります。

相当コテンパンにやっつけたので、しばらく悪さは出来ないと考えます。

命を取らない程度に痛めつけ、早く手当てをするように言って盗賊たちを逃がすのでした。

 

ユーリに話しかけ、メリッサは自己紹介をして手を差し出しますが、メリッサの白い手袋は赤く染まっています。

ユーリを怖がらせてしまったか…と心配したメリッサでしたが、ユーリはメリッサのケガを気遣ってくれました。

 

その向こうには、メリッサを心配し、涙目のナインの姿も。

ユーリのケガの心配をするメリッサ。

小説によると、エリザベス男爵はかなりの親バカなんだとか。

 

ふと自分の状況をメリッサは思い出しました。

現在、メリッサの体内では人間の魔力と狼人間の力が激しくぶつかり合いっている状況なので、激しく剣を振り回すことで体力が限界にきたしてしまったようです。

体力には自信があると言いながらも、転倒してしまうメリッサ。

 

目がグルグルしている中で、誰かの手刀が首に落ちたのを感じました。

しかし、しれがだれなのかは分かりません。

メリッサが意識を手放す間際に、視野の端にユーリの笑みが見えたような気がしたのでした。

ラッキーな誤算

見慣れない部屋で目を覚ますメリッサ。

ここはどこだろうと思っていると、ここはリプトンのエリザベス邸だと、そばにいたユーリが答えました。

 

まさかユーリが気絶させたの?と、メリッサはひやひやします。

ユーリの話では、丸4日ずっと眠っていたそうです。

 

メリッサはビックリして、何度もユーリに聞き返していました。

眠っている間ずっと見てくれていたユーリに感謝を伝えるメリッサ。

すると、ユーリはメリッサの事を命の恩人だと言い、エリザベス男爵もお礼がしたいと言っているとのこと。

 

それを聞いて、チャンスだとメリッサは思います。

メリッサはリプトンへ行こうとしていましたが、荒地リプトンに建てた大きな屋敷は、皇帝をも部外者とみなして出入りを許さない建物でした。

メリッサも当然入ることが出来ないため、ユーリを出待ちするしかないと考えていたのです。

 

もう邸宅にいるうえにお礼までしてくれるなんて、願ったりかなったりです。

予想外なことも起きましたが、ラッキーな展開にメリッサは悪女の微笑みを浮かべました。

早速ユーリに本題を話すメリッサ。

 

現在のメリッサの体調は普通の病気ではなく、ユーリでなければ治すのは不可能だと説明するメリッサに、ユーリは嬉しそうに笑いますが、治療に関してはよく分からないと言います。

どうすればいいのか尋ねるユーリに、メリッサは、狼人間との経緯を説明するのでした。

侵入者

メリッサの説明を解釈するユーリ。

メリッサの魔力にユーリの魔力を足すことで、狼人間の力を跳ね除けることが出来るようです。

書斎に行って資料を探してくると、やる気満々の眼差しでユーリは立ち上がります。

 

すぐに戻ると言ってユーリは部屋を出ていきました。

メリッサは、ベッドに横たわり、ユーリが戻ってくるのを待ちます。

ナインのこともお願いしなければと考えるメリッサ。

 

ユーリは小説でジャックを治しているので、心配ないだろうと考えながら、1人でニヤニヤしていました。

そんな中、スッ、と扉の隙間から忍び寄る影がありました。

足音に即座に反応したメリッサは、侵入者だと感じ、剣がないことに焦ります。

 

しかし、侵入者の正体は狼の状態になったナインでした。

ポスッと胸元に飛び込んできたナインを見て、呆気にとられるメリッサ。

桃色の目に涙を溜め、ポロポロと涙を流し、キュインキュインと泣くのでした。

その悪女に気をつけてくださいネタバレ26話の感想

小説でもユーリが盗賊にとらわれるシーンがあったのでしょうか。

小説だったら誰が助けたのか気になりますが、メリッサが大活躍でしたね。

 

男主人公のようにカッコよかったです。

メリッサは、小説ではユーリの恋路の邪魔をする悪役のはずですが…

 

このストーリーでは、仲良くなりそうですね。

メリッサのために一生懸命になるユーリも可愛いです。

また、オロオロしているナインもイケメンだけどかわいらしいです。

 

やる気になったユーリの治癒力はどのくらいのすごさを発揮するのか期待が高まります。

メリッサやナインが無事に治るのでしょうか?

メリッサももちろんですが、ナインの舌が治ったらいいなと思います。

その悪女に気をつけてくださいネタバレ26話最新話!ユーリの協力のまとめ

今回は「その悪女に気をつけてください」26話のネタバレと感想をご紹介しました!

盗賊に捉えられていたユーリを助け出したメリッサは、力を使いすぎて気絶してしまいます。

目覚めたメリッサはユーリの力を借りて、治療してもらうようにお願いするのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!