その悪女に気をつけてください

その悪女に気をつけてくださいネタバレ67話最新話と感想!メリッサとナインの初デート

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「その悪女に気をつけてください」67話のネタバレと感想をまとめてみました!

ピーコックへの計画は、順調に進んでいたのですが、ナインとの関係にメ悩まされるメリッサ。

ナインとの関係がぎくしゃくしているメリッサは、勇気を出してデートに誘うことにしたのでした。

「その悪女に気をつけてください」67話のネタバレと感想をしていきます。

その悪女に気をつけてくださいネタバレ67話最新話と感想!メリッサとナインの初デート

ナインの告白

走ったからか、ナインの頭は少しぼさぼさになっていました。

メリッサに指摘され、恥ずかしそうに髪を抑えるナイン。

 

そういうメリッサも、顔に汗をかき、まるで走り回って探したかのような姿でした。

メリッサは以前約束した、『おいしいものを食べよう』という言葉通り、食事をしながら話そうと提案します。

追い出されると思っていたナインでしたが、メリッサからの予想外の提案に、嬉しさと愛おしさで胸がいっぱいになりました。

 

自分でもメリッサへの執着が度を越している自覚はありましたが、遠くからでも見ていられるように気持ちを押し殺そうとしていたのです。

しかし、思いが溢れてつい…。

「好きです」と真っ赤な顔を手で隠しながらも、思わず言葉にしてしまい、それを聞き、メリッサの顔も真っ赤になってしまいます。

 

本心は、メリッサへの想いでしたが、ナインは、ごまかすために「美味しいもの」と言葉を付けくわえました。

メリッサも突然のことに焦って、慌てながらも、美味しいもの食べに行こうと返します。

2人の心臓は、ドキドキしすぎて止まってしまいそうでした。

美味しい食事を求めて

食事に行くため、馬車に乗り込むメリッサとナイン。

とりあえず移動はしているものの、二人ともおいしい食事ができるお店を知らず、ヨナに聞いておけばよかった、と少し後悔します。

 

直感で決めようと集中して窓の外を凝視するメリッサでしたが、そんな他愛無い時間も、ナインにとっては心地いい時間でした。

すると、メリッサはあるお店の前で馬車を止めさせました。

直感で決めたお店にナインを誘うメリッサ。

 

必死なメリッサに、ナインも思わず笑顔になりました。

馬車を降りるとき、なぜかメリッサが先に降りてナインをエスコートします。

メリッサのエスコートにナインは幸せを感じるのでした。

メリッサの告白

たまたま目についたお店に入るメリッサとナイン。

入ってみると、店内はピンクを基調としたかなりラブリーな雰囲気で、ハートのバルーンがたくさん飾ってあり、店員の服も大きいフリルのついたピンクのメイド服でした。

 

その光景を見て、メリッサは以前、公爵に呼び出された応接間がピンクで可愛く装飾されていたことを思い出します。

やらかした!と後悔しているメリッサ。

しかし、ナインは物珍しく店内を見渡しています。

 

お店の装飾がラブリーピンクなのは、『カップル限定特別サービス実施中』だからとのこと。

メリッサはナインを心配しますが、ナインはまんざらでもない顔をしてもじもじしていました。

誰が見ても嫌そうではないナイン様子に、メリッサの開いた口がふさがりません。

 

お店の人から彼氏と間違われ、否定はするものの、彼氏と間違われたことに明らかに喜ぶナインを見て、メリッサは自分がいかに鈍感だったかわかりました。

結局このお店で食事をすることに。

メリッサの脳内では、急上昇するロマンス要素と心拍数で耐えきれなさそうだと、隊服姿のちっちゃなメリッサたちが大慌てでした。

 

しかし、脳が爆発する前にメリッサはナインに謝らなければいけないと思うのでした。

注文が終わり、メリッサは本題に入ります。

ナインが怒った日のことを話題にするメリッサ。

 

心配してくれていたのに気持ちを汲み取れず、ひどいことを言ってしまったことを謝るのですが、計画を変えることは出来ません。

その代わりに本当に気を付ける…と付け加えながら話すものの、体を張らなければいけない場面は今後も続くため、どんどんしどろもどろになりました。

 

実は体を張る場面が今後もあるため、嘘はつけないしどうしよう、と言葉を選んでいたのです。

言葉に詰まったメリッサに代わり、ナインは口をはさみました。

忠実さに欠けていたと謝るナインの言葉に、メリッサは何か違和感を感じます。

 

謝罪の重みがまるで違いました。

ナインの謝罪は、『命を持って詫びる』くらい重く感じるのです。

忠実な執事だと言い切るナインの表情はどこか寂し気でした。

 

その言葉と表情から、いくら鈍感なメリッサでも一線引こうとしていると察しがつきます。

ナインに「好き」だと伝えるメリッサ。

そして、ナインに私のことが好きかを問いかけるのでした。

その悪女に気をつけてくださいネタバレ67話の感想

メリッサが気持ちをストレートに打ち明けました。

メリッサがとうとう告白をしましたのですが、ナインにはどのように伝わっているのか気になるところです。

 

全く話さなくなってしまった二人を見ていたときは、この先どうなるんだろうと思いましたが、「好き」と言う思いを伝えるほどにまで展開が進んでいきました。

ナインは一線引いていましたが、メリッサのストレートな言葉に気持ちが傾くといいな。

 

お互いが素直になれるとうまくいきそうですね。

それにしても、ピンクに装飾されたブリブリなお部屋の設定は相変わらず好きだなと思いました。

侯爵の服もピンクだったのを思い出すと、笑えて来ました。

 

シリアスそうな場面もありつつも、コミカルタッチに描かれていることで、読みやすく入ってきやすいです。

今回のピーコックの計画も、メリッサの命に係わる事態を引き起こしていますが、今後もそんな展開があると言うことでしょうか。

恋愛ロマンス小説の世界観のはずだと思っていましたが、かなり壮絶な設定なんだなと改めて感じました。

その悪女に気をつけてくださいネタバレ67話最新話!メリッサとナインの初デートのまとめ

今回は「その悪女に気をつけてください」67話のネタバレと感想をご紹介しました!

美味しいものを食べに行く約束を果たすため、2人は食事に行きます。

そこで、お互いに謝るのですが、ナインが一線を引いていることをメリッサ自信も気づき、メリッサはついにナインに気持ちを伝えるのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!