その悪女に気をつけてください

その悪女に気をつけてくださいネタバレ7話最新話と感想!ラブリーな衝撃

「ピッコマ」連載漫画の「その悪女に気をつけてください」7話のネタバレと感想をまとめてみました!

イアンをどうしてやろうか考えた結果、メリッサは恐ろしいことを思い付き、実行することを決心するのですが、メリッサの表情から御者に誤解を与えてしまいます…。

メリッサは何か要望があるようで、父親に会いに行くのですが、相変わらずの冷たい対応をされるのでした。

「その悪女に気をつけてください」7話のネタバレと感想をしていきます。

その悪女に気をつけてくださいネタバレ7話最新話と感想!ラブリーな衝撃

公爵の考え

恋愛小説「愛するアイツら」は中世が舞台のファンタジー小説です。

男尊女卑の思想が強いこの世界では、メリッサの父である公爵もまた、自分の子供に対して強い差別意識を持っていました。

 

メリッサが悪役と言われるほどにひねくれた性格をしていた理由が感じられると、メリッサは自らの幼少期を振り返りながら思います。

公爵は長女のメリッサに対して、愛情どころか関心も見せることがなかった一方で、長男のジェイクに対しては惜しみない愛情を注ぎ、留学をさせるなど、メリッサとは正反対でした。

 

そんな光景を眺めて育ってきたメリッサ。

成長していくにつれ、メリッサは父親を恨んでいくようになり、現在のろくに会話をすることもない関係性が出来上がったのです。

 

用件を聞く公爵の目には、無関心であるのを主張したような冷めた目をしていました。

それに対して、にらみつけ返すメリッサを見て、急に目を逸らし、公爵は背を向けて歩き出します。

メリッサはすぐに公爵の後を追いかけ、イラつきを抑えながらも、長ばなしをする気はないから話を聞いてほしいと話しかけました。

 

ようやく立ち止まる公爵に、婚約解消の話をしようとするのですが、こんなところで大事な話をするのはもってのほかだと、話をさえぎられてしまいます。

応接間までくるようにと言う公爵。

10分後に来いと言われ、公爵は去って行きました。

 

目を合わせたくないくらいに無関心の娘に対し、どうして話を聞くだけなのに準備が必要なのか、理解が出来なかったメリッサ。

応接間で話し合いをすることに何かひと波乱があるのではと憂鬱になりつつも、覚悟を決めるのでした。

応接間の中の衝撃

覚悟を決めて応接間の扉を開くメリッサ。

すると、扉の向こうに信じられない光景が…。

 

お部屋全体がピンク色に飾られてあったのです。

カップやポット、お皿までもがピンクの花柄。

 

お皿の上には、女の子がテンションをあげるようなかわいらしいケーキが沢山乗せられていました。

公爵の服装も、先ほどの服装からピンクの礼服に変わっています。

公爵が何を考えているのか全く理解できないメリッサ。

 

ラブリーな部屋を見て、隠し子がいるのではと問うと、隠し子はいないとのこと。

いろいろな欲求に耐えながら、座るように促され、とりあえず座ります。

メリッサはとりあえず用件だけを伝えようとしますが、またさえぎられてしまい、紅茶をすすめられるのでした。

毒入り?

公爵にケーキと紅茶をすすめらて、メリッサは断ります。

話を切り出そうとしますが、さえぎられるように、若者に人気の紅茶なんだと話を続ける公爵。

話を切り出してもなかなか聞いてくれない公爵に、紅茶が毒入りなのではと警戒し始めるメリッサ。

 

メリッサに紅茶を進める公爵が飲んでいたのは珈琲でした。

公爵はブラックコーヒーを飲んでいるようです。

紅茶を飲んでも大丈夫なのかと葛藤しながらも、メリッサの手は震えていました。

その悪女に気をつけてください7話の感想

公爵が何を考えているのかさっぱりわかりません。

もしかして…本当は自分に関心がないと思っているのはメリッサだけで、公爵はメリッサから話があると言われてすごく嬉しかったのではないかと思いました。

 

本当は、公爵はメリッサと仲良くしたかったのでしょうか。

応接間で待つと言うので、どんな展開になるのかと思いきや…

まさかのラブリーな装飾(笑)

 

話が終わればメリッサは出て行ってしまうと思っているのか、できるだけ長くいたいと思うのか、メリッサの話をなかなか聞こうとはしない様子が伺えます。

その紅茶は本当に毒入りなのでしょうか。

 

純粋に若者に人気のただの紅茶なのではないかと思います。

まさかの展開にメリッサは困惑するしかない様子。

でも、公爵の行動は読者からすると笑ってしまうのではないでしょうか。

その悪女に気をつけてくださいネタバレ7話最新話!ラブリーな衝撃のまとめ

今回は「その悪女に気をつけてください」7話のネタバレと感想をご紹介しました!

公爵に応接間までくるように言われるメリッサは、覚悟を決めて向かいます。

しかし、応接間の中はラブリーな部屋に装飾されており、紅茶を進められるのですが、想像もできない光景に葛藤するメリッサの手は震えていたのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!