その悪女に気をつけてください

その悪女に気をつけてくださいネタバレ8話最新話と感想!キャラ崩壊

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「その悪女に気をつけてください」8話のネタバレと感想をまとめてみました!

公爵に応接間までくるように言われるメリッサは、覚悟を決めて向かいますが、扉を開けばピンク一緒にに染まったかのようなラブリーな空間に変っていました。

全く想像できない展開にメリッサはいろいろな意味で恐怖を感じるのでした…。

「その悪女に気をつけてください」8話のネタバレと感想をしていきます。

その悪女に気をつけてくださいネタバレ8話最新話と感想!キャラ崩壊

突然の乱入者

紅茶をすすめられ、仕方なくカップを手に取りますが、鋭い目つきの父親と紅茶を交互に眺めるメリッサ。

どう見ても何かあると、怪しく感じるメリッサ。

こうやって話すのは10年ぶりだと言われ、公爵は話を始めます。

 

公爵が離している途中でしれっと紅茶を捨てるメリッサ。

話を聞きながら疑問符が出てきます。

毎朝食事の時に挨拶してることを突っ込みますが、その発言をスルーするかのようにキラキラした目で会話を返す公爵。

 

メリッサは、まともな話し合いを期待したことが間違いだったと諦めの気持ちが出てきました。

しかし、本題を切り出そうとするメリッサ。

婚約破棄をしようと思うと切り出した瞬間…。

 

大きな音を立てて突然応接間の扉が全開になります。

扉には、黒いローブを羽織った乱入者の姿が。

その姿を見て、メリッサは弟のジェイクだとすぐに気づきました。

 

ジェイクは部屋を見回すと、趣味の悪さに驚きます。

ノックぐらいしなさいよと、メリッサは投げやりに言いますが、無視するジェイク。

ジェイクはメリッサのことを心底から毛嫌いしていました。

状況の真相

長い青銀の髪にアイスブルーの眼をした美青年。

メリッサから見ると小生意気な弟のジェイク。

 

ジェイクもまた、ヒロインのユーリに好意を抱く登場人物の一人で、ポジェブラト家の次期公爵であり、皇室の「暗殺部門」のスナイパー。

まだ生きていたのかと、ジェイクは冷たい眼差しをメリッサに向け、残念そうにため息をつきます。

 

姉を心底嫌っている設定なのを知っていたメリッサは、ジェイクと言う人物について考え始めました。

若くして名をはせるほどの帝国最高レベルの射撃能力と魔力を持っていながらも、社交界には出ることを好まず、仕方なく参加するときも、黒いローブを纏って、柱の影に突っ立っているだけで、目立つことを避けています。

 

煌びやかなドレスで参加するメリッサとは対照的なジェイク。

そのぐらい顔を見せたがらないジェイクは、常に放浪し、姿を見せることはなく、メリッサが部屋に会いに行ってもほとんど姿はありませんでした。

 

魔力や射撃能力に優れたジェイクとは対照的に、メリッサには魔力も射撃能力もありません。

髪の色や目の色も、同じ姉弟とは思えないほどに違っており、綺麗なブルーの色をしています。

作中では口数が少なく物静かで、クールな美男子と言う設定のジェイク。

 

想いを寄せるユーリを陰ながら静かに見守る姿が魅力のキャラクターだったとメリッサは思い起こすのですが…。

現在メリッサの目の前にいるジェイクは、口数が少ないとは思えないほどに、公爵相手に対してマシンガントークで話しています。

 

部屋の装飾は悪趣味だの、紅茶のセンスが悪いだの、地位のある父上がこんな調子だから家にいるのが苦痛だと、次から次へと小言があふれ出てきました。

こんなにしゃべる奴だったのかと、メリッサは呆気にとれらています。

ジェイクの発言に公爵も何も言い返せずだんまり…。

 

メリッサとは対照的に、溺愛されており、なんでも言うことを聞き入れられていたジェイク。

しかし、メリッサ同様にジェイクも、そんな公爵にうんざりしていたのです。

そして、公爵がどうしてこんなラブリーピンクな部屋に装飾したのか、事態の発端を理解することが出来る発言をジェイクは話し始めるのでした。

設定からは分からない性格

公爵が応接間をピンクにした理由は、ジェイクの差し金だったようです。

部屋を少しでも飾ってやれば、ガキの脳みそをしたメリッサも暴れないだろうと言われたことからの装飾だったようですが、ジェイクの発言に対しての侯爵の解釈は違っていたようです。

 

それと同時に、メリッサの中のジェイクの性格が思っていたのとは違うと確信しました。

姉を軽蔑して父親を嫌う、クールな美少年と言う設定だけはそのままなのですが、目の前にいるジェイクを見て、こいつもただのポンコツだと思うメリッサ。

 

ハンマーで殴られるかのような衝撃を受け、ジェイクはこんなんじゃないと強く思うのでした。

そして、さらに公爵のキャラもメリッサの中で崩壊していくのです。

常に厳格で、何事にも動じないような父親だと思っていたメリッサでしたが、今目の前にいる公爵は、しょげた顔をして息子のマシンガントークを黙って聞いていました。

 

ジェイクがこんなにマシンガンにしゃべるのは、家族の前だけなんだと、前向きに考えるメリッサ。

ギャップ萌えだと無理やり自分に言い聞かせます。

ジェイクに話しかけるメリッサですが、冷たい対応のジェイク。

 

公爵にはマシンガントークで話していましたが、メリッサが話しかけたとたん、会話が止まり、沈黙が流れます。

メリッサとは話したくないほど毛嫌いしているのが分かります。

しかし、メリッサは我慢して笑顔を作り、どうしてここに来たのか用件を尋ねるのでした。

その悪女に気をつけてください8話の感想

ついに弟のジェイクが登場しました。

ラブリーな装飾に、本当は父は娘と仲良くしたかったのかと思ったのですが、ジェイクの発言が原因だったなんてショックでした。

 

それにしても、解釈の違いにもほどがあるだろうと突っ込みを入れたくなりました。

父親もどこかネジが揺るんでいる人なんだなと感じました。

息子のことは全て素直に聞き、娘の話は全く聞かないという公爵でしたが、お互いに違った意味で公爵のことを嫌っていると言う共通点を持っていて面白く感じました。

 

同時に、公爵が少し不憫にも思いましたが…。

クールな美青年設定だった弟ジェイクでしたが、メリッサ目線ではポンコツに見えるのも、ジェイクの魅力の一つなのではないでしょうか。

 

人間、どこか欠落した部分があるものですから…。

皇太子同様、くせ者ですね。

婚約破棄の話を弟によって邪魔されてしまいましたが、公爵に話を切り出すことが出来るのでしょうか。

その悪女に気をつけてくださいネタバレ8話最新話!キャラ崩壊のまとめ

今回は「その悪女に気をつけてください」8話のネタバレと感想をご紹介しました!

何が何でもと婚約破棄の話を切り出そうとするメリッサでしたが、切り出そうとしたところで弟のジェイクが現れて、タイミングを逃してしまいます。

クールな美少年キャラだと思っていたジェイクでしたが、実はよくしゃべり、ポンコツだと確信したのですが、父親の公爵へのイメージもメリッサの中で変わっていくのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!