悪女の定義

悪女の定義ネタバレ47話最新話と感想!考え方が似ている?

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「悪女の定義」47話のネタバレと感想をまとめてみました!

奴隷売買が行われていることを知った芙美と皇太子。

今後の対応について、二人の考えを共有します。

悪女の定義47話のネタバレと感想を紹介します!

⇒「悪女の定義」ネタバレ一覧へ

悪女の定義ネタバレ47話最新話と感想!考え方が似ている?

ラブエルが耳にした噂

休暇中のラブエルが孫の面倒を見ていると、息子夫婦が外出先から帰ってきました。

息子は話があると言ってラブエルを奥へ連れていきます。

 

話とは、市内で耳にした噂のことでした。

地域の貴族の何人かがレジーナと会ったらしく、その貴族たちが全員貴族派だということが噂になっているそうです。

母ラブエルが仕えているレジーナではないことを息子は心配し尋ねますが、シャルティアナは西部地域にいるためありえません。

そうなると貴族派の貴族と会っていたのは、必然的にアイリーンということになります。

 

教えてくれた息子へお礼を言ったラブエルは、何やら不穏な動きに複雑な表情を浮かべます。

今後の対応

その頃芙美と皇太子は一旦ホテルへ戻り、昼食をとっていました。

皇太子は、護衛隊を使い奴隷商のアジトを探すことを指示したと言い、人数が少ないため慎重に接近することになったと説明します。

 

地域の兵士は使わないのかと芙美は聞きますが、皇太子は内部の人が加担している可能性を疑っています。

その考えに同意すると、理由は何かと聞かれ、試されているような気持ちになりました。

 

度々奴隷商が村へ来て自由に動いているのなら、後ろ盾がないとは考えにいです。

干ばつの影響から税を取れていないので、上の人が金儲けを目的に不正を見逃している可能性は低くないと答えます。

また奴隷を購入するのは貴族なので、貴族と関係する人物が怪しいという考えも伝えました。

 

この答えで十分かと聞くと、ロニーへの対応が自分の意図と一致していたため、自分と考えが合うのか気になっただけだと返されます。

どちらを選ぶか

緑化地域へ出発する準備が整い移動する二人ですが、皇太子は芙美が何か考え込んでいることに気が付きます。

 

慎重に接近している間に、ロニーの姉が売られてしまうことを心配しているのかと聞かれ、芙美はその通りだと答えました。

官軍を動かし一気に攻めればロニーの姉を助けられる可能性は高まりますが、裏で悪事を働いている人々を取り逃がしてしまう可能性も上がります。

 

どちらを選択すべきか決めて良いと言われ、芙美は国を統治する者としての圧を感じます。

裏で動く人々を逃がすことは結果的に犠牲者を増やすことにつながると考え、慎重に動くことを選択しました。

 

その決断に皇太子は、自分と考えが良く合うと言い、肩に手を回します。

他の部分も合うのか試したいと囁き、耳元に唇を寄せてきました。

予想外のスキンシップに皇太子を突き飛ばし、そのまま馬車に乗りますが、心の中は嵐が吹き荒れています。

悪女の定義47話感想

奴隷問題をめぐり、芙美と皇太子の考え方が似ていることがわかってきました!

 

二人の会話を読んでいて、合理的に物事を考える点が似ていると感じました。

芙美は似ていることに関して何とも思っていなさそうですが、皇太子がとても喜んでいますね。

過激なスキンシップも取りはじめ、アピールが止まりません!

 

特に最後の行動は、奴隷問題で頭を抱えているときに、何をしてくれるんだ!という気持ちになりました。

聡明な芙美も、さすがに混乱してしまっています!

アイリーンが見たら卒倒してしまうかもしれません。

 

ラブエルの息子が聞いた噂も聞き捨てならないものでしたね。

アイリーンの家は中立派でしたが、貴族派へ傾いているのでしょうか。

その変化がレジーナ争いにどう影響してくるのか、問題は複雑になっていきそうです!

悪女の定義ネタバレ47話最新話と感想!考え方が似ている?まとめ

今回は、「悪女の定義」47話のネタバレと感想を紹介しました!

奴隷問題も大切ですが、午後はいよいよ目的だった緑化事業を見学しに向かいます。

どの程度の成果が出ているのか、展開が気になります!

⇒「悪女の定義」ネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!