全ては勘違いだった

全ては勘違いだったネタバレ第27話最新話と感想!約束を守りたい

「ピッコマ」連載漫画の「全ては勘違いだった」第27話のネタバレと感想をまとめてみました!

何としてもドルーアとの約束を守りたいノクターン。

ノクターンの真意を知る為に、アーロンはある提案をします。

「全ては勘違いだった」第27話のネタバレと感想を紹介します!

⇒全ては勘違いだったネタバレ一覧へ

全ては勘違いだったネタバレ第27話最新話と感想!約束を守りたい

約束を守りたい

ドルーアに向かって、この聖水を飲ませてあげてと言うパトシア。

拒絶するノクターンに、病人が決める事ではないと反論します。

そして、私とドルーアのどちらから飲ませて欲しいのかと微笑みました。

 

もうパトシアを止める事は出来ないと考えたノクターン。

この程度で聖水を使う必要はないからと、持ち帰るように促しました。

素直に聖水を持ち帰るパトシアに、ドルーアは困惑しています。

 

ノクターンはパトシアに黒魔法を使ったのです。

自分に催眠をかけた事を知れば、彼女はすぐにノクターンの命を奪おうとするでしょう。

生き残る為にはパトシアの精神を壊さなければと考えました。

 

しかし、幼い頃のバローズとの約束が脳裏に浮かびます。

どうしてもあの約束を破る事ができないのです。

ノクターンは布団に潜り込むと、ドルーアに帰るよう促しました。

 

今帰してしまえば、彼女はもう二度とここに来てくれないような気がして不安を感じるノクターン。

しかし、彼の考えとは裏腹に、ドルーアはあなたが眠るまでここにいるからと微笑みます。

追い出しても無駄だと笑うドルーアにドキドキしながらも、彼女との約束を思い出していました。

 

あれは命を奪わなければいいというものではない事は分かっています。

命さえ奪わなければ、事情を聞いてくれるのではないかと。

何としてもバローズとの約束を守りたいと涙ぐむのでした。

アーロンの提案

アリスが用意した白水晶は、精神魔法を遮断する効果しかないとの事。

何故ノクターンが触れただけで攻撃したのか。

その理由が分からず困惑します。

 

その時、アーロンがバルコニーに現れました。

そして言いにくそうに破談の話を切り出すと、もう少し後にしようと提案します。

 

破談の話が決まったのは、ノクターンが聖水を飲んだ事件から2週間経った頃でした。

アーロンはもう後ろめたい事をしたくないのだと言います。

彼がアリスと結ばれる事を願っていたドルーアは快く受け入れました。

 

破談になってからも、自分をパートナーにして欲しいと言うアーロン。

その方がノクターンから身を守る為には安全だと。

他人の目を気にするドルーアに、気にする必要はないと言います。

 

ノクターンと親しくなってから、彼に対する悪口を自分の事のように感じていたドルーア。

彼を心配しながらも、いつかその悪意が自分に向くのではと恐れていたのです。

ドルーアは彼の事を大切な友達だと思っていましたが、未だに彼の考えは分かりませんでした。

アーロンの考え

アーロンに呼びかけられ我に返ったドルーアは、破談を延期したい理由を尋ねました。

いつものように「理由は言えない」はダメだと。

それがアーロンの口癖だと聞いたアリスは、ある人物と口癖が同じだと気付きます。

 

先程ノクターンに会ったと言うアーロン。

一つ試してみたい事があるのだと言います。

今は詳しくは言えないけれど、婚約を維持した方が効果がありそうだと。

 

ノクターンを試すなんて危ないと思いながらも、アーロンを止める事はできません。

悩んだ末に、ノクターンが黒魔法使いという事を伝える事に。

 

以前、アリスは自分の命が奪われる予知夢を見ました。

今もあの夢が現実になるのではと恐れています。

何故ノクターンは彼女の命を奪ったのかが分かりません。

 

原作ではアリスに執着していたノクターン。

原作と展開が変わったとはいえ、今の彼はアリスにも権力にも興味がないようです。

逆にドルーアに執着しているように見え、戸惑うのでした。

全ては勘違いだったネタバレ第27話感想

自分の身を守る為に、パトシアに催眠をかけてしまったノクターン。

あの場を切り抜ける為には、催眠をかけるしかなかったですよね。

ドルーアとの約束が逆に足かせになってしまって可哀想です。

 

帰りを促しても傍にいてくれるドルーア。

弱っている時に傍にいてくれたら、益々好きになってしまいますよね!

大切なドルーアとの約束を頑なに守るノクターンが健気です。

 

破談を延期しようと提案するアーロン。

ノクターンに対して試したい事があるのだと。

アーロンが試してみたい事とは一体何でしょうか。

 

彼が生き物の命を奪わないという事を証明したいのか、それともドルーアへの気持ちを試したいのか…?

登場人物たちはノクターンの真意を知らないから仕方ないとはいえ、彼は他の人に危害を加えるような事はないのに。

早くノクターンが危険だという誤解を解けたらいいですね!

 

アリスは何故自分の命が奪われる予知夢を見たのか。

ノクターンが人の命を奪うはずはないし、不思議です。

今は小説とは違いドルーアに夢中だし、小説の内容そのものが変わってきているのでしょうか。

全ては勘違いだったネタバレ第27話最新話と感想!約束を守りたいまとめ

今回は漫画「全ては勘違いだった」27話のネタバレ、感想をご紹介しました。

幼い頃の約束を頑なに守り続けるノクターン。

ドルーアは、小説と違って彼が自分に執着している事に困惑するのでした。

⇒全ては勘違いだったネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!