全ては勘違いだった

全ては勘違いだったネタバレ第39話最新話と感想!ノクターンの計画

「ピッコマ」連載漫画の「全ては勘違いだった」第39話のネタバレと感想をまとめてみました!

ドルーアを無理やり家に連れて来てしまったノクターン。

彼がドルーアを連れて来た理由とは…?

「全ては勘違いだった」第39話のネタバレと感想を紹介します!

⇒全ては勘違いだったネタバレ一覧へ

全ては勘違いだったネタバレ第39話最新話と感想!ノクターンの計画

アーロンとの取引

狩猟大会の後アーロンを呼び出したノクターンは、何故ドルーアを森へ連れて行ったのかと詰め寄ります。

彼がアリスの安全を優先し、ドルーアを命の危険に晒した事をどうしても許せなかったのです。

アーロンはただ謝る事しかできませんでした。

 

話題を変え、破談の件に素直に応じた事に驚いたと言うノクターン。

ドルーアにはいつ説明するのかと言うアーロンに、自虐的に笑います。

パトシアから命を狙われていると言っても、彼女が信じるとは思えないからです。

 

ノクターンがアーロンに協力を求めた理由はただ一つ。

自分の代わりにパトシアの命を奪って欲しかったから。

ドルーアとの約束を頑なに守り続ける彼は、どうしてもパトシアの命を奪う事が出来なかったのです。

新しい発見

エドガー邸に連れて来られてしまったドルーア。

周りの人を巻き込まない為にも、ノクターンに従うしかありませんでした。

唯一驚いたのは、ノクターンがサディの同行を許可した事です。

 

こうしてサディと共にまたエドガー邸に来る事になったドルーア。

ここに来るのはアーロンと婚約して以来です。

久々に来ると、以前は気付かなかった事が見えてきました。

 

この邸宅の使用人たちには皆覇気がなかったのです。

アリスの言う通り、皆ノクターンに洗脳されているのでしょうか。

ノクターンの計画

その時、ノクターンが部屋に入って来ました。

風邪気味のドルーアの為に、暖かい食事を持って来たと言います。

一体どういうつもりかと詰め寄るドルーア。

 

ノクターンは、アーロンと破談後に自分と婚約した事を淡々と説明します。

私の意思は関係ないのかと俯く彼女に、バローズ家もクレイモア家も既に同意していると。

いつかは破談するつもりだったのだから驚く事もないだろうと言います。

 

しかしドルーアは目の前の現実を受け入れる事ができずにいました。

両親やアロイが破談前にノクターンとの縁談を受け入れるとは思えなかったのです。

自分の家族が圧力に負けるような事はないと信じていたドルーア。

 

ノクターンから洗脳されたのではと疑っていました。

しかも、婚約確定と同時に家に連れて来られた事にも不満が募ります。

 

通常は2年間の婚約期間を経て結婚するという伝統がありました。

しかしノクターンはそんな伝統を守るつもりはないと。

自分たちは数か月以内に結婚すると言い放つのでした。

全ては勘違いだったネタバレ第39話感想

アーロンがアリスの安全を優先し、ドルーアを危険に晒した事を責めるノクターン。

故意ではなかったとはいえ、大切なドルーアを蔑ろにした事が許せなかったのでしょうね。

痛いところをつかれたアーロンは、破談に素直に応じるしかありませんでした。

 

彼に協力を求めたのは、もしもの時にパトシアの命を奪ってもらう為だと言います。

そこまでして幼い頃の約束を守り続けるノクターンが健気に思えてきました。

 

パトシアがドルーアの命を狙っていると察したノクターンは、彼女を無理やり家に連れてくる事に。

本当の理由を説明してもドルーアが信じるとは思えませんが、訳も分からないまま連れて来られても不信感が募るだけでは…。

ドルーアの家族は、娘の幸せを一番に考える素敵な人たちでした。

 

そんな彼らがノクターンとの婚約に同意した理由とは…。

やはりノクターンは魔法で洗脳してしまったのでしょうか?

しかも、数か月以内にドルーアと結婚するとか言うし、彼の考えがよく分かりませんね!

全ては勘違いだったネタバレ第39話最新話と感想!ノクターンの計画まとめ

今回は漫画「全ては勘違いだった」39話のネタバレ、感想をご紹介しました。

自分の代わりにパトシアの命を奪ってもらう為、アーロンに協力を求めたノクターン。

無理矢理エドガー邸に連れて来られたドルーアは、ノクターンに対し不信感を募らせるのでした。

⇒全ては勘違いだったネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!