全ては勘違いだった

全ては勘違いだったネタバレ第43話最新話と感想!ゼルベラの過去

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「全ては勘違いだった」第43話のネタバレと感想をまとめてみました!

メイドからドルーアとノクターンが婚約した事を聞いたアリス。

ゼルベラと遭遇したドルーアは、驚きの事実を知ります!

「全ては勘違いだった」第43話のネタバレと感想を紹介します!

⇒全ては勘違いだったネタバレ一覧へ

全ては勘違いだったネタバレ第43話最新話と感想!ゼルベラの過去

クレイモア家へ向かうアリス

ドルーアとノクターンが婚約し、既にエドガー家に入っている事を知ったアリスは、すぐさまクレイモア家へ向かいます。

アーロンに会って確認したところ、婚約破棄したのは事実でした。

しかし、彼は狩猟大会以来ドルーアに会っておらず、その後どうなったのかも知らないとの事。

 

ドルーアに関心がない様子のアーロンに怒りを覚えるアリス。

彼からエドを感じた事を申し訳なく思います。

これ以上彼と話しても無駄だと思ったアリスは一人エドガー家へ向かおうとしましたが、アーロンに止められてしまいました。

 

ドルーアに関心がないくせにと怒りをぶつけるアリス。

アーロンは少し考えると、一緒にバローズ家へ行こうと提案。

 

エドガー家よりもバローズ家へ行った方がドルーアの状況が分かると言うのです。

アリスは頷くと、洗脳されたのかわざとなのか確認する為にも、彼の提案に乗る事にしました。

ゼルベラの過去

その頃、体調の良くなったドルーアは久しぶりに部屋の外へ。

廊下でゼルベラに出くわした彼女は、自由に出歩いている彼に驚きます。

ドルーアを引き留めると、どうしてここにいるのかと尋ねるゼルベラ。

 

ドルーアが無理矢理婚約させられてここに連れて来られた事を知った彼は怒りを覚えます。

そして自分がここに来た理由を話しだしました。

 

ある日、黒魔法使いに家族の命を奪われたという人から匿名の通報があった事。

その黒魔法使いはノクターンで、彼が譲位の儀式で事件を起こそうとしている事が書いてあったと言います。

黒魔法使いに家族の命を奪われた過去を持つゼルベラは、他の神官たちの意見を無視し狩猟大会へ駆けつけたのです。

 

事件の犯人がノクターンがだと確信し、確認の為に彼に神聖魔法をかけたゼルベラ。

しかしノクターンは何の反応も見せず、罰としてここに連れて来られたのだと言います。

実際にエドガー家に来たゼルベラは、使用人たちの様子を見てノクターンが黒魔法使いだと確信。

 

ドルーアにも洗脳されないように気を付けてと耳打ちします。

彼女が洗脳されないよう、ゼルベラが祝福をしようとしたその時。

廊下から足音が聞こえたのです。

祝福を受けるドルーア

壁の陰に隠れ、ドルーアと密着したゼルベラの顔は真っ赤に。

人がいなくなった事を確認したゼルベラは、改めて祝福を始めます。

 

まるで日差しが染みわたるかのような暖かい感覚に包まれるドルーア。

彼女に祝福を施していたゼルベラは、ある異変に気付きました。

全ては勘違いだったネタバレ第43話感想

ドルーアがノクターンと婚約した事を知ったアリスは、事情を聞く為アーロンの元へ。

アーロンが冷たい人だと思い怒りを感じますが、事情を知っている彼は話せないんですよね…。

今のところ、ノクターンがこんな事をする理由を知っているのはアーロンだけです。

 

アーロンは本当は優しく暖かい人なのに、こんな事で二人がまたすれ違う事がないといいのですが…。

バローズ家の様子がどうなっているのかも気になります!

 

ゼルベラと遭遇したドルーアは、お互いがエドガー家に来た経緯を話す事に。

彼の家族が黒魔法使いに命を奪われたとは驚きました!

そんな彼が一年間も黒魔法使いの家に監禁される羽目になるとは苦痛でしょうね。

 

ゼルベラは一見ドルーアに親切ですが、下心があるように感じてしまいます。

ドルーアと密着すると真っ赤になっていたし、彼女の事が気になるんでしょうね!

 

ノクターンとドルーアを奪い合う展開があると面白いなと思います!

祝福を受けたドルーアに起こった変化とは…?

全ては勘違いだったネタバレ第43話最新話と感想!ゼルベラの過去まとめ

今回は漫画「全ては勘違いだった」43話のネタバレ、感想をご紹介しました。

ドルーアがノクターンと婚約した事を知ったアリスは、アーロンと共にバローズ家へ向かう事に。

一方ゼルベラと遭遇したドルーアは、洗脳を予防する為祝福を受けるのでした。

⇒全ては勘違いだったネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!