全ては勘違いだったネタバレ第50話最新話と感想!本当の気持ち

全ては勘違いだった

「ピッコマ」連載漫画の「全ては勘違いだった」第50話のネタバレと感想をまとめてみました!

アリスと別れ、孤独が押し寄せるドルーア。

すれ違いが続くドルーアとノクターンの誤解は解けるのでしょうか…?

「全ては勘違いだった」第50話のネタバレと感想を紹介します!

⇒全ては勘違いだったネタバレ一覧へ

全ては勘違いだったネタバレ第50話最新話と感想!本当の気持ち

アリスへの疑惑

アリスに会った事で家族が恋しくなったドルーアは、ちょうどやってきたノクターンにこれからも友人に会っていいかと尋ねます。

ノクターンは快諾しましたが、人を監禁しておきながら酷い態度です。

我慢できずに怒りをぶつけるドルーア。

 

そんなに自分のものにしたいのなら、いっそ洗脳してくれと声を荒げます。

しかしノクターンは彼女を洗脳するつもりなどなく、ドルーアが屋敷から逃げてしまう事を恐れているだけなのです。

アーロンに会いたいと言うドルーアに、渋々許可を出すノクターン。

 

まだ不満そうな彼女に、アリスがバローズ家に行った事を伝えます。

初めて聞く情報に驚くドルーア。

 

先程アリスはバローズ家に行った事など一言も言いませんでした。

もし家族が皆洗脳されているのなら、先日のアロイの手紙と辻褄が合わず困惑するドルーア。

あの日の約束

すっかり監禁生活にも慣れたドルーアは、夕食を摂りながら談笑していました。

昔の事を思い出しながら、ノクターンと婚約する事になるなんて信じられないと呟くドルーア。

もし当時のノクターンが知れば、絶望して命を奪われていたかもしれないと言います。

 

しかし、ノクターンは約束があるから人の命を奪う事などないと一言。

何の事か分からない様子のドルーアに、すっかり呆れてしまいます。

彼は今まで生き物の命を奪わないというドルーアとの約束を忠実に守り続けていました。

 

何故そこまでして自分との約束を守るのかと尋ねるドルーア。

ノクターンはたとえ彼女が覚えていなくても、自分にとっては大事な約束だったと言います。

しかしこれまで散々試されてきたドルーアは彼の言う事が信じられません。

 

ドルーアにかけた魔法は、邸宅に遊びに来るよう促すものだけ。

ノクターンによると、他の人の心は手に取るように読めるのに、ドルーアの心だけは読めないと言うのです。

だからドルーアを試したのは、その理由を探るためだと言います。

 

彼の話を聞いて、ゼルベラから言われた事を思い出すドルーア。

ノクターンが自分の心だけが読めないのは、体質的に魔法に対する抵抗力が強いからではないかと考えます。

ノクターンは本当にドルーアの体質について知らないようで、もしかしたら自分は催眠をかけられていないのではと困惑するのでした。

本当の気持ち

その後、庭園に散歩に出た二人。

ドルーアはずっと気になっていた事を尋ねました。

それは、エドガー家に遊びに来るよう魔法をかけただけなのに、何故名字で呼ぶ事にこだわっていたのかという事です。

 

ドルーアの問いかけに、本当に分からないのかと問いかけるノクターン。

これまで彼女の事をただの友達だと思った事はなく、邸宅に来させるよう魔法をかけたのも、足にキスしたのも、理由は一つだと訴えます。

 

彼の真っ直ぐな目に見つめられながら、自分の気持ちに気付いたドルーア。

彼女にとってもノクターンはただの友達ではありません。

それでも傷付くのを恐れて、これまで自分の気持ちに蓋をしてきたのです。

ノクターンの訴え

煮え切らない態度のドルーアに、これ以上何を求めるのかと声を荒げるノクターン。

ドルーアの前に土下座すると、これまでの非を謝ります。

そして催眠が解けるのが怖くてバローズと呼ぶ事にこだわっていた事、そうまでして邸宅に来て欲しかった事を伝えました。

 

ドルーアに立ってと言われても、気持ちを伝え続けるノクターン。

呆れたドルーアは彼の前から立ち去ろうとしましたが、後ろから抱きしめられ阻止されてしまいます。

そして彼はドルーアを抱きしめながら、泣きそうな声で傍にいてくれと懇願してきたのです。

 

彼の気持ちを受け取ったドルーアは、今からでも関係の修復は出来るかもしれないと。

自分にとってもノクターンが特別だった事を伝えます。

だから関係が修復するのを望み距離を置くのか、それともこの悪化した関係のまま結婚するのか選択してくれと訴えました。

 

悩んだノクターンは、3か月間だけエドガー家にいてくれたら婚約破棄すると約束。

彼の態度から、ノクターンが自分を監禁したのには何か別の理由があるのではと察するのでした。

全ては勘違いだったネタバレ第50話感想

アリスと別れた事で、家族が恋しくなってしまったドルーア。

彼女がバローズ家に行った事を聞いていなかったドルーアは動揺します。

 

アリスは何故バローズ家に行った事を伝えなかったのでしょうか?

家族が催眠にかけられていなかった事を伝えれば、少しはドルーアの誤解が解けそうなのに…アリスの行動が理解できませんね!

 

そしてドルーアとの約束を忠実に守り続けるノクターン。

約束を持ち掛けた張本人が覚えていないとは驚きました!

 

どんなに辛い目に遭っても、ドルーアの約束があったから我慢してきたのに…。

ドルーアの態度もきついですし、ノクターンが益々不憫に思えました。

 

どれだけドルーアが大切かを訴えるノクターン。

これだけ特別だという事を伝えても、まだドルーアは足りないようです。

一度疑ってしまったら、信用できるまでには長い時間がかかるという事ですかね…。

 

3か月だけエドガー家にいてくれたら婚約を破棄すると言うノクターン。

この期間でパトシアとの因縁に決着を付けるつもりでしょうか?

どちらにしてもドルーアが何かに気付き始めたので、誤解が解ける事に期待です!

全ては勘違いだったネタバレ第50話最新話と感想!本当の気持ちまとめ

今回は漫画「全ては勘違いだった」50話のネタバレ、感想をご紹介しました。

アリスがバローズ家に行った事を聞き、動揺するドルーア。

ノクターンの事がどうしても信じられない彼女は、関係が修復するまで距離を置くか、このまま婚約を続けるかの選択を迫るのでした。

⇒全ては勘違いだったネタバレ一覧へ

error: Content is protected !!