全ては勘違いだったネタバレ58話最新話と感想!変化する関係

全ては勘違いだった

「ピッコマ」連載漫画の「全ては勘違いだった」58話のネタバレと感想をまとめてみました!

ようやく素直になったドルーアとノクターン。

同じタイミングでアリスとアーロンも会っていました!

全ては勘違いだった58話のネタバレと感想を紹介します!

⇒全ては勘違いだったネタバレ一覧と結末予想ページへ 

全ては勘違いだったネタバレ58話最新話と感想!変化する関係

予知夢

同じ時間でアリスは、気分転換に皇宮に連れてこられていました。

それでも予知夢が忘れられず気になっていると、ちょうどアーロンから声をかけられます。

 

不機嫌そうに応じると、まだ怒っているのかと気まずそうな笑みを浮かべました。

忠告を無視してドルーアに会いに行ったのかと言われ、予知夢が現実になったのかと呆然とします。

ハプニング

アーロンはアリスの表情を見て、先日の行動を改めて謝り出し、頭を下げてきました。

驚いて後ずさったとき階段につまずき、咄嗟にアーロンに抱きかかえられます。

恥ずかしさに顔をそむけながら、自分の顔が赤くなっている事にも動揺していました。

 

アーロンは入団試験を受けに皇宮に来ていたようです。

詳しく聞こうとしますが、予知夢にとらわれていることに気が付き、話を切り上げて急いでその場を離れました。

薬の効果

ノクターンは自分の感情で暴れていた黒いマナが、衝動的な慰めで鎮まったことが意外でした。

地下牢獄に閉じ込めたゼルベラの元に向かうと、顔を合わせた途端何を企んでいるのかと怒り出します。

ドルーアが飲んだ薬の効果を消したいことを伝えると、何を飲ませたのかとさらに怒り出しました。

 

ゼルベラの怒りを利用した方が、ドルーアの治療には効果的です。

イムペルペクチオという禁止された薬を飲ませたと言い、早く答えるようにと急かします。

 

神殿の寄付金を経つだけでは終わらないと脅すと、魔力を使って攻撃しようとしてきますが、ノクターンには敵いません。

神殿の安全をかけても応じないならと、ダーズ・アクトラムの行方を知りたくはないかと持ち掛けました。

全ては勘違いだった58話感想

ドルーアとノクターンの距離が縮まった日、アリスとアーロンの距離もハプニングで少し縮まっていましたね!

躓いたところを助けられて顔を赤くするなんて、少女漫画の王道のような展開です!

アリスの態度はまだまだ硬いですが、気持ちは変化しているように感じました。

 

ノクターンはドルーアに飲ませた薬の効果をなくすことにしたようですね!

体調不良を癒してもらい、想いに答えてくれたことが、ノクターンにとって大きなことだったのでしょう。

少々強引に将来を約束させられてしまったドルーアが、一夜経ってどう思っているのか気になります!

 

またゼルベラはノクターンと同じくらいドルーアを想っているようですね!

憎い相手に地下に閉じ込められれば怒るのは当然ですが、敵わないのに魔力を使うのは冷静ではありません。

ダーズ・アクトラムの行方がどの程度の切り札なのかわかりませんが、ドルーアのために早く効果を消してほしいです!

 全ては勘違いだったネタバレ58話最新話と感想!変化する関係まとめ

今回は、「全ては勘違いだった」58話のネタバレと感想を紹介しました!

ダーズ・アクトラムの行方を教えると交渉するノクターン。

ゼルベラはそれに応じるのか、今後の展開が気になります!

⇒全ては勘違いだったネタバレ一覧と結末予想ページへ 

error: Content is protected !!