ウサギと黒ヒョウ様の共生関係ネタバレ134話最新話と感想!アッシュとバラの子供たち

ウサギとクロヒョウ様の共生関係

「ピッコマ」連載漫画の「ウサギと黒ヒョウ様の共生関係」134話のネタバレと感想をまとめてみました!

アッシュを探すビビは、ある部屋にたどり着きます。

そこにいた2匹の黒ヒョウとは…?

それでは「ウサギと黒ヒョウ様の共生関係」134話のネタバレと感想を紹介します!

⇒ウサギと黒ヒョウ様の共生関係ネタバレ一覧と結末予想ページへ

ウサギと黒ヒョウ様の共生関係ネタバレ134話最新話と感想!アッシュとバラの子供たち

2匹の黒ヒョウ

クイーン連れて行かれたのはとある部屋。

アッシュを探していると、子供の黒ヒョウが2匹姿を現しました。

ビビと黒ヒョウの子供たちがじゃれていると、バラがやってきます。

 

バラの子供だと気付き、アッシュとの恋が実ったのだと察しました。

するとバラは、ビビをアッシュのもとに連れて行こうと先導します。

待つアッシュ

屋敷内ではバラと、子どものシューとビオンが走り回っていました。

使用人たちが驚く横を、全速力で駆け抜けるビビ。

 

ビビが辿り着いたのは、グレース家の屋敷の門でした。

アッシュは門の前でビビの帰りを待っていたのです。

涙の再会

ビビはアッシュの前に飛び出て、驚かせます。

口を開けて驚く様子のアッシュに対して、涙をポロポロ流すビビ。

アッシュとビビは抱き合い、再会を喜びました。

 

その頃、アヒンのもとへ1つの報告が。

長老会から使いがきたというのです。

ウサギと黒ヒョウ様の共生関係ネタバレ134感想

アッシュはバラとの子供を出産していたことがわかりましたね。

2匹とも人懐こくて、可愛かったです。

ビビとも早速打ち解けているのは、アッシュの遺伝でしょうか。

 

ビビとアッシュの再会は胸にグッときましたね。

アッシュはビビがいなくなってから、門の前で彼女を待っていました。

いつか必ず帰って来ると、信じていたのでしょう。

 

そんなアッシュの気持ちを知って、涙するビビ。

メイミとの再会も感動しましたが、アッシュとの再会も泣けます。

互いを大事にしているのがよくわかりますね。

 

そしてアヒンのもとに、長老会の使いが来ました。

従者が緊迫した様子だったので、あまり良い知らせではないのかもしれません。

ウサギと黒ヒョウ様の共生関係ネタバレの134話最新話と感想!アッシュとバラの子供たちまとめ

今回は「ウサギと黒ヒョウ様の共生関係」134話のネタバレと感想を紹介しました!

アッシュとバラの子供たち、人懐こくて可愛かったですね。

ビビとアッシュはこれからも良い友人関係でいることでしょう。

⇒ウサギと黒ヒョウ様の共生関係ネタバレ一覧と結末予想ページへ

error: Content is protected !!